最後の晩餐にはまだ早い


大阪・玉出「びすとろぽたじぇ」(2017関西食べ続け②)

 このブログでも数回取り上げた事がある「びすとろぽたじぇ」は、大阪本町にあったフレンチビストロ、有名調理師学校の西洋料理主任教授を経た料理長が家族で営んでいたが、諸事情により2015年12月に一旦閉店した。
 「大阪へ行っても、もうあの味を体験する事が出来ない」と寂しい思いをしていたのだが、その店が場所を変えて復活するとの話を聞いたのが去年の春で、行きたいと思いながらも叶わず、今回食べ続け行の初日にやっと訪れる事が出来た。
 神戸の食業界で働いている友人も参加を表明、親父ビストロに親父二人で訪れる事になった(笑)。

 店の場所は南大阪の西成区玉出、西成区は有名な「あいりん地区」も在り、大阪市内でもかなりディープゾーン、東京なら山谷がある台東区や隣接する荒川区辺りの感じだろうか?ただ駅から店まで歩いた印象では、いたって普通の安全な街。店舗は2階にあってこれは前店舗と同じ、階下はピッツェリアみたいだが、この日は定休日だった。
 入店後、肥田料理長に久しぶりの挨拶、店スタッフは他に男女1名ずつで、カウンターとテーブルの14席を担当する、現店舗は以前より広い印象で、テラス席もあり今は喫煙スペースにしているが夏場は食事も可能みたいだ。
 料理は前店同様のプリフィクスムニュ(税別6,000円、ドリンク別)の他、アラカルト注文も可能、「ぽたじぇ」料理は久しぶりなのでムニュからお願いする事にした。

        170302-1.jpg
・黒板メニュー‘Plat du Jour’

        170302-2.jpg
・野菜のポタージュ、リエットとバゲット

     170302-3.jpg
・前菜盛合せ(手前から時計回り:サーモンとトマトソルベ、パテ・ド・カンパーニュ、自家製ハム、根セロリのマリネ、キャロットラペ、フォアグラのテリーヌ、ラタトゥイユ)

        170302-4.jpg
・ゲヴェルツラミネール(生産者聞くのを忘れ)

        170302-5.jpg
・カワハギのポシェ、紫蘇バターソース

     170302-6.jpg
・仔羊のクレピネット(背肉を香草入り鶏のすり身包み)※黒板外の定番メニューから

     170302-7.jpg
・シャリオデセール(好きなだけ選べる)

     170302-8.jpg
・選んだもの(右から:パンプディング、パイナップルのタルト、ガトーショコラ、コーヒー風味のブランマンジェ、ぶどう&みかんのソルベ)

        170302-9.jpg
・別テーブルに出る「スズキのパイ包み焼き」を隠し撮り?(笑)

 まずは懐かしい「ぽたじぇのポタージュ」からで「掴みはOK」(笑)、次の前菜盛り合わせも本町時代からの定番が並ぶ、フォアグラは肥田料理長が修行したアルザスの名店「オーベルジュ・ド・リル」直伝の壺入、ネットリとした食感はまるで熟女の誘惑(^^;)。根セロリも人参もラタトゥイユも本当に何気ないものだが、同じに作ろうとしても同じにならない。
 カワハギはタップリとしたバターソースが黄金時代のフランスを想起させる、通常使うバジルを紫蘇に変えたのが料理長のアイディアみたいだ、お皿舐めたい位(笑)。
 肉料理はかつてのミュンヘン三ツ星「タントリス」の料理長ハインツ・ヴィンクラーのスペシャリテ、日本人向けに軽く仕上げてあり、ソースはイタリア的なトマトソースだった、ガルニの野菜と共に「優しく柔らかい」味、思わず「親父さん、とっても旨いよ」と呟いて涙腺が緩くなりそう、「シェフ、トレビアン」ではない(笑)。
 テーブル上に並べた前店と違い、文字どおりに「シャリオデセール」になったが、製菓クラス出身の女性スタッフが作ったとの事、この女性がサービスも兼務するが、なかなか優秀な人材で、もう一人の男性スタッフと共に人手不足の業界にあって羨ましくなる。
 勿論デセールはどれも美味でした、気持ちとしては全種類行きたかったが、翌日以降を考えて自制した(笑)。

     170302-10.jpg
・磨き込まれたオープンキッチン

 肥田氏は私より年長なので、本来なら悠々自適の年金生活も可能な筈だが、あえて場所を変え再開したのは、「生涯一料理人」で居たかったのと、自分の持っている技術や料理に対する姿勢を、こうして若い世代に伝える場にしたかったのかな?と勝手に想像した。
 東京や大阪の料理界の話題等で、遅くまで盛り上がりました。客としてはこの温かい店が何時までも続いて欲しいが、作る側もそして食べる側も人間は老いていくもの、私自身最近何かにつけ衰えを感じるので、「あまり無理しないで、でも出来るだけ長く続けてください」とエールを送りたい(笑)。
 また「大阪の我家」が復活したのは嬉しかった、美味しい料理と心休まる対応、ありがとうございました。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/03/05(日) 22:50:19 |
  3. URL |
  4. chika
初めてコメントさせていただきます。私の住まいの近くのお店を取り上げられることが多く、いつも楽しみに拝見させていただいております。
こちらのブログを拝見してキエチュードに行くようになりました。3/2に行きましたら、フロアの男性が退職するとのことでした。新しいフロアの方がいらしたので「スタッフの方が増えるのですか?」とお伺いしたところ、オープンの時からいらっしゃる男性があと2~3日で退職されるとのことでした。最後に、私がお店に通うきっかけとなったこのブログの話をして彼とは「またいつかお会いしたいですね」とお別れしました。
ご存じのことかもしれませんが、トシさんが大阪へ行っていらっしゃるようですのでコメントさせていただきました。

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/03/06(月) 07:08:10 |
  3. URL |
丁寧なコメントありがとうございます。
「キエチュード」の彼辞めてしまったのですか、それは知りませんでした、残念ですね。
今何処もサービススタッフ不足が深刻です、スキルのある人はチャンスがある分野なので、次のステップへ行ったと思いたいです。
情報ありがとうございました、これからも宜しくお願いします。

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -