最後の晩餐にはまだ早い


南青山「MAMA」(2017年1月)

 昨年5月のランチ訪問時に「また来ます」と云ったまま半年以上経っていた、南青山のレストラン「MAMA」、やっと3回目の訪問が出来た。サラリーマンリアイア後は遠出が億劫になって、上野や秋葉原以西はあまり行かなくなり、表参道は大阪へ行く位に遠く感じてしまう(笑)。
 高級フレンチ出身のオーナーと料理長のコンビにより、上質なワイン類の提供と箸で食べる「フランス料理の哲学、技術に基づき丁寧に仕上げられた料理」を掲げ、2015年5月に開業した「MAMA」だが、店へのアクセスは正直よくない、表参道、渋谷、六本木どの駅からでも15分は歩く、よくこの場所を選んだと思うが、繁華街の喧騒から離れた静かな場所で営業したいと云う、店側2人の意向によるものだろう。

        170204-1.jpg
 寒かったこの日、店への到着は12時少し過ぎ、去年からランチ営業を始めた事もあり、店が周辺地域に馴染んで来た様にも見える。
 一応予約して行ったのだが、12時過ぎの入店時にはカウンター席に先客が1人、テーブル席にも2人、その後続々と来店し3つあるテーブルは埋まり2回転する席もあった、周りに飲食店が殆ど見当たらない事もあるが、ランチ処として認識されて来たみたいだ。

     170204-2.jpg
 平垣内オーナーに挨拶し、彼の労作手書きメニューを拝見する、前回は「イベリコ豚の天使の羽根定食」から「とんかつ」をお願いしたが、今回は「カツカレー」にしようと決めていた、ただ「週替定食」(1,200円)の「そぼろ丼」にも惹かれ、これも食べたかったが(笑)。
 当日の料理は以下のとおり、このランチを注文しているのは私だけだが、おそらく標準仕様より品数が増えている筈だ(笑)。

        170204-3.jpg
・人参のピュレとラペ、胡桃

     170204-4.jpg
・イベリコ豚の豚汁

        170204-5.jpg
・フォアグラとイチジク

        170204-6.jpg
・Puy Redon Chardonnay 2015
 平垣内セレクション、仏南西部ベルジュラック産で、この地域には珍しいシャルドネ種を使用、AOC認定ではないが、ブルゴーニュの高級白を思わせる味と香り。グラスはリーデルの高級品「ブラック・タイ」。

     170204-7.jpg
・左の近藤悠三作と聞く鉢中にはシーザーサラダの下にラタトゥイユ
 中の河村喜太郎作ぐい呑み中は、下から紫キャベツの酢漬け、蛸のマリネ、コリアンダー風味の棒々鶏、冬野菜のエチュベ
 右の永楽善五郎作の皿には鮪とビーツのユッケ風

     170204-8.jpg
・イベリコ豚のカツカレー

        170204-9.jpg
・一応皿に載せて、一般的な「カツカレー」にしてみた(笑)。皿はローゼンタール。

     170204-10.jpg
・大納言あずき、ココナッツのアイスクリームに焙じ茶

 まずはアミューズとして出た人参の甘さと旨味に驚く、特別な人参ではなく甘味を出す加熱調理によるものとの事だが、雲丹等入れず人参そのものの味にしたのは賛成。前回もイベリコ豚汁は美味だったが、今回は「寒いので、スープ的に出します」と先に出た、地味な根菜達がイベリコ脂を纏って美女に変身している、漆椀もいいし家庭では出せない味だ。フォグラも小品ながら美味で、アルコールに弱い私でもワインが飲みたくなる。
 「サラダ」&「小鉢」の次の品々は、どう見ても通常バージョンではない(笑)、夜のメニューから出してくれたみたいだが、手をかけた品が上手の器に盛られている、ワインを飲む事を想定して酸味は抑え気味。
 そしてカツカレー、カツはイベリコ豚の「天使の羽根」と呼ばれる肩甲骨の肉を使用、一頭から約500g位しか取れない希少部位。カツは前回同様濃い旨味がストレートに来る、添えられた鹿児島産「デコーソース」も合っていた。市村料理長はカレー大好きだそうだが、夜にもカレーを出しているので、ワインの余韻を消さない様スパイスは控え目、ルーから「フォン・ド・ヴォー」を仕込む要領で作っているとの事。「カツカレー」と聞くと学食やカレーチェーンで食べる物を連想してしまうが、あれとは全くの別物でレベルが違う(笑)、福神漬も自家製。
 小豆炊きの達人から学んだという大納言餡とココナッツアイスも良かった、お茶も美味。

        170204-11.jpg
 ある意味、高級レストランで1万円のランチを食べる以上に贅沢な時間に感じた、作る人1人、提供する人1人、ミニマムな体制での客1人のための料理、「これを食べて欲しい」とのメッセージが直に伝わって来る、インテリアや器等のセレクションもいい。
 店の本領発揮は夜の部だと思うが、ランチでもその片鱗が伺え本気度が伝わる、テーブル席の女子達の会話が聞こえたが、「素敵な店、すごく美味しい、今度夜にも来たい」の三題で、そう思ってくれるならランチ営業する面倒も報われる。
 近隣のオフィスや家庭へ向け、少数だが弁当宅配もやっていて結構需要があるとの事、「注文先まで運ぶの?」と訊いたら、今は弁当専門のバイク配送業者が存在し、依頼すればGPS探知によりすぐ来てくれ、支払いはネット決済で行うそうだ、凄い時代になった(笑)。

 いい空間といい料理で、つい長居してしまうが、市村料理長と平垣内オーナー、お気遣い感謝です。ランチばかりで迷惑でしょうが、次回は「イベリコステーキ」その次は「謎のイベリコ豚料理」を食べに来ます(笑)。


スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

御徒町「ヴェジハーブサーガ」

 上野・御徒町界隈のインド&ネパール料理店は、「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」「アーンドラ・キッチン」「ベジキッチン」とブログ記事にして来たが、今回は老舗格の「ヴェジハーブサーガ (VEGE HERB SAGA)」を訪れてみた。
 2009年に開業、2015年に近所の現在地に移転した。WEB情報によるとオーナーは御徒町に数多い宝石店主だそうだ、禁欲主義で知られるジャイナ教徒で肉・魚NGのベジタリアン、店内でもアルコール類は出さず煙草も禁止、100%ピュアのベジタリアンメニューを提供している、ムスリム対応のハラール食も可能との事。以前紹介した昭和通り東側の「ベジキッチン」のオーナーは、この店出身と聞いた。

        170111-1.jpg
  店の場所はJR御徒町駅と地下鉄日比谷線仲御徒町駅から近く、通称「ひすいアベニュー」と呼ばれる宝石商が数店在る通りに面したビルの地下、営業中は歩道に目立つ電光看板が出ている。

     170111-2.jpg
 店へ降りる階段には「本日のメニュー」が掲げてある、降りようとしたら、下からコックコートを着たインド人の?のオジサンが現れた、道行く人達へ店チラシを渡すみたいで、「もう開いている?」と聞いてみたら「OK」との事でそのまま入店する。

     170111-3.jpg
 店内は思っていたより広い、カウンターはなくテーブルだけで32席あるとの事、森の中や深海を連想する壁の緑色装飾が印象的。

        170111-4.jpg
 インド人らしき店員から「お好きな席へ」と云われたので、店奥の壁際に座り、ランチメニューを眺める。元々は米食の南インド料理みたいだが、日本人が好むナンが付いた北インド料理も提供している、前述のとおり全てベジタリアンメニューだ。
 事前情報で火・金曜日限定で「ビリヤニ」があると聞いていたので、「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」との比較もしてみたく、「ハイデラバード ダム ビリヤニ」(税込1,350円)に決めた、「ハイデラバード」とはビリヤニが名物のインドの地名で、「ダム」とは小麦粉を練った物で鍋と蓋を密封する調理法を呼ぶそうだ。

        170111-5.jpg
 まずはインド・ネパール料理店ランチ定番の、サウザンドレッシングがかかった生野菜サラダ、これはあまりに普通だった(笑)、ベジタリアン専門店なら豆腐を加えるみたいな一工夫が欲しい処。

     170111-6.jpg
 このあとラッサムスープでも出るのかな?と思ったら、すぐにメインのビリヤニとライタが出て来た、四角い皿は打ち出しの金属製で洒落ている。
 外見は昔デパート食堂の「お子様ランチ」に乗っていた、型抜きのチキンライスみたい(笑)、米は勿論パスマティライス、野菜はジャガイモ、インゲン、人参、南瓜、上にトマトは判ったが、他にも何か入っていると思う。
 味は肉の出汁が無いのでアッサリして上品、米の炊き加減はとてもいい、「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」のマトンビリヤニが下町の健康娘なら、これは山の手の令嬢みたいな印象(笑)。最初は少し頼りない味かな?とも思ったが、ライタを混ぜながら食べて行くと、見かけよりもお腹が満ちて行く。

        170111-7.jpg
 食後の和風なカップに入ったチャイは濃くて美味しい。

     170111-8.jpg
 席の後ろに並べてあったインドの銅鍋、「ハンディ」と云う名前だが、大きいのでハンディサイズではない(笑)。

 以前の「ベジキッチン」の記事でも書いたが、肉食を断てない凡俗な私には、どうしても物足りなさは感じる(笑)、値段的にも1,080円でビリヤニが食べられ、他にも色々オマケが付いてくる「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」の方に惹かれてしまった。ただ肉やアルコールを加えないで、この味を出すには相当面倒な工程を踏んでいると思う、その点では立派だ。宗教上だけでなく何らかの理由で肉・魚類が食べられない人は居るし、そうした人達にとって、この店は貴重な存在だろう。
 スタッフは全員インド・ネパール系の人達、料理を運んで来た男性は長身で格好良く、「あんな風になれるなら、1年位ベジタリアンになるのもいいかな?」と思ったが、これはもう手遅れだろう(笑)。

     170111-9.jpg
 帰りは不忍池まで歩いてしまった、冬枯れの蓮池もなかなか味のある景色、何故か鳩よりユリカモメの姿が目立つ、「伊勢物語」の中で「名にし負はばいざこと問はむ都鳥~」と歌われた「都鳥」とされているが、近くで見ると歌での印象より結構猛禽的な顔(笑)。
 穏やかな冬の昼下がりだった。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

八重洲地下街「エリックサウス」

 時間が前後するが、前々記事の「ノーマ東京-世界一のレストランが日本にやって来た」の試写会が京橋で、午後からの開演だった。そのため何処かでランチを食べて行こうと思い、WEB上で近くの店を探したが、この辺りはサラリーマン&OL向けの店が多過ぎで迷う(笑)。翌日はフランス料理店へ行くので、出来ればヨコメシ以外でと思って見ていたら、この界隈にインド料理店が多い事に気付く、東京では上野・御徒町界隈に次ぐかも知れない、この中から選ぼうと思い、試写会場にも近い八重洲地下街の「エリックサウス」に行く事にした。
 WEB情報によると2011年9月にオープンした南インド料理店、南は米食が中心なので、ナンと食べるカレーではなく、ミールスやビリヤニが中心メニューの店だ、Facebookでも「この店へ行った」記事をよく見るので、人気店みたいだ。

     161112-1.jpg
 八重洲地下街はアルファベットの「T」を引っ繰り返した「凸」状の形になっているが、その北側先端部分で京橋に一番近い、隣は有名な「牛たん」の店だ。
 店のオープンは11時、混んで居るかな?と思ったが、まだ早い時間だったので空いていた、ただ時間が経つに連れ次々と客が来店しほぼ満席になった、店内はカウンター席中心で、上野のインド料理店と比べると女性客が多いと感じる。

     161112-2.jpg
 ランチタイムは通常のカレーランチ(ナンではなく、ターメリックライス)の他に「チキンビリヤニ」と「ランチミールス」がある、今日はミールスを食べたいと思っていたので、後者(税込1,000円)を注文する事に。
 店はキッチンとサービスで5~6人、見た処では全員日本人だと思う、インド&ネパール系の店員が多いこの手の店には珍しい。

        161112-3.jpg
 目の前には「ミールス大図鑑」を表紙にしたメニューがあり、これが昔の少年漫画調でちょっと笑える(笑)。

        161112-4.jpg
 更に「楽しい(正しい、ではない)ミールスの食べ方」なる指南書?も貼り出してあり、店のミールス愛が伝わって来る。

     161112-5.jpg
 卓上の薬味類、「ウールガイ」は南インドの漬物、「辛味」はアバウトだが(笑)唐辛子ペーストみたいなもの。

     161112-6.jpg
 やがて運ばれて来たミールス、真ん中はパスマティライスの上にパパド、左下にターメリックライスもある、そこから時計回りでカトリの中は、選べるカレーのマトン、ココナツベースのチキンカレー、サンバル、ラッサム、ヨーグルトかサラダを選べるのだが、このサラダは少々寂しい(笑)。

     161112-7.jpg
 指南書に沿って、まずはパパドを割ってパスマティライスの上に散らし、そこへカトリに入った各種カレーを加えて食べる、手で混ぜて食べると美味しいとの事だが、これはなかなか勇気が要る(笑)、周りを見渡しても皆はスプーンで食べているので、それに倣った。
 味は全体的に優しい味わいで、スパイス使いは控え目に感じた、カレーそれぞれの味はベースがしっかりしている、パスマティライスも美味しい、ただターメリックライスは必要ない気もするが、この辺りは日本人の好みを意識しているのかも知れない。
 創業者は日本人だと聞く、南インド料理に惚れ込んで店を始めたそうだが、これは「日本人が好む南インドの味」だなと思った。中国料理でも「中国人料理人が作る、日本人が食べて美味しいと思う料理」と「日本人料理人が作る、日本人が食べて美味しいと思う料理」は微妙に違うのでは?と以前から考えていた、インド料理でも同じなのかと思ったが、私自身それ程インド料理の経験値がないので、これは今後の研究課題にしたい(笑)。
  「どちらが好きか?」と訊かれたら、ミールスだけなら御徒町「アーンドラ・キッチン」の方が、全体の味のエッジが立っていて好みだが、あちらは少し値段が高い。エリックサウスのランチミールスは税込千円、カウンターなので一人でも入り易く年中無休で15時までランチタイム、夜も22時までやっているので、新幹線や成田空港行きのシャトルバスの待ち時間にも、気軽に利用出来るのは便利だ。
 店を出る時には席待ち客も居た、店頭では持ち帰りのカレー販売もあって、OLさんらしき数人が並んで買っていた。

     161112-8.jpg
 日本人が経営する南インド料理店に、女性客が多くやって来ている、外国人客も数人居て英語が聴こえ、店の目前には外貨両替所がある、これは今の東京を表現しているなと感じた(笑)、場所的にも使い勝手のいい店だと思う。

  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

札幌・北15条東「Curry Power パンチ」(2016札幌食べ続け③)

 札幌の街は道路が碁盤目状に整備されているので判り易い、その反面東西南北を間違えると、行き止まりが無いから何処までも真っ直ぐ歩いてしまい、気が付くと目的地と相当離れていた事もある(笑)。
 札幌二日目の夜は、北15条にあるスープカレーの店「Curry Power パンチ」へ行こうと、地下鉄の北13条東駅から歩いている途中、夜で暗かった事もあり「この道でいいのかな?」と不安になった、誰かに訊くにも札幌の住宅地は夜歩いている人が居ない(笑)、心配しながら進んでいると、ようやく目的の環状通りらしい広い道が見えたので一安心、こうした時には、もうナビ可能なスマホに替えないといけないなと思う、老後が心配になる(笑)。

        161015-1.jpg

 去年は旅行中に2回訪問したので早くも3回目、店主は開業前から知っているが、何とか1年続いた(店としては間もなく2年)のは嬉しい事でもある。日頃東京飲食店の厳しさを見ているし、札幌でも価格競争や従業員不足の面で、同じ状態になりつつあるのは感じた、この店も現在は昼夜共にワンオペレーションで混む時間は結構厳しい筈、札幌に住んでいたら手伝いに来てあげたいと思ってしまう(笑)。
 入店は19時過ぎ、勤め帰りみたいな男性が一人カウンター席で食事中、テーブル席では若い男女4人組が出来上がりを待っている。店主のU君に挨拶しカウンター隅に座る、店内の雰囲気は去年と殆ど変わっていない。

     161015-2.jpg

 さて何を食べるか迷うのだが、去年食べていない「タンドリーチキンベジタブル」か「豚タンドリーベジタブル」どちらかな?と思ったが、やはり考え直して、去年食べて好印象だった「うまうまつくねベジタブル」(税込1,090円)に決めた、今回食べないと、多分また一年「つくねベジタブルが食べたい」と思い続ける事になる(笑)。辛さは7段階あるうち下から3番目の「フック」でライスは普通盛、プレーンラッシーも一緒にお願いした。
 カウンター席だけならワンオペでも何とかなりそうだが、この店みたいにテーブル席も多いと大変だ、札幌のフレンチで「札幌人はカウンターで食事するのをあまり好まない」と聞いた事あるが、2人以上の場合向かい合って食事するのは、日本人の習性みたいだ(笑)。

        161015-3.jpg
 やがて出来上がったのが「うまうまつくねベジタブル」、元はおそらく「つくね鍋」から着想したものだと思うが、大きなつくねが4個、そこに茹で玉子と各種野菜が加わる。
 まずはスープを一口、あっさりした和風味が広がる、昆布ベースに鶏出汁だと思うが、私みたいな年齢の人間にも受け入れられ易い穏やか系、東京では出会えない系統の味だ、スパイスの積み重ねにこの和風が不思議と合う。
 つくねは柔らかく揚げてあり、道産の力強い野菜と合って中国料理の「砂鍋獅子頭」みたいな印象、今東京では天候不順によって野菜が高騰しているから、食べられる時に食べておかないといけない(笑)。

        161015-4.jpg
 ご飯は「ほしのゆめ」と云う道産米だそうだ、コシヒカリ系の粘りの強い品種ではなく、スープカレーと相性がいいサラっとした感じの炊き上がりになる、去年は少しご飯を追加してもらったのを思い出したが、今回は控えた(笑)。

        161015-5.jpg
 ラッシーはインドカレーともスープカレーとも合う。

     161015-6.jpg
 完食です、ごちそうさまでした(笑)。
 
 昼間のブイヤベースもそうだが、札幌の気候にこうした「汁物」がよく合う、これはヨーロッパみたいな湿度の低さと関係あるのでは?と以前から思っていたが、今回それを確信した。2日前の東京は結構蒸し暑かったが、札幌へ来たら喉も自慢の?潤い肌も乾いて(笑)、保湿のため水分が欲しくなる。別の見方をすると、このスープカレーをそのまま東京へ持って行っても受けないかも知れない、もっと粘度を増して刺激も強くする必要がありそうだ。

       161015-7.jpg

 ウィキペディアによるとスープカレーは、1971年に札幌の喫茶店「アジャンタ」が発売した「薬膳カリイ」が発祥とされている、それから45年経って現在は札幌市内だけでも約250店舗あるそうだ、これだけ札幌の人口に膾炙したのは、気候風土に合ったからとしか思えないのだが、その中で生き残るのは東京のフランス料理店と同じで熾烈なものがある、この店も何とか続いて欲しいと願わずにいられない。
 U君、一年ぶりのカレー美味しかったです、来年また来られるのを楽しみにしています(笑)。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

東上野「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」(2016年8月)

 4月以降は理由が幾つかあり、外食は昼が中心になっているが、経験上「日本のランチのお得度は世界有数ではないか?」とも思っていた、例えばパリ市内で、昼千円の支払いで、椅子に座ってまともな物が食べられるかとなると、かなり難しい。せいぜいパニーニとかカスクルート、ファラフェルあたりがいい処だろう。これが北欧へ行くとパリよりもっと高いと聞くので、日本に住んで居てありがたいなと思うのは、ランチの豊富さだ(笑)。
 ただ千円ランチを何店かで食べてみると、やはり「玉石混交」だなと思う(笑)。ファミレスやステーキ、ハンバーグで全国展開をしているチェーン店も体験したが、不満は無いけれど感動も無い(笑)、個人経営店でも家族中心で、店舗も古くなって減価償却も終わったみたいな店の方が、味も概ね良くお得感は大きいなと感じる事が多い。
 そして東京全体で云えるのが中国系の人が営業する中国料理店と、インド・ネパール系の人が営業するインド料理店、この増加が止まらない事。ただ同業種が増えると、次は当然競争となって不人気店は淘汰される事になる、今の東京はこの段階に来ていると思う。

 私がブログで取り上げたのが理由ではないと思うが、既に何人かの料理人がビリヤニを食べに行ったと聞く、東上野のインド・ネパール料理「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」、皆は口を揃えて「あのコスパは凄い」と感心している(笑)、料理人だから大体の原価は判るだろうが、彼等から見ても飛び抜けていると思うそうだ。
 或る日突然そのビリヤニが食べたくなって、他に何の用もないのに、我家から地下鉄に乗って来てしまった(笑)。この店は年中無休で11時からランチタイムスタートするのはありがたい、思い立った時に定休日や、11時半や12時からのスタートだったりすると、待っている間にビリヤニで高揚した気持ちが萎えてしまう(笑)。

        160913-1.jpg

 店に付いたのは11時の開店直後、当然この日一番乗りの客(笑)、席に付いたと同時にインドorネパール系の店員に「ラムビリヤニ」と叫んだ?が、「チョットマッテクダサイ」とかわされた、暫くして別の男性が水を持ってきたので、改めて注文するが、さっきの男性は日本語が判らなかったのかも知れない(でも日本語ではないが(笑))。
 まず当日の料理内容を紹介したい、

        160913-2.jpg
・インド風サラダ

     160913-3.jpg
・インド風トマトスープ「ラッサム」

     160913-4.jpg
・「柔らかラムビリヤニ」(中辛、パクチー少な目(笑))

        160913-5.jpg
・ビリヤニには必須の甘くないヨーグルト「ライタ」

        160913-6.jpg
・「これサービスです」と出してくれた、キーマカレー

     160913-7.jpg
・豆粉で作る薄焼き煎餅「パパド」

     160913-8.jpg
・ホットチャイと、食べかけだがインドのリオレ「キール」

 これ全部で税込1,030円、もう一度云う1,030円です(笑)。「この後、何か宗教の勧誘でもあるのか?」と疑いたくなる位に安く、突き抜けている(笑)。
 サラダに入った人参は意外にも生、無問題で食べられるのですね(笑)、驚いたのは「ラッサム」に梅干が入っていた事、インド5000年の歴史は日本2700年?の歴史と融合した(笑)、それはともかくとして酸味を強調させるために、梅干を使ったセンスはこの料理人只者でないなと思った。
 ビリヤニは安定した美味しさだが、サービスで出たキーマカレーがよかった、このサービスは日によって違い、混雑時には出ない事もあるので、行くなら平日開店一番が狙い目(笑)。
 途中、ライタがなくなったのを見た店員が、「お替わりは?」と聞いて来たのでお願いした、ビリヤニにライタが約束なのは、何度か食べている内に理解した、これがあると味が単調にならず、量があっても食べられる。

 隣席はインド系と見えるビジネスマンらしき男性二人、彼等の食べ方を見ていると、「インド人は手で食べる」とも聞いた事あるが、ちゃんとスプーン&フォークを使っていた、この後商談ならカレー臭い手ではマズイのだろう(笑)。一人はサラダに一切手を付けず、ビリヤニも結構残していたので、無理して全部食べなくても失礼にはならないみたいだ、日本でも地方だと食べ切れない程料理が出る時あるが、無理して全部食べると「足りなかったのではないか?」と思われる事もある。
 人類の歴史上では、ご馳走とは「質より量」の時代が長く、その考え方はそう簡単には消えない、この店で次々とサービス的な品が多いのも、根底にはこうした思想?があるからかも(笑)。
 久しぶりの「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」だったが、やはりこのランチは頭一つ抜けていると思った、往復の電車賃使っても充実感は大きい、食べ終わった後も「また来たい」と思ってしまう(笑)。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -