最後の晩餐にはまだ早い


四谷三丁目「香港麺新記 四谷三丁目店」

 施餓鬼会(せがきえ)とは、仏教において餓鬼道で苦しむ衆生に食事を施して供養する会を指すが、現在ではお盆の時期に菩提寺に檀家が集まり先祖を供養すると共に、寺の会計報告などが行われる、一種の株主総会的なものになっている。
 この日、四谷にある菩提寺で法要があったので、去年に続いて参加した、会の趣旨から昼食も出るのだが、「所要があるので」と中座させてもらった、他の参加者に悪く不信心この上ないが、何処か近くでランチ処を見つける楽しみに勝てなかったからだ(笑)。
 行く前にある程度調べていたのだが、四谷界隈は日曜休みが多い、隣駅の新宿御苑前なら有名中華やカジュアル系フレンチがあり、行ってみようかなと思ったが、この日は暑くて移動が面倒(笑)。そこでスマホを使って検索し「面白そう」と思った店へ行ってみる事にした。

 店の名前は「香港麺新記 四谷三丁目店」、世田谷に本店がある香港発祥の麺料理が中心の中国料理店だ。店のWEBに歴史が書いてあるが、それによると1953年に香港で開業した屋台の店が起源で、その味に出会った香港在住の日本人が「この味を日本で再現したい」と、1994年に看板を借り三宿に一号店をオープン、以降虎ノ門、四谷三丁目と支店を増やしている、四谷三丁目店は2011年の開業。菩提寺があるので駅は何回も利用しているが、この店は知らなかった、四谷は意外に中華系の店が多い。
 今では駅周辺は商業地として発展しているが、父親の話では、戦後間もない頃は寺と竹藪しかなかったとの事だ、若い人達は信じないと思うが六本木・飯倉辺りも似た様な感じだったと聞く(笑)。

     170720-1.jpg
 店の場所は四谷三丁目駅至近、交差点近くの集合ビルの2階で、同じビル内には牛丼チェーンやカラオケ店等多彩、最近あまり見る機会がなくなったネオンサインによる店名表示がある。

        170720-2.jpg
 2階へ上る階段途中には「三宿 香港麺 新記」と赤字で大きく書かれている、中国では赤(朱)は厄除けや幸運を呼ぶ色だ。

     170720-3.jpg
 店内は意外に広い、窓に面してカウンター席、奥がテーブル席で40席位ありそう、一人なのでカウンターに案内された、日曜日なので家族連れが多い。

        170720-4.jpg
 メニューを見るがメインはWEB情報どおり麺料理と点心、お得なセットメニューもある、面白いのは麺類が「日本麺」か「香港麺」を選ぶ事で、香港麺の方が100円位高い。
 少し悩んだがメイン商品らしき「ワンタンつみれ麺」と「牛バラ飯(小)」のセットを香港麺でお願いした(税込1,000円)、店員は皆中国系の人みたいだ。

     170720-5.jpg
 割と早めの待ち時間で出てきたセット、麺が細いので早く茹で上がる、これが屋台時代からの伝統か。
 まずは麺の方からスープを一口、あっさりした塩味、ベースは丸鶏か?海老の味が微かにする、豚の味は殆ど感じない、無化調なのかは不明だが、使っていても僅かだろう、淡さの中に深さも感じる奥行のあるスープ、これ私好みだ(笑)。

        170720-6.jpg
 つみれはおそらく海老と豚背脂か?嫌味のない味で幾らでもいけそう、画像下には「はんぺん」みたいな練り物、見え難いがその横にワンタン、どれも丁寧に作ってある。全体的に味のトーンが統一していて、どの具材も突出していない。香港麺は細くて独特な食感、日本なら博多ラーメンの麺に近いが、もっと加水率が低そう、これがあっさりした塩味スープに合う。

        170720-7.jpg
 牛バラ飯は、日本米だと思うが硬めに炊いたご飯の上に煮込んだ牛バラ肉、八角の香りがするがしつこくはない、

        170720-8.jpg
 これだけだと一味足りない気がするので、卓上の自家製ラー油を少量加えかき混ぜて食べる。ご飯が硬めなので水分が欲しくなるが、麺スープと交互に食べると丁度いい、相性をよく考えている。
 予想以上に美味しかった、日本の豚骨ラーメンは毎日食べられないが、このスープと麺なら毎日食べても飽きないのではと思った、あとで友人から「近くで働いていた時には、ランチローテーションに入れていた店」と聞き、さすがだと思った、日常に食べたい麺と飯だ。

     170720-9.jpg
 甘味も欲しくなって追加で頼んだ杏仁豆腐(210円)、これはごく普通でした(笑)。

        170720-10.jpg
 支払い時にレジ前にあった自家製ラー油(小)(620円)も買ってしまう、お金の無い時はこれをご飯にかけて食べる事にしたい(笑)。
 此処はまた来たい店だ、駅から至近だし一人でも入りやすい、新宿駅辺りで昼食場所探すより気が利いているかも知れない、年中無休なのもいい。
 暑い一日だったが、この店のおかげで少し嬉しくなった(笑)。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:3

承認待ちコメント

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/07/20(木) 21:33:31 |
  3. |
このコメントは管理者の承認待ちです

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/07/20(木) 21:34:01 |
  3. URL |
  4. AOYAMA
四ツ谷は、仕事でも良く行く場所なので
今度行ってみたいです!
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2017/07/20(木) 22:15:17 |
  3. URL |
  4. オンクレ・トシ
コメントありがとうございます。
ここいいですよ、支払いも安いし、これを書いている今もまた食べたくなっています(笑)。


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30