最後の晩餐にはまだ早い


青井「松月」

 私の友人にも一人居るが、飲食店の二代目は本当に大変だなと思う。昭和40~50年代位なら、これからも日本は右肩上がりで成長し、人口も増加していくと皆思っていた。ところが今は超少子高齢化社会、特に若年労働人口の減少は深刻だ、この状況で店を引き継いでも、従来と同じ事をしていたら先細りするのは目に見えている。町中で蕎麦店、鰻店、とんかつ店、和菓子店等、個人経営の飲食店が後継者不在により閉店しているのは、仕方のない事だと思う。
 それでも何とかしようとする二代目が居る、今回紹介するのはそうした店の一つで、「松月(しょうげつ)」という名の蕎麦店、店の場所は足立区弘道で、交通はつくばエクスプレス「青井」駅か東武スカイツリーライン「五反野」駅になり、どちらからでも10分は歩く、五反野駅前から続く商店街が終わった処で、目の前には都立江北高校がある。
        170606-1.jpg
 WEB情報では先代時代は出前もあるごく普通の街場の蕎麦屋だったが、二代目になって方針転換、自家製粉による手打蕎麦を提供する店に変えたとの事だ、亀有にある人気蕎麦店「吟八亭 やざ和」も同じケースだったと思う。
 自転車で店の前は通った事があり存在は知っていたが、店構えからかあまり入ろうと云う気にならず、今回WEB上でこの店の蕎麦を褒めている記事を見たので、興味を持ち行ってみる事に、我家からは自転車で行ける距離だ。
     170606-2.jpg
 11時半の開店直後に店へ着いたら、店内から鯉口を着た若い男性が出て来た、この人が二代目みたいだ、鯉口とは昔から男性が着ていた和装用下着で、七分袖で入れ墨みたいな絵柄が描かれたものは、江戸の粋として愛用された、名前の謂れは袖口が鯉の口に似ているためで、私が子供の頃の東京下町では男性のスタンダードな仕事着だった。今では着る人を殆ど見なくなったが、大谷田「蕎」の主人も着ていたので、愛用している人は居る。
 店前には各種のメッセージ?を書いた紙や黒板が置かれている。

 店内に入りテーブル席に座って昼の献立を眺める。
     170606-3.jpg
・「店主一押しメニュー」

        170606-4.jpg
・「選べるデザートセット」

        170606-5.jpg
・「本日のミニ丼セット」

 結構種類が豊富、あらかじめWEB上で調べていたので、初回なのもあり「店主一押しメニュー」から一番先に書いてある「鴨汁そば」(税込900円)をお願いする事にした。ミニサラダか白米or五穀米のライスがサービスされるので、炭水化物過剰摂取にならない様(笑)、サラダにしてもらった。店内は中年女性が一人で担当している。

        170606-6.jpg
 店前にも色々な注釈があったが、店内の壁一面にも同様に「お品書き」や「注意書き」が所狭しに貼ってある、「大丈夫かな?」と心配にもなるが、この店主はたぶん言語で相手に意思を伝えるより文字にする方が得意なのだろう、私も同類なので理解は出来る(笑)。だいぶ前だが上野に意味の分からない貼り紙を書く飲食店主が居て、ネット上では「電波系」と揶揄されていたが(笑)、此処の店主が書いたものを読んでいたら、中身はとても真面目だった。

     170606-7.jpg
 運ばれてきた鴨汁そば、第一印象は「量が多い」(笑)、大盛ではなく普通盛だが、他店なら大盛以上の量がある。その理由についても壁面に注釈があり、「(量が多いのは)家族経営のため、お待たせしてしまう場合があります、少しでも満足して頂きたい為、頑張っています」と書いている。

     170606-8.jpg
 まずは蕎麦を一口、おそらく二八割だと思う、色は白っぽく加水多め?で少し柔らかいが、十分蕎麦の味がする、山盛りにするのではなくこうして横に並べるのは水切りが良くなるし、食べ易くていい。
 鴨汁は蕎麦つゆに合鴨切身と長葱を入れたものだが、辛過ぎず甘過ぎず味のバランス良好、蕎麦の風味が強くないので、これに浸ける事で相性が良くなる。薬味は山葵でなく柚子胡椒、これも鴨の脂分と合うと思った。

        170606-9.jpg
 サービスで出た揚げ蕎麦、香ばしく美味でした。

     170606-10.jpg
 最後は蕎麦湯で締め、濃いのでおそらく後から蕎麦粉を足していると思う。

 予想以上に美味しかった(笑)、これで900円は安いと思う、インテリアに凝った有名蕎麦店の風味の強い蕎麦とは違い、親しみ易く肩肘張らずに食べられる。
 考えてみればラーメン店の「つけ麺」が一杯800~900円、それと競合する訳だから、幅広い年齢層客を呼ぶには何をすべきかと、この若い店主は考えたと思う。
 別のメニューを食べにまた来てみたい、地元にも私の知らない良店はまだありそうだ(笑)。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

竹ノ塚「武藤製麺所」

 私の地元に昼時は行列が出来るラーメン店があるが、最近2ヶ月位休業している、聞く処によると店主が体調不良との事で、見かけはそんなに歳いっている人ではないので、悪質な疾病でなければいいのだが。
 飲食店主は何より身体が資本だ、企業・組織等に勤務するサラリーマンなら病欠期間の休業補償や、辞めれば雇用保険の失業給付もあるが、日銭が基本の飲食店では休んだ日から収入ゼロ、テナント家賃を払っていればその分マイナス負担になってしまう。自分の代わりに営業してくれる従業員が居ればいいが、人材不足の飲食業界の現状ではそれも困難となると、あとは病気にならない様に徹底して自己管理するしかない、禁酒禁煙でスポーツジムに行って体力を鍛える、事故防止のため運転もしない、こんなストイックな日常生活をしないといけなくなる(笑)。
 調理師学校を卒業しても個人経営店には勤めず、社会保障のしっかりした企業系に就職したがる人が増えているのも、こうした背景があるのだと思う。

 この日寒かったのもあり、急にラーメンが食べたくなった、漫画家の東海林さだお氏がエッセイで書かれていたと思うが、ラーメンは食べたくなると「今すぐ食べたい、待っていられない」となる(笑)、ラーメン店は大体昼の開店時間が11時と11時半に別れるが、この30分の差が大きい、最近訪れるのは早くオープンする店が増えた。
 我家から行ける11時開店の中から選んだのは、竹ノ塚の人気店「武藤製麺所」で、天気もいいし久しぶりに行ってみようと、愛車(自転車)に乗った(笑)。

     161124-1.jpg
 店到着は11時の開店時直後で、いいタイミングだったが既に先客が居た。

        161124-2.jpg
 店前には「先に食券をお買い求め下さい。」の案内看板が置かれている。

        161124-3.jpg
 店一番人気で以前食べた事のある「わんたんとり塩めん」にするつもりだったが、食券機で目に入った「特濃らーめん」(700円)が気になり、ついボタンを押してしまった(^^;)。ランチタイムは+100円で小ライスと餃子3個が付くサービスがあるので、これもお願いする事に。

     161124-4.jpg
 店内は清掃が行き届いて整理され、店員にも活気を感じる、昼前だったからか厨房一人店内一人の体制。

     161124-5.jpg
 卓上の調味料類や水ポット、この店は割り箸派だ。

     161124-6.jpg
 そして出来上がって来たのが「特濃らーめん」、名前のとおり見かけは濃度の高そうなスープ、まずは一口吸ってみるが、ベースは多分鶏、魚粉、野菜だと思う、ドロっとしているが意外に端麗、よく言われる「ベジポタ」とは少し違う。
 続いて麺だが自家製の細麺、この店は食券を渡す時に細麺か太麺か選べるが、私はスリム好きなため(笑)細麺を選んだ、この麺が濃い目のスープとも合っていいバランス、麺に絡んだスープで鼻腔に芳香が抜けていく。無化調なので最後まで飽きない味で楽しめた。今年2月の和歌山「オテル・ド・ヨシノ」での「ジビエのビスク」を何故か思い出してしまった(笑)。

        161124-7.jpg
 ご飯には豚肉の佃煮みたいな物が乗っている、コシヒカリ系だろうか?少し柔らか目の炊き具合、美味しいがラーメンの相方としてはもう少し固い炊き方が好み。

     161127-8.jpg
 餃子3個、これはまあ普通そのものでした(笑)。

     161127-9.jpg
 席背後の壁には「スープ」と題して、スープ作りのポリシーが書いてあった、こうしたものは概して意気込みと材料自慢で、読んで白けるものが殆どだが(笑)、これは一応まともな事が書いてあった、ベースは鶏と煮干しとの事だ。
ラーメンスープはお金をかけようと思えば幾らでもかけられる、ただ一杯千円は取れない、原価率を考えたらどうバランスを取っていくのか、この辺りに経営者としてのセンスが問われると思う。
 久しぶりの武藤製麺所は美味しかった、勿論全部回った訳ではないが、過去訪れた足立区内の店では、今の処一番自分の好みに合っている。暫く来ていなかった事を後悔した、今は時間があるので、また寒くない平日11時を狙って行こうと思っている(笑)。
 帰りに店前を通ったのだが、以前訪れた洋食「かちゃくり」が閉店しているのを知って驚き、開店後まだ2年位の筈だが、此処も店主の体調等何か事情があったのだろうか?料理も店の雰囲気もなかなかいい店だったので残念な事だ。


  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

札幌・東本願寺前「らーめん五丈原本店」(2016札幌食べ続け⑤)

 札幌三日目の夜は、まずは東京にも支店がある、札幌発祥の有名回転寿司店へ行くつもりで、市内西北部にある店舗まで歩いて行ったのだが、店へ着いたら入店待ちの行列が出来ていて驚いた。週末夜だった事もあるが、東京と同じく地元の人はそう高級な寿司店には行かない、こうした店へ行く事が「日常の贅沢」なのだなと思う。
 並んでいようかとも思ったが、30分は待ちそうだし、そこまでしなくても何時か東京の店へ行けばいいかと断念した。
 こうなると今から行くとすると、思い付くのはあの店しかない、「あなたをたずねて南へ歩く」事に(笑)。歩いている途中「天然温泉」を見つけて心惹かれたが、タオルも着替えも無いので見送り、辿り着いたのが東本願寺前で30分以上歩いた、東京人は地下鉄の乗換通路等で鍛えられているので、意外にも歩きには強い(笑)。

        161023-1.jpg

 そして到着したのが、このブログではお馴染みの「らーめん五丈原」、夜暗くなってこの赤い暖簾と店内の灯りを見ると、集魚灯に引き寄せられる烏賊みたいに近づいて、自動ドアのボタンを押してしまう(笑)。

        161023-2.jpg

 店の入口には「スープとの相性抜群 チャーシューおにぎり」の文字と写真が、これはサブリミナル効果を狙ったのか、その意図どおりに、入店してから目の前にある自販機のボタンをつい押してしまった(笑)。

     161023-3.jpg

 席に座って食券を提出、結局選んだのは一番人気と云われる「とんしおらーめん」(税込680円)&「チャーシューおにぎり」(150円)、脂多目or少な目を訊かれるので、少な目でお願いする。
 目の前には、割り箸と洗いの共有箸2種類が置かれているのがこの店の特徴、私は割り箸使わない派だ、胡椒、七味、おろしニンニクの味変アイテムは以前と変わらず、水ポットは東京ではあまり見かけなくなった非透明のプラスチック製。

     161023-4.jpg
 やがて出来上がったのが「とんしおらーめん」何だかデフォルトの具より増えている気がするが、まあお許しください(笑)。
 まずはスープを一口、豚骨ベースながら脂気は少なく、スルスルと嚥下していく、「ああ、この味」と脳が反応する、去年も感じたが微かに甲殻類みたいな風味がある、確認したが干し海老等は使っていないとの事で、豚骨から出たものだろう。
 麺は以前から変わらない細麺で縮れのないストレートタイプ、スープとの相性はいい、チャーシュー、メンマ等具のクオリティも高いと思う。

        161023-5.jpg
 炭水化物過多はとても気になるが、久しぶりのチャーシューおにぎりは、パラっとほぐれる作りで、何処か懐かしく記憶を呼び覚ます味。固めに炊いた粘りの少ない北海道米(たぶん)にラーメンに使うチャーシューを刻んで混ぜ、醤油ダレで和え型を使ってオニギリ状にしたものだが、インドカレーとパスマティライスみたいに、ラーメンスープとこのオニギリは相性抜群、添えられた刻み沢庵がまた泣ける(笑)。
 ごちそうさまでした、完食です(笑)。関東圏でのフェア出店でもない限り、一年に一回しか食べられないのが残念だが、しっかり記憶に留めたい味だった。

     161023-6.jpg
 
 この店は平成6年(1994)に、旭川の元寿司職人が始めた店と聞く、札幌ラーメンより旭川ラーメンに近いらしいが、創業20年を過ぎて味も少しずつ変わって来たのだと思う、今は二郎系みたいなタイプや辛味系メニューも取り入れている。現在の経営は実質二代目、その跡継ぎも出来たみたいで(笑)、あと50年は続けられそうか?
 皆が消費を控えようとする昨今、札幌でも飲食店の現状が厳しい事は肌で感じた、スープカレー店が札幌市内で250店なら、ラーメン店は1000店以上あると云われている、その中で生き残って行くのは本当に大変だろうが、此の地でこれからも続いて欲しい名店だと思う。
 余裕があれば、店の近くにある海老出汁で知られるラーメン店も行ってみたかったが、さすがにそれは無理だった(笑)。もう足が痛くなって来たが、またホテルまで歩いて帰る事に、でもこれ位では三日間のカロリー過多は殆ど解消しないが(笑)。



  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

五反野「かみの屋」

 豚骨背脂系は苦手なので、事前情報でこの手の店と判ればパスするが、我家から自転車で行ける範囲のラーメン店なら一度は訪れる様にしている、ラーメンとスイーツは地元の店を応援したいと思っているからだ(笑)。
 今回初訪問の「かみの屋」もWEB情報でオープンを知った店、住所は足立区西綾瀬で、交通機関で一番近いのは東武スカイツリーラインの五反野駅になる、駅からは高架に沿って南へ進み、国道に出たら左折、足立コミュニティバスの「西綾瀬二丁目」停留所の目の前に店はある。我家から自転車で20分位だが、この辺りは飲食店も少なく、あまり来た事はなかった。
 事前情報では以前日本蕎麦の店舗で、居抜きで7月にオープンしたとの事。提供するのは「長岡生姜醤油中華そば」で、新潟県長岡出身の店主が始めた店らしい。長岡生姜醤油味は初体験だが、既にWEB上にUPされていたラーメン画像を見ると、私好みなビジュアル?なので(笑)、平日昼に訪れてみた。

        160804-1.jpg

 得意の開店口開け客、引戸を開けるとカウンターはなくテーブル席だけの店内、4人席に座らせてもらったが、店の雰囲気はたしかにラーメン屋と云うより蕎麦屋だ。

     160804-2.jpg

 壁上に掲げてある「お品書き」も蕎麦屋でよく使われる木製の物で、居抜きで入った時に引き継いだと思う。
 メニューは「長岡中華そば」(税込700円)、「味玉中華そば」(750円)、チャーシュー中華そば(800円)の三種類、あとは大盛りとトッピング増があるだけ、開業早々と云う事もあるが、冷たい麺もご飯類も置かない潔さはかえって好感が持てる、この中から「味玉中華そば」を普通盛りでお願いした。

     160804-3.jpg

 厨房内は店主と思われる男性が一人、店内を女性一人で担当するが奥様だろうか?

        160804-4.jpg

 テーブル上には共有の洗い箸、GABANの胡椒に楊枝と紙ナプキン、ラーメン屋にありがちな蘊蓄を書いた貼り紙等は無い(笑)。

     160804-5.jpg

 やがて運ばれてきた中華そば、見た目はすごく懐かしい感じ、醬油ベースのスープにメンマとほうれん草、薄切りだがチャーシューも4枚入っている、昔のラーメンには必須だったナルト巻に海苔、海苔の上には刻み生姜、味玉は+50円だから安いと思う。
 まずはスープからで、事前情報では長岡は豚骨ベースとあったが、清湯タイプで豚臭さはあまり感じない、おそらく昆布か鰹節みたいな和出汁も入っていると思う、生姜はそう目立たず控え目、醤油風味が効いていて、なかなか好みのスープだ(笑)。
 続いて麺、これは縮れがないストレートな中太麺、自家製麺ではないが歯応えは感じられる、美味しいが個人的な好みでは少し縮れが欲しい気もした。
 全体的には何処か懐かしく、子供の頃食べた東京下町ラーメンを思い出す、各パーツも丁寧な作りで、私のストライクゾーンに入った(笑)。
 或る飲食店関連のサイトによると、ラーメン、中華、そば・うどん業態では、開業後4割以上の店舗が営業1年以内に、7割以上の店舗が営業3年以内に閉店したと云う統計があるそうだ、たしかに地元でも現れては消えるのがラーメン店だ、此処も開業したばかりだが、内容に対して価格は良心的、出来るだけ長続きして欲しいなと願ってしまう、そのためにもまた来ないといけない(笑)。

 WEB上地図で店の場所を調べている時に、あまり離れていない場所に、或る史跡が存在する事を知ったので、食後に訪れてみる事にした。
 東武鉄道の高架に沿って南へ向かうと公園があり、それを右手に見て直進すると、JR常磐線、東京地下鉄千代田線、つくばエクスプレスの3線が通る鉄道高架がある、そこを抜けるとすぐ右手にあるのが「下山国鉄総裁追憶碑」だ。

     160804-6.jpg

 昭和24年7月6日早朝、国鉄(当時)常磐線北千住~綾瀬間の線路上で轢死体が発見され、やがて身元が前日から行方不明だった、当時の国鉄総裁下山定則と判明した事から、新聞紙上では自殺・他殺両説が紙面を賑わした、その後の警視庁捜査でも結論は出ず、結果を発表する事なく捜査打切りとなる、この謎は「下山事件」として後世に語り継がれる事になる。
 「日本の黒い霧」の松本清張を始め多くの作家、ジャーナリストがこの事件について取材をして記録を残している、私も何冊か読んだが、ジャーナリズムでは謀略他殺説を採るケースが多い、私も以前は他殺だと確信していたが、最近は少し違う見方もしている。ただ仮に自殺だったとしても、現在なら「パワハラによる過労からの自殺」として労災(公務員は公務災害)認定される筈だ、当時日本は連合国占領下、ドッジ・ラインに基づく国鉄人員整理を迫るGHQと、労働組合との板挟みになっていた事だけは間違いない。
 「追悼碑」ではなく「追憶碑」になっているのは、自殺か他殺か不明だからだろう、実際の轢死現場は碑のある地より少し西側になり、現場近くにあった元の記念碑は昭和45年に石碑に建て替えられ、その後高架橋の増設により現在地に移設された。
 事件から67年が経過し、関係者も殆ど彼岸へ行き、現場も当時を思わせるものは何も無いが、戦後の混乱期に巨大組織を率いて真剣に仕事をしていた一職業人として尊敬したい、私は近親者に旧国鉄関係者が居た事もあり、謹んで合掌をさせてもらった。


  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

葛飾水元「蓮」

 葛飾区の水元公園近くに、美味しい讃岐うどんの専門店があるとの噂は以前から聞いていた、2012年に開業し、自宅を改装した店舗で本格的な手打ちうどんを提供しているとの事。場所的には我家から自転車で行ける距離だが、元来私はラーメンor蕎麦派なので、なかなか「今日は饂飩を食べよう」と云う気にならず、土日は結構混んでいるとの情報もあり、つい見送っていた。
 4月以降は家に居る事が多くなったので平日に動ける、この日やっと訪問を実行、遠路?自転車で向かってみた。
 場所は中川に架かる飯塚橋から水元公園に向かう広い道を直進、左手にある葛飾清掃工場の建物と敷地を横目に見て、ツタヤがある手前で左折するとすぐ暖簾が見える、実はこの日予想より早く着いてしまい、ツタヤで料理雑誌を立読みしていた(笑)。

        160707-1.jpg

 11時半の開店時間になったので店前まで行ってみる、見かけは本当に普通の一軒家だ。ドアを開けて店内に入るとそこが玄関、「靴を脱ぐのかな?」と思ったが、先客が居ながら靴が置いてないので、靴のまま入っていいみたいだ、玄関左手が厨房と客席になる、想像していたより広く20人位は入れそう、カウンター席もある。

        160707-2.jpg

 自宅改造型のうどん店は、ブログに取り上げた事のある亀有の「菊屋」も同じだが、あちらは住宅のリビングを開放したみたいな店、それに較べると初めから店舗を想定したと思われる造りだ、近所に専用の駐車場まで用意してある。金町駅からはかなり歩くしバスもあるが、殆どは地元客みたいだ。

     160707-3.jpg

 カウンター席に座ってメニューを開く、注文の仕方がちょっと変わっていて、まずは、かけ、ざる等の饂飩の種類を選び、次に麺のサイズを選ぶ、小(150g)税込380円、並(250g)420円、中(350g)485円、大(500g)590円、特大(750g)755円、メガ(1kg)860円、メガ盛りなんて誰が食べるの?と思うが(笑)、値段は饂飩の量で決まり、種類は違っても同一料金と云う明瞭会計、他に天ぷらがオプションで注文出来る。更に平日ランチ時は「半かやくご飯」がサービスとの事だ。
 お腹具合を考えて、「かけ出汁うどん」の中(485円)に、かしわ天(130円)とごぼう天(95円)を加えて注文する、食べ過ぎかも知れない(笑)。この日は結構暑い日だったが、出汁の味を確認したく、あえて熱い饂飩にしてみた。

        160707-4.jpg

 饂飩は茹でるのにどうしても時間がかかるので店内観察、玄関には手打用の粉が積んであり、「かえし」等も置いてあった、2階は住居部分になっているが、WEB情報では客席としても使用しているみたいだ。厨房は店主の男性と奥様が手伝う、店内は女性が一人担当。

     160707-5.jpg
 饂飩一式が出来上がって来た。

        160707-6.jpg
 まずは「かけ出汁うどん」の中盛り
 出汁は昆布∔鰹節に加えて4種類のイリコ使用とあるが端麗で繊細、これは美味しい、おそらく讃岐の醤油だと思うが風味もいい、饂飩自体は変に歯応えを強調するのではなく、ツルっとした食感で出汁と合う。

        160707-7.jpg
 天ぷらは鶏と牛蒡、特に手前の牛蒡が良かった、かき揚げではなく、太目の牛蒡を削いで揚げた物で、牛蒡の食感、香りが生きていた。

        160707-8.jpg
 ランチサービスの小炊込みご飯、鶏肉と青菜のシンプルさだが、出汁が良いからだろう美味、我家でも炊き込み飯を作るが、量が違う事もあり、こうした味にならない(笑)。

 噂どおり美味しい饂飩でした、お腹一杯になって支払いは計710円也、内容を考えたら安いと思う。前述のとおり私は頻繁にうどん店巡りをしている訳ではないが、それでも過去東京で食べた中では、行列が出来る店として知られる、神保町「丸香」クラスの実力はあるのでは?と思った。
 自転車で来られる距離なのに、今迄訪れなかった事を後悔する、「幸せの青い鳥」は意外にも身近にいた(笑)。

     160707-9.jpg

 店内は次々と来客があり、近くの清掃工場の関係者ではないかと思える作業着姿の男性も数人、店内は男性客が殆どだ「饂飩は男の食べ物」?道路を挟んだ向かいにはパンケーキで有名な大手珈琲チェーン店があり、チャイルドシートの付いた自転車が並んでいるので、女子会ランチはあちらでと云う事かも知れない(笑)。
 此処は再訪するつもりだ、次は冷たい饂飩を試してみたいと思う。


  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -