最後の晩餐にはまだ早い


六本木「ル・スプートニク」(2017年7月)

 東京は店の数が多過ぎて「また来よう」と思いながら、何時の間にか一年以上過ぎていたと云う事もありがちだ、今は時間があるので「忙しくて行けない」と云う事はないが、肝心の活動費が不足している(笑)。それでもランチタイムを中心に細々と動いているので、「あいつ来ないな」と思っている店の人も、もう少しお待ちください(笑)。
 そうした訳で今回は六本木の「ル・スプートニク」、此処も去年9月以来になってしまった。2015年7月に開業したので今月2周年を迎える、次の記事にする店も同じだが、店が安定するにはやはり2年位かかると思う、新規オープン直後は話題にはなるが、過去の経験でも料理やサービスに疑問を感じる事がありがちだ。一店だけ開店直後に行って「此処は凄い」と感心した店があるが、この話は本題から外れるので今回は触れないでおく。

     170724-0.jpg
 梅雨明け前ながら真夏を思わせる日差しの中を12時過ぎに店に到着、去年まで無かった「庇」がエントランスに出来ていた(笑)。 ドアを開けると田村支配人ともう一人のサービス担当女性が迎えてくれる、都内のこのクラスのフランス料理店で女性二人だけのサービス体制は珍しいが、他店とは違う柔らかさも感じた、日本では高級旅館や料亭で女性がサービスに就いてきた伝統があるので不自然さはなく、かえって店の個性になっていいのではないかと思う。
 奥の丸テーブルに座らせてもらう、壁の絵が前回と変わっている、テーブルクロス省略は開店以来変わらず、これは個人的に賛成したい。
 友人とシャンパーニュで乾杯し、始まった夏のデジュネ、まずは料理から、

     170724-1.jpg
・溶岩石の上に一週間熟成の甘鯛、チェンマイレッド(香草)、青林檎

        170724-2.jpg
・ピュアホワイト、雲丹を包んだアオサ海苔

        170724-3.jpg
・花ズッキーニ、毛蟹のファルシ、パプリカのムース

     170724-4.jpg
・鮎のソテー、肝とキュウリとメロンのソース、ミニクレソン

     170724-5.jpg
・新玉ねぎとアカイカ(食べている途中の画像、実際はもっと綺麗です)

        170724-6.jpg
・日向夏のスフレ、フォワグラ、シェーブル、液体窒素フロマージュ・ブラン

        170724-7.jpg
・岩手産真牡蠣のムニエルとハーブ、ラヴィゴット

     170724-8.jpg
・マナガツオのポワレ、モンサンミッシェル産ムールとジロール、サフランカレーソース

     170724-9.jpg
・紀州鴨のロティ、自家製セミドライピオーネとロックフォール、35年物ローズマリー

        170724-10.jpg
・黒い森(ル・スプートニク風フォレ・ノワール)

     170724-11.jpg
・ミニャルディーズ(焙じ茶のブランマンジェ、抹茶と和三盆のシューアラクレーム)
・エスプレッソ

 香草とリンゴを挟んだ旨味を凝縮した甘鯛で目が覚める(笑)、次は牡蠣の天ぷら?と間違えそうな、磯の香りが伝わるフリット。ズッキーニ花のファルシは南仏料理がオリジンだと思ったが、皿上にそそり立つ姿は高橋料理(笑)、味の組み合わせもいい。
 鮎料理は攻めて来た印象、香りが似ているキュウリとメロンとの相性は外れていない。新玉ねぎで一息つけて、次の日向夏&フォアグラはこの日一番印象に残った料理、パティシェ経験ある高橋氏ならではのデセールみたいな一皿だが、発想と味のバランスが見事だ。
 次の牡蠣ムニエルは香草の使い方が大胆、マナガツオは秋山徳蔵氏がよく使った魚と聞くが、上質で繊細な肉質を生かす調理と、淡いカレー風味のソースがいい、高橋氏は割としっかり魚に火を通す料理人だと思う。
 肉料理は紀州鴨、血抜きしない「エトフェ」と聞く、国内でも京都や大阪、北海道等で良質な鴨飼育が行われているが、特に今は欧州からの輸入が途絶えているので、需要はこれから増えると思う。この和歌山の鴨も旨味の強い肉質、低温長時間調理ではなく炭を使った火入れみたいだが、食べ応えも余韻もある、舌の記憶に残る料理だった。
 デセールの「黒い森」は、ドイツのシュヴァルツヴァルトをイメージした、チョコレートとサクランボの菓子が原型、そのル・スプートニク的解釈になっている、木立のイメージは少しやり過ぎの感もあるが(笑)、上質なショコラを土台に、液体窒素を使って温度差を強調、デセールには定評ある高橋氏なので味は抜群だった。
 ランチで品数が少なかったのもあるが、料理間の繋がりが良く、全体に何を食べさせたいのかが明確で、物語性を感じる事が出来た。

        170724-12.jpg
 高橋料理長は見かけジャニーズ系の優男だが、根は九州男児、熱い職人気質があると感じている、前回訪問時の最後に「(私は)未熟者です」と云ったのが忘れられないが、今回は「もっと精進します」との言葉があった、彼の世代からこうした文句が聞けるのが意外だが、本当に料理が好きで毎日厨房に立つ事に喜びを感じる人なのだと思う、私は彼の年齢時には、これ程真剣に仕事に取り組んでいなかったと、今頃反省してしまう(笑)。
 平日の昼だが6卓中の半分が外国人客と思われる英語使用席、田村支配人とサービス担当女性が流暢な英語で対応していたが、増加するインバウンド客に対して、これからレストランでも英語が必須になると思う。
 暑かった一日だが、満ち足りた午後になった、高橋料理長、田村支配人お気遣いありがとうございました(笑)。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

四谷三丁目「香港麺新記 四谷三丁目店」

 施餓鬼会(せがきえ)とは、仏教において餓鬼道で苦しむ衆生に食事を施して供養する会を指すが、現在ではお盆の時期に菩提寺に檀家が集まり先祖を供養すると共に、寺の会計報告などが行われる、一種の株主総会的なものになっている。
 この日、四谷にある菩提寺で法要があったので、去年に続いて参加した、会の趣旨から昼食も出るのだが、「所要があるので」と中座させてもらった、他の参加者に悪く不信心この上ないが、何処か近くでランチ処を見つける楽しみに勝てなかったからだ(笑)。
 行く前にある程度調べていたのだが、四谷界隈は日曜休みが多い、隣駅の新宿御苑前なら有名中華やカジュアル系フレンチがあり、行ってみようかなと思ったが、この日は暑くて移動が面倒(笑)。そこでスマホを使って検索し「面白そう」と思った店へ行ってみる事にした。

 店の名前は「香港麺新記 四谷三丁目店」、世田谷に本店がある香港発祥の麺料理が中心の中国料理店だ。店のWEBに歴史が書いてあるが、それによると1953年に香港で開業した屋台の店が起源で、その味に出会った香港在住の日本人が「この味を日本で再現したい」と、1994年に看板を借り三宿に一号店をオープン、以降虎ノ門、四谷三丁目と支店を増やしている、四谷三丁目店は2011年の開業。菩提寺があるので駅は何回も利用しているが、この店は知らなかった、四谷は意外に中華系の店が多い。
 今では駅周辺は商業地として発展しているが、父親の話では、戦後間もない頃は寺と竹藪しかなかったとの事だ、若い人達は信じないと思うが六本木・飯倉辺りも似た様な感じだったと聞く(笑)。

     170720-1.jpg
 店の場所は四谷三丁目駅至近、交差点近くの集合ビルの2階で、同じビル内には牛丼チェーンやカラオケ店等多彩、最近あまり見る機会がなくなったネオンサインによる店名表示がある。

        170720-2.jpg
 2階へ上る階段途中には「三宿 香港麺 新記」と赤字で大きく書かれている、中国では赤(朱)は厄除けや幸運を呼ぶ色だ。

     170720-3.jpg
 店内は意外に広い、窓に面してカウンター席、奥がテーブル席で40席位ありそう、一人なのでカウンターに案内された、日曜日なので家族連れが多い。

        170720-4.jpg
 メニューを見るがメインはWEB情報どおり麺料理と点心、お得なセットメニューもある、面白いのは麺類が「日本麺」か「香港麺」を選ぶ事で、香港麺の方が100円位高い。
 少し悩んだがメイン商品らしき「ワンタンつみれ麺」と「牛バラ飯(小)」のセットを香港麺でお願いした(税込1,000円)、店員は皆中国系の人みたいだ。

     170720-5.jpg
 割と早めの待ち時間で出てきたセット、麺が細いので早く茹で上がる、これが屋台時代からの伝統か。
 まずは麺の方からスープを一口、あっさりした塩味、ベースは丸鶏か?海老の味が微かにする、豚の味は殆ど感じない、無化調なのかは不明だが、使っていても僅かだろう、淡さの中に深さも感じる奥行のあるスープ、これ私好みだ(笑)。

        170720-6.jpg
 つみれはおそらく海老と豚背脂か?嫌味のない味で幾らでもいけそう、画像下には「はんぺん」みたいな練り物、見え難いがその横にワンタン、どれも丁寧に作ってある。全体的に味のトーンが統一していて、どの具材も突出していない。香港麺は細くて独特な食感、日本なら博多ラーメンの麺に近いが、もっと加水率が低そう、これがあっさりした塩味スープに合う。

        170720-7.jpg
 牛バラ飯は、日本米だと思うが硬めに炊いたご飯の上に煮込んだ牛バラ肉、八角の香りがするがしつこくはない、

        170720-8.jpg
 これだけだと一味足りない気がするので、卓上の自家製ラー油を少量加えかき混ぜて食べる。ご飯が硬めなので水分が欲しくなるが、麺スープと交互に食べると丁度いい、相性をよく考えている。
 予想以上に美味しかった、日本の豚骨ラーメンは毎日食べられないが、このスープと麺なら毎日食べても飽きないのではと思った、あとで友人から「近くで働いていた時には、ランチローテーションに入れていた店」と聞き、さすがだと思った、日常に食べたい麺と飯だ。

     170720-9.jpg
 甘味も欲しくなって追加で頼んだ杏仁豆腐(210円)、これはごく普通でした(笑)。

        170720-10.jpg
 支払い時にレジ前にあった自家製ラー油(小)(620円)も買ってしまう、お金の無い時はこれをご飯にかけて食べる事にしたい(笑)。
 此処はまた来たい店だ、駅から至近だし一人でも入りやすい、新宿駅辺りで昼食場所探すより気が利いているかも知れない、年中無休なのもいい。
 暑い一日だったが、この店のおかげで少し嬉しくなった(笑)。

  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:3

北千住「ブラッスリー ロノマトペ」(2017年6月)

 この日、自分の用ではないが竹ノ塚の病院まで出かけ、早めに終わってしまったので、何処かでランチを食べようと思った、同行者が居たので竹ノ塚に多いラーメン店と云う訳にもいかず、とりあえず飲食店の多い北千住まで行ってみる事にした。
 バスで北千住駅に着いたら、丁度都知事が都議選候補者の応援演説に来ている処だった、結果は皆が知っているとおりだが、何より「勢い」の違いと云うか、盛り上げ方が巧いなと思った、武田信玄は「人は城、人は石垣、人は堀、情けは見方、あだは敵」と云ったとされるが、結局はマンパワーとインテリジェンスの違いで決まった気がする。
 さて、ランチは何処にしようと思ったが、まだ時間が早いので「コメダ珈琲店」のモーニングサービスを取りながら作戦?を練る。こうした時にスマホは便利だ、この日定休日ではなく、そう歩かないで済む店から和洋中を選んで、同行者に希望を訊いたら「洋」だったので、「ブラッセリー・ロノマトペ」へ行ってみる事にした。

        170716-1.jpg
 店前に着くと開店時間の11時半少し前ながら客が待っていた、ランチは予約を取らないので早く行くに限る(笑)。

     170716-2.jpg
 奥のベンチシートに案内される、店内の床がタイル張りなのが日本では珍しい、壁には以前と変わらず、フランスの古い映画ポスターや写真が飾られている、雰囲気は1950~60年代のフランスだ。

        170716-3.jpg
 ランチメニュー(サラダ・コーヒー付)は3種類、「本日の魚料理」(税込1,450円)は何だったか忘れたが、肉は「仔羊のクスクス」(1,450円)か「豚肉のロースト」(1,430円)、私はクスクス好きなので、迷わず前者を注文した、そう云えばこの店へ初めて来た時もクスクスだった。デザートは「イチジクのタルト」(370円)が提供可能との事で、それもお願いした。

     170716-4.jpg
 まずはグリーンサラダ、サニーレタスとトレビスを千切ってヴィネグレットを和えたシンプルなものだが、油や酢の質と使い方がいいので美味しい。

     170716-5.jpg
 専用のパン袋に入ったパン、たぶん冷凍種のものだと思う、隣席の相当年季入ったおばさま達は「ご飯はないの?」と聞き、サービスのお兄さん困らせていたが、下町北千住でもそれは無いでしょう(笑)。

     170716-6.jpg
 やって来た「クスクス」、初回のクスクスに比べると少し変化あり、その時は入ってなかったメルゲーズ(羊肉のソーセージ)が加わり、全体の味もよりスパイシーになったと思った、総菜料理からレストラン料理になった印象、個人的には今回のスタイルの方が好み。発祥の北アフリカから遠く離れた東京北千住でも、こうしたまともなクスクスが食べられる時代になったのだと、年寄りはつい感慨深くなってしまう(笑)。

        170716-7.jpg
 おでんに辛子、ラーメンに胡椒、クスクスにはアリッサ、石原さとみさんがこれにハマっているとのWEB情報あり(笑)。

        170716-8.jpg
 同行者が頼んだローストポーク、付け合せのグラタンドフィノアも含め、これも美味しそうだった。

     170716-9.jpg
 追加のデザートはイチジクタルト、「タルトは大きいサイズで焼くに限る」は私の持論だが、これも火の入り具合がジャスト、添えたバニラアイスとアングレーズソースもいい。

        170716-10.jpg
 たっぷり入ったコーヒーは、濃い目で苦味が勝った私好みのもの(笑)。

 去年8月の初訪問時より100円位値上がったが、それでもこの支払い額で満足感あるフレンチランチは貴重だ、割とゆっくり出来るし店内の雰囲気もいい。私の知る限りでは本郷「ビストロ・アバ」のランチが最強のキャリテ・プリだったが、残念ながら4月末で閉店してしまったので、代替として十分使える店だと思う。
 隣席には前述のシニア女子3人組、その隣には小さな子供を連れた一家、奥には料理人みたいな男性一人客、入口近くには一人フレンチの女子が2卓、皆それぞれにランチを楽しんでいる、十年前の北千住では夢にも思わなかった光景だ(笑)。

 街は変わって行くものだ、人が集まる街には新しいムーブメントが生まれる、昔は何処か澱んだ雰囲気だった北千住駅西口界隈だが、東京電機大学や芸大(一部)が移転して来て以降、刻々と変化している、今後もフレンチやイタリアンの開業がありそうだ、楽しみでもある(笑)。 


  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

懐かしのプリン・ア・ラ・モードを求めて

 きっかけは4月末に表参道の「グラッシェル」でプリンパフェを食べた事。1,620円(税込)の値段も納得の、本物のバニラを贅沢に使ったプリン、吟味したフルーツ、上質な生クリームが合わさり、また食べたいと思う逸品だった。

        170712-1.jpg
 聞く処によると、これはシェフパティシェールが子供時代の想い出の味を表現したく作ったものらしい、何処か懐かしい深層心理に訴える美味しさがあった。
 ところで私自身で考えてみると、子供時代にプリンパフェを食べた記憶がない、「パフェ」を名乗った物は、デパートの大食堂でメニューにあったが、記憶にあるのは「チョコレートパフェ」、果物入りは「フルーツパフェ」だったと思う。いずれにしても裕福でなかった我家では、滅多に食べられるものではなかったが(笑)。
 プリンを使ったものは「プリン・ア・ラ・モード」と云う名前で、容器もパフェに使うクープ型ではなく、舟やボートみたいな横に長いガラスまたは金属製の足が付いた器だった、そこで「さて、この違いは何だろう?」と疑問がわいた。
 ここから今回の記事が始まった(笑)。そもそもプリン・ア・ラ・モードとは何かだが、ウィキペディアによると、「プリン・ア・ラ・モード (pudding à la mode) は、カスタードプディングを中心に、様々な甘味を飾った盛り合わせデザートである」と定義されている。横浜にある「ホテルニューグランド」が考案し、戦後GHQに接収された同ホテルが、米軍将校の夫人達に提供したのが始まりとあった。 考えてみれば‘pudding’は英語、‘à la mode’は仏語なので変な造語だ(笑)、そのためなのか、プリン・ア・ラ・モードと呼ぶのは、主に東京中心の東日本で、関西では同様の物は「プリン・ローヤル」または「プリンパフェ」と呼ぶ事が多いと、これもWEB上の記事で見た。

 そのプリン・ア・ラ・モード、もう何年も食べていない筈だと思ったが、頭の隅っこに何処かで出会った記憶が残っていて、それが思い出せない。自分のブログを最初から見直してやっと見つけた、表参道のフレンチをベースにした創作料理「レストランMAMA」でコース中に出たデザートだった。

         170712-2.jpg
 四角い磁器製の器に入って、下はトンカ豆のプリン、パッションマンゴーのソースにバジルシードと、美味しかった記憶はあるが、少々変わり種のプリン・ア・ラ・モードだった。
 本家とされるホテルニューグランドのプリン・ア・ラ・モードはどんな物かと調べたら、現在でもカフェのメニューに載っていて、WEBページに画像があったのでお借りした。

        170712-3.jpg
 まず容器が舟形のガラス器、真中にプリンが鎮座し、その周りに季節の果物と絞ったホイップクリーム、本家本元だからこれが正調版だろう、私の記憶にあるデパート大食堂の物もこのスタイルだった。
 ここまで調べていたら、正調プリン・ア・ラ・モードが食べたくなった(笑)、何処か近くで提供している店はないか?とWEB検索したが、もう流行アイテムではなくなり予想以上に無い、北千住の「サンローゼ」と云う喫茶店で出していたそうだが、残念ながら今年の3月に閉店していた。ファミレス数社のメニューにも載っていないし、これは横浜まで行くしかないのかな?と考えていた時、意外にもスーパーのスイーツ売り場で「プリン・ア・ラ・モード」の文字を発見(笑)、たまらず買ってしまったのが、

     170712-4.jpg
・「プリン・ア・ラ・モード」(ドンレミー)、(税込175円)
 ㈱ドンレミーはコンビニやスーパーに置かれるスイーツメーカー、足立区内に本社があり、北千住・上野・千葉のアウトレットは、よくTV等で取り上げられる人気店。
 カスタードクリーム、スポンジ、フルーツにプリンと、オーソドックスなもの、値段から多くを期待してはいけないが、それなりに楽しめる。姉妹商品で「ベルギーチョコプリンのアラモード」があるが、これは未体験。
 以降、市販製品が気になって、入手可能な物は試してみる事にした、続いては、

     170712-5.jpg
・「うみたて卵プリンのアラモード」(シャトレーゼ)、(298円)
 豊富なスイーツで全国へフランチャイズ展開しているシャトレーゼ、本社は山梨県甲府市。値段はドンレミーの倍近いので味も当然UPしている、プリンの出来はいいが、無理やり乗せたみたいなシュークリーム?はいらない気もした。

     170712-6.jpg
・「夏のなめらかプリン・ア・ラ・モード」(パステル)、(561円)
 「なめらかプリン」でお馴染みのパステル、運営は名古屋本社のチタカ・インターナショナル・フーズ㈱。値段は高いが味は前2品とはグレードが違う、フルーツやクリームの質は申し分ない、残念なのはプリンの量が少ない事で、画像ではよく判らないが2cm位しか厚みがない、全体のバランスを考えたのだと思うが、「プリン・ア・ラ・モード」なのだから、プリンをもっと強調して欲しい。

        170712-7.jpg
・パステルで売っていた「なめらかプリンケーキ」5号、(3,186円)
 実際には食べていないが、直径15cmとプリン・ア・ラ・モードのお父さんみたいなケーキ、糖質や体重を気にしないで、何時かこれを抱えて食べてみたいと思った(笑)。

 プリン・ア・ラ・モードとは何か?は判って来た気がするが、やはりカップ入りではなく、昔みたいに舟形の器に乗った物が食べたい。WEB上で調べたら、新橋と大久保に正調版に近い形で提供する店があるのを知った、近いうちに行ってみようと思っている。
 プリン・ア・ラ・モードを巡る旅はまだ終わらない(笑)。

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

麻布十番「ラ・リューン」

 このブログを始めてから5年半になるが、その間「行きたい」と思いながらも、行けないでいる店が幾つかある。現役時代から常に財布の中身は薄いので、一食2万円以上支払う高額店は最初から想定外だが(笑)、リーズナブルな店でも行き損ねている店がある、東京の東端に住んでいるので特に東京西側の店に多い。
 今回紹介するのはそうした初訪問の店、麻布十番のフランス料理「ラ・リューン‘La Luna’」で、この店も昨年まで私と定休日が同じだった事もあり訪れる機会がなかった。今回、店の常連客にお願いして、ランチタイムに同席させてもらう事が出来た、WEB上でも評判のいい店なので楽しみ、その気持ちが現れたのか、約束の12時より早く店に着いてしまった(笑)。
 店の場所は麻布十番駅を出て、環状三号線を十番商店街とは逆の方向へ進む、左側にある中国料理「富麗華」を過ぎたらガソリンスタンドのある角を左折してすぐ。以前は別の名前のフレンチで現在の料理長が働いて居たが、その後2002年に店を引き継いだと聞く。
 料理人は1973年生れの永田敬一郎氏、熊本出身で都内の「ラ・ブランシュ」「エブリーヌ」等で働いた後に渡仏、吉野建氏の「ステラ・マリス」開業時を手伝った後、主にプロヴァンスで働く、最後は私も訪れた事のあるヴェシーの「ジャック・デコレ」だったそうだ。

        170708-1.jpg
 小柄なマダムの案内で窓際の席に座る、窓外にはハーブ等の鉢植えが並び、道路からの目隠しになると共に、南仏的な雰囲気も表現している。
 ランチメニューは、A.2,800、C.3,800、D.6,000円の3種類でBは欠番(笑)、AとCはスープの有無と、肉料理が鶏か豚の違い、初回訪問と云う事もあり中間を取って?Cでお願いする事にした。
 料理は以下のとおり、

     170708-2.jpg
・雅鮎のフリット、クレソンの花

        170708-3.jpg
・自家製パン(美味しい)

     170708-4.jpg
・雲丹とトマトのソルベ、茄子の煮浸し、コンソメジュレがけ、ライム風味

     170708-5.jpg
・「ゆかり」みたいな味がする海老のビスキュイ

        170708-6.jpg
・淡路島産新玉ねぎのスープ

        170708-7.jpg
・シラスとフロマージュブラン

     170708-8.jpg
・岩手山高原豚のポワレ、ビーツのソース

        170708-9.jpg
・枇杷とアーモンド風味のソルベ、枇杷のグラニテ、福井の梅ピュレ

        170708-10.jpg
・スペシャルティコーヒー

 料理全体の印象から云うと、小細工なしの判りやすい直球勝負で、料理長がフランスで働いて居た1990年代の、本当に美味しかったフランスの料理を想起させる。複雑なテクニックや変わったスパイス等に頼るのではなく、上質な素材を丁寧に調理して繋がりある料理にしている、美味しいのか美味しくないのかも判らない料理では決してない(笑)、ストレートに旨さが伝わって来る。
 アミューズは旬の鮎を上手く使う、前菜の雲丹と野菜の料理は店のスペシャリテで安定の美味しさ、シラスの一品は料理長からの好意との事(笑)、正直に云ってしまうと、メニューの「豚」の文字にあまりテンション上がらなかったのだが、食べて納得した、これは美味しい豚だ。そしてガルニに使ったのは人参一本そのまま(笑)、1980年代生れの料理人ならまずやらないが、人参の旨味を感じるには一番いいやり方かも知れない。
 夏を感じさせるデセールは良かった、特筆すべきは自家製パンが美味しい事、今は各店の料理差が少なくなっているので、この二つで勝負が決まる気がする。

 料理長ともう一人の男性が調理し、店内はマダムが担当するが、居心地よい接客で寛げる。店の規模はもう少し小さかったが、好きな店だった牛込柳町の「ル・デッサン」の料理とマダムのサービスを思い出した、共通点があると思った。
 調理が終わって、挨拶に客席に出て来た永田料理長、痩身で飄々とした雰囲気で話す、フランスのレストランでもきっと戦力として重宝されたであろう事は、料理を食べれば想像出来る。
 今、麻布十番はフレンチ激戦区だ、現れては消える店も多くある中で、15年続いたのは、リーズナブルな価格設定に加え、やはり料理が良かったからだと思う、口コミやネット情報で高評価でも、一回来た客をリピートさせるには、料理の印象が何より大事だ。
 ‘La Luna’は「月」の事だから、本来は夜にもっと輝く店かも知れない(笑)、また訪れたいと思ういい店だ。


  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -