最後の晩餐にはまだ早い


大阪・南森町「香味」(2017関西食べ続け⑤) 

 何かを食べ、その移動だけではあまりにも芸がないと思い(笑)、大阪3日目は少し観光的な事もしておこうと、向かったのは中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館、陶磁器好きに垂涎の朝鮮・中国の名品ばかり収めた、旧安宅コレクションを土台にした美術館だ。

        170314-1.jpg
 現在開催中の特別展「台北國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆」が目的だった。
 http://www.moco.or.jp/exhibition/current/?e=366    
 汝窯とは中国河南省にあった宮廷用の窯場で、北宋時代(960~1127)に最も栄え主に青磁が焼かれた、独特の色合いは「雨過天青」と呼ばれ、雨が上がって雲間に見える透き通った青空の色に例えられる。
 北宋青磁の代表類型が、器の中で水仙を育てたとされる楕円形の水仙盆、勿論宮廷で使われた物だ、この世界的名品が4点、台湾の故宮博物院から貸し出され、更には後年景徳鎮で焼かれたレプリカと、元々東洋陶磁美術館の所蔵だった水仙盆も加えて計6点が特別展示されている、やきもの好きとしては必見の展覧会だ。

     170314-2.jpg
 会場は2階で、一番目立つ部屋に陳列されていた、中でも海外初公開の無紋(貫入がない)の大型盆は「人類史上最高のやきもの」との説明がある、史上最高かどうかは別にしても、これは見る価値のある歴史的逸品、深く吸い込まれそうな奥行き、滑らかな質感と今焼き上がったみたいな色の鮮やかさは「凄い」としか表現できない、照明に工夫はあるが、自然光の下ならもっと素晴らしく見えるだろうと思った。当時の技術で青磁の完品を作るのは大変難しく、一個の完成品を得るために無駄になった未完成品は相当数あった事だろう、製作に関わった職人達の情熱にも思いを馳せる。
 これだけの名品が日本で一堂に揃う事は、おそらく二度ないと思うので、興味のある人は見逃さない様に、会期は3月26日迄です。

        170314-3.jpg
 この日の夜は芦屋まで出かけるので、ホテルのある天王寺まで戻るのは面倒、何処か近くでランチと思い、向かったのは昨年も昼に訪れた南森町の「中国菜 香味(シャンウェイ)」、中之島から歩いて行ける場所だ。
 入店は開店時間の11時半直後で一番乗り、矢谷料理長に挨拶して奥のテーブルに座らせてもらった。

        170314-4.jpg
 「本日のランチ」(税込850円)は3種類、選んだのは日替りの「牛肉と色々野菜のオイスターソース炒め」に。
昼休み前なので他の客は居なかったが、食事中に続いて来た、大阪地方裁判所が近いからその関係者が多いらしく、13時迄が勝負時だ。

     170314-5.jpg
・牛肉と色々野菜のオイスターソース炒め

        170314-6.jpg
・主菜部分

     170314-7.jpg
・玉子スープ

 「551蓬莱」でも感じた事だが、大阪中華は総じて一口目はあっさり目、普段刺激味に慣れている東京人には少し塩気が足りない印象もする、だが食べ続けて居ると味のベースになる湯がしっかりしているので、この薄味が必然になって来る、前半より後半勝負と云う感じだ、牛肉喰いの伝統が東京よりあるので、中国料理での牛肉の扱いも長けている、高温で炒めても硬くならず、味が抜けないよう工夫がされている。
 最近はスーパーでも見かける中国野菜のターツァイ(搨菜)だが、元は千葉県柏市の老舗中華「知味斎」が使い始め、他の中国野菜と共に近隣で栽培もしていた、矢谷氏はその店で働いていたので、中国野菜使いに関しては正統派、美味しい理由がわかる、この日のターツァイは矢谷氏の父親が栽培している物と聞いた。
 玉子スープも上品な上湯が特徴的な優しい味でした。

     170314-8.jpg
 店の在る場所は官庁街なので、昼は850円の定食だけだが、夜席はかなり本格的な中国料理も提供している、入口に近い円卓では先日食の専門家達がマニアックな料理を堪能したと聞く(笑)。関西へ行くとなると、どうしてもフレンチ等のヨコメシ系中心になってしまうが、一度この店の本格料理も食べてみたいものだ。
 作った料理人の人柄が偲ばれる優しい味わいの料理、ご馳走様でした。去年はランチ延長戦として、続きで近くにある本格手打蕎麦「荒凡夫」へ行ってしまった、今年も髪は少ないながら、後ろ髪惹かれる思いだったが、夜も考えて自制する(笑)。
 私はこのまま梅田駅まで歩き、夜の食事のため芦屋へ向かう事に、関西食の修行(苦行?)はやっと道半ばです(笑)。


スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

関西国際空港「551蓬莱関西空港店」(2017関西食べ続け①)

 最近の国内移動はLCC利用専門になってしまい、新幹線の乗り方は忘れてしまった(笑)、大阪往復は時期にもよるが倍以上の価格差があると、やはり安い方を選んでしまう、「そのお金あればレストラン1回行ける」と思ってしまうからだ、普段節約生活をしている私みたいな人間に「こうした時くらい贅沢しろ」と云われても、出来る訳がない(笑)。

     170226-1.jpg
 そうした理由で、今年も遠路の成田第3ターミナルから出発、J社は機内持込み荷物一人7kgまで、全便ではないが計測もやっている、今回かなり荷物を減らしたつもりだが、それでも6.5kgあった、でも「重量制限のおかげで、お土産はありません」との言い訳も出来るので、利点もある事に気付いてしまったが(笑)。

        170226-2.jpg
 今回の関西食べ続けは関空内から始める事にした、前回の札幌行で「成田第3ターミナルでの食事は避けるべき」を痛感したので、関空到着は13時過ぎだが昼食は未だだった、このまま電車に乗ってしまうと大阪市内まで1時間あるから、やはり何か食べておこうと思った。
 事前に関空のWEBサイトを調べ、大阪在住のグルメな人にも相談し、利用を予定していたのは「蓬莱」だった、そう「551豚まん」であまりにも有名な店だ。店舗の前まで行ったら行列が出来ているのであきらめかけたが、これは名物の豚まんを買う人達だった、店内で食べるなら案内可能みたいなので、入口で待っていたらカウンター席を勧められた。

     170226-3.jpg
 そんなに広い店内ではないが賑わっている、ランチメニューは数種あるが、やはり此処へ来たら豚まんは食べてみたい、そこで「551蓬莱名物」と特筆された「海鮮焼そばセットメニュー」で、焼そば+豚まん∔スープの組合せAセット(税込1,140円)をお願いする事にした。

        170226-4.jpg
 わりと短い時間で出て来たのがスペシャリテの豚まん、WEB情報によると各店舗では手包みの作り立て、駅等の売店ではセントラルキッチン製のチルド品、空港等の売店では別会社の冷凍品との事、この空港内レストランではおそらくチルドだと思ったのだが、実際はどうなのだろう?皮部分は厚め、中の肉餡も東京の同種の物に比べると薄味に感じる、面白いのは東京の定番「肉まん&ソース」ではなく、テーブルにソース類は無く、辛子醤油で食べるのが此処の「正調」らしい、隣の女性もそうして食べていたので倣ったが、途中でやはりソースを付けたくなった(笑)。味はまあ普通でした、これは「大阪のソウルフード」とも言えるので、批評対象にする物では無さそう(笑)。

     170226-5.jpg
 これもスペシャリテらしい海鮮焼そば、見かけどおりの味と云ったら外れていないと思う(笑)、あんかけタイプだが味のエッジを際立たせるのではなく、塩味穏やかな関西風、蓬莱と違い、東京にも出店している「大阪王将」の料理味に通じるものがあると感じた。海老や野菜の質も悪くない、これだけ客が回転しているなら鮮度も問題ないと思う。

        170226-6.jpg
 玉子スープも優しく柔らかな味だった、この「優しく柔らかい」が和洋中を問わず、関西の料理全体に共通するものではないかと思う、大阪的に云えば「おかんの味」なのかも知れない、関東味が男性名詞なら、関西味は女性名詞と云えそう(笑)。そして関西の飲食店は女性の活躍が目立つ。
 この3点セットで1,140円、空港内と云う特殊性を考えれば、まあ納得出来る内容だと思う、成田第3ターミナルのフードコートの食事は落胆と絶望しかないが、これなら感動はなくても意気消沈はしない、食旅行を続ける起点で躓きたくないから、これはありだと思った(笑)。

        170226-7.jpg
 食後はJR空港快速で天王寺駅へ、「あべのハルカス」を横目に見ながらホテルへ向かう。あらためて見るとこのデザインは高層建築の割に威圧感が少なく、なかなかいい建物だと思う、去年まで高層建築内で働いていたので、「働きたくなるビル」と「働きたくなくなるビル」があるのを知っている(笑)、このビルは前者だと思った。

     170226-8.jpg
 ホテル内で暫しの休憩後、向かったのは大阪市営地下鉄四つ橋線の玉出駅、パチンコ店にはピッタリの地名だが(笑)、初日夜に訪問するのはフランス料理店で、「おかん」ではなく「親父フレンチ」、詳しくは次回記事で書く事にしたい。
 

  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

西新井「香府山」

 足立区内の西新井大師近くに秀逸な中国料理店があるとの噂は、足立区特集のムック本やWEB情報で知っていた。何でも元々此の地で40年続いた街場の中華料理店を、銀座の有名中華店で修行した二代目がリニューアルし、本格的な中国料理を出す店として、2014年に店名も変え再スタートしたとの事だ。
 以前から行ってみたいと思っていたが、調べてみるとアクセスがよくない、一番近い駅は東武スカイツリーラインの「大師前」駅だが、そこからでも10分は歩く、我家から自転車だと30分以上はかかりそうなので、寒い日が続いていた事もあり見送っていた。
 この日、1月ながら春を思わせる暖かな陽気で自転車の大敵である強風もない、「よし、今日こそ行ってみよう」と店へ向かう事にした。

     170208-1.jpg
 亀有方面から自転車で行く時は環七を西に向かい、4号線(日光街道)を過ぎ、西新井大師前の交差点を右折し、4つ目の信号を左折してすぐ、角に「十勝甘納豆本舗西新井大師店」の立派な建物があるので目印になる。
 店の名前は「香府山」で「シャン・フ・ザン」と読む、WEB情報では二代目が修行した2店から一字ずつ取ったとある、一つは「過門香」だが「府」はどの店だろう?
 外観は改装後2年なので新しい、「中華麺DINING」との表記があり、ランチタイムは麺が中心になるが、夜はコース料理も提供しているみたいだ。

        170208-2.jpg
 11時半の開店直後に入店する、ドアを開けると店主の奥様だろうか女性が案内してくれて、カウンター席に座らせてもらう。

        170208-3.jpg
 ランチタイムの麺、飯、点心類のメニュー、結構種類豊富だが、この他にも点心2種とプチデザートが付くお得なサービスランチが5種類あり、その中から一番先に目に入った「担々麺」(税込1,000円)をお願いする事にした、これ食べれば店の実力は大体判る筈(笑)。

     170208-4.jpg
 目の前には厨房、店主はまだ若い40歳前ではないか?客から見えるオープンキッチンは整理整頓掃除が必須だが、問題なく行き届いている。平日の正午前ながら次々と客が入店して来た、見た感じでは地元客だと思う。

     170208-5.jpg
 卓上の味変アイテム、醤油以外は自家製の薬膳酢、特製ラー油、オリジナル辣粉と説明があった。

     170208-6.jpg
・担々麺(中国語では「々」は使わないが、店表記どおりに)サービスランチセット。

        170208-7.jpg
・麺のアップ

        170208-8.jpg
・点心(小籠包、焼売)、これにライスがサービスされる。

        170208-9.jpg
・杏仁豆腐

 まずはいつもどおりにスープを一口、いきなり辛さを感じるのではなく、香辛料が混ざった香りの後に奥深い辛さ、最後に胡麻の甘味がやって来る、ベースのスープもしっかりしていて味が立体的、これは「おぬし出来るな」と云う味だ(笑)。続いて麺だが中細で縮れは殆ど無い、モチモチとした食感でいい小麦を使っているのは判った、上に乗せた挽肉も上質だ。他店の担担麺では唐辛子の辛さと胡麻の甘味しか感じない物に出会う事もあるが、これは一つの丼の中に複雑な滋味が重なって感じられ、最後まで飽きないで食べられる。
 小籠包&焼売も自家製だろう何より皮が違う、足立区内では北千住の「鶴亀飯店」に同種のランチセットがあるが、麺自体は別にしても、点心類はこちらに分がありそう。
 こうした店ではオマケ的に付いている杏仁豆腐だが、これも自家製だと思った、キチンと作っていて美味、甘味好きにはポイント高くなる(笑)。

 ネット上の噂はあてにならない時もあるが、この店に関しては評判以上の実力を感じさせる満足度の高いランチだった、隣席の女性が食べていた「五目あんかけ麺」も旨そうだったし、これは近い内に再訪したい店だと思った。夜のコース料理も体験したいが、電車だと大回りして行く事になるし、自転車は飲酒運転ご法度だ(笑)、当面はランチタイム訪問になるが、次何を食べるか考えるのも今から楽しみ、久々にいい中華を見つけた(笑)。

     170208-10.jpg
 気分が良くなったので、帰りはすぐ近くにある「十勝甘納豆本舗西新井大師店」に入って甘納豆を見ていたら、作務衣を着た渋味あるオバサマが「こちらお得ですよ」と、賞味期限が迫り半額になった物を勧めるので買ってしまった(笑)、これも美味でした。
 地元には自分が知らない「いい店」がまだありそうだ、自転車での美味巡礼はこれからも続く(笑)。


  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

綾瀬「たまき」

 地元店の記事はアクセス数が減る傾向があるが(笑)、この店はどうしても書いておきたかったのが、千代田線綾瀬駅前にある中華料理「たまき」だ。
 店の存在はだいぶ前から知っていたが、どこか寂れたみたいな佇まいから、入いってみようと云う気にならなかった、ところが何人かがブログで取り上げているのを知り、その中には「名店」と書いている人も居たので、これは一度行ってみる必要があると、近くの整体治療院に行った帰りに昼間寄ってみる事にした。

     170107-1.jpg
 店の場所は綾瀬駅の東口を出て南側へ歩いてすぐ、高架下に青果店があり、その前に凸の形になった小さな袋小路があるがその右奥、左側には朝4時から夜11時まで営業する定食・居酒屋、奥にもランチ営業している居酒屋があって、ちょっとディープな雰囲気のグルメスポット?になっている。

     170107-2.jpg
 赤いテント、白地に赤い字で「中華そば」の暖簾、時代を経た料理サンプルと、お約束通りの「昭和中華」そのまま(笑)、入口の傍らには出前に使ったのか出前機(バイクの後ろに付ける大きなバネが付いた物)の残骸が置いてあり、以前は出前もしていたみたいだ。WEB情報では開業から30年以上過ぎているらしい。

        170107-3.jpg
 店内も外観同様に古びている、「汚れている」と云うより「古びている」と云った方がいいと思うが、経年で変色した壁紙、破れた表面をガムテープで補修した椅子、赤いデコラのカウンターには井之頭五郎が座っていそうな雰囲気、大きな招き猫の置物が妙に艶めかしい(笑)、テーブルが1卓4席、カウンターが7席。

     170107-4.jpg
 メニューは赤い紙に黒字で手書きしたものが下がっている、チャーハン(「炒飯」ではない)がスペシャリテみたいで、麺との組合せメニューも多い。何にしようか迷ったが「モヤシソバ」が好きなので、「チャーハン・モヤシソバ」のセット(750円)に決めた。
 店は高齢夫婦が二人でやっている、水を運んで来た奥さんに注文を入れたら、厨房まで回ってご主人の耳元でそれを通している、「耳が遠いのかな?」と思ったのだが、そうではないみたいで、店内で大きい声を出さない主義なのかも知れない、そう云えばWEB上でも「ご主人は大人しくて草食系」みたいに書かれていたが物静かな印象、奥さんも調理に関わり、麺を茹でたりしている、この奥さん品のいい人で、若い頃は「~小町」位に云われたのでは?(笑)。

     170107-5.jpg
 目の前には調味料等、割箸入れと辣油入れは相当の年期物、変色して辣油入れの表面には油が張り付いている、潔癖な人にはNGだろうが、私はかえって懐かしく感じてしまう(笑)、テレビが点けっ放しなのも最近のストイック系ラーメン専門店とは違う。

        170107-6.jpg
 そして出来上がってきたのが「モヤシソバ」、見かけはストライクだ(笑)、まずスープを一口啜るが、脳が「ああ、昭和だ」と反応する(笑)、鶏ガラと野菜で採った薄めのダシ、微かに酸味を感じる醤油味、おそらく化学調味料も使っているだろうが気にならない量、餡かけも優しくご主人の印象そのまま、麺は細目でこれも昭和風で私好み。

        170107-7.jpg
 続いてチャーハンが来たが「半炒飯」ではなく充分一人前ある、見ただけで旨そう(笑)。具は玉子とチャーシューと長葱だけ、口中に入れると香油を纏った米粒がハラハラと崩れ、その後に芳しい香りと食感が広がる、「シンプル・イズ・ベスト」な感じで、これが家庭では作れない。

        170107-8.jpg
 井之頭五郎は「お新香の旨い店は、料理も旨い店だ」と云っているが、それが正しい事を証明する、自家製だと思う漬物(笑)。

 美味でした、文字どおり「昭和中華」と云う感じで、昭和世代の琴線に触れる味だった、この店の近くにはブログ記事にした「綾瀬飯店」があるが、あちらも店の雰囲気は昭和だが、料理人は二代目みたいで若く、若干「平成」が入っている、正調さではこちらの店かも知れない。

     170107-9.jpg
 昭和味がすっかり気に入ってしまい続けて行ったのだが、再訪問時が「チャーハン・タンメン」(750円)、このタンメンも期待どおり薄味の昭和タンメンでした(笑)。

     170107-10.jpg
 そして再々訪問時の注文が「肉野菜イタメ・ライス」(730円)、何故か「肉野菜炒めライス」ではない(笑)。これも昭和中華の定番メニューで、この店では肉は別に炒め、最後に野菜の上に乗せている、全体的に優しく薄味なのも私好み。

 最近の東京では、大陸系の人達が開く中国料理店ばかりになり、昭和から続いた街場中華は後継者不在から絶滅危惧種になりつつある。大陸系の店は何処も安くてそれなりに美味しいが、私が子供時代に馴染んだ中華味では無い、何か違うのだ、その何かを求めて、またこの店に行くと思う(笑)。


  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

神田須田町「雲林坊 秋葉原店」(2016年7月)

 TVの影響か、サラリーマンの昼飯を略して「サラメシ」と呼ぶのがブームみたいだが、以前から食業界関係では、フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、最近はノルディックも加え?これらを総称して俗に「ヨコメシ」と呼んでいた、これはメニューを横書きするのでそう呼ぶと聞いた、和食や中国料理は縦書きなので「タテメシ」になる。
 これは私だけではないと思うが、夏、特に8月前半の酷暑時期はヨコメシ指数がどうしても落ちる、外へ行く事自体も億劫になるが、もし外食となってもヨコメシ以外を選びがちだ、私の場合食べたくなるのが刺激味系(笑)、インド・ネパール系や中国四川系の料理で、日本、特に都市部の夏は、インドベンガル地方や四川省級の過酷な暑さなのかも知れない(笑)。

     160812-1.jpg

 この日、ヨドバシアキバに用があり、ついでに何処かで簡単にランチを食べようと思ったが、秋葉原はマニア系とラーメンとカレーの聖地(笑)、店が多過ぎてかえって選ぶのに迷ってしまう。
 結局決めたのは、既訪問店である須田町の担担麺専門店「雲林坊」、此処も一年以上ご無沙汰していた。神田「やぶそば」の向かいにある四川料理「雲林」の支店で、九段、秋葉原に加え、昨年日本橋室町にも同名の系列店を開業した。

        160812-2.jpg

 須田町界隈ではランチの人気店、昼休み前に入るつもりで開店直後に行ったのだが、既に先客が3名、私の後も次々と来客があり満席に、食べ終わる頃には席待ち客まで並んでいた、皆私同様に「酷暑を乗り切るには何より辛味」と考えているのかも?(笑)。
 食券方式なので先に食べる物を決めるが、この日は汁あり担担麺に、今迄食べていなかった麻婆豆腐丼(小)が付いたセット(1,150円)に決めた、刺激+炭水化物のダブル攻めだ(笑)、カウンター奥に座り食券を出して暫し待つ事に。

     160812-3.jpg
 卓上には共有の洗い箸を納めた抽斗と上にレンゲを入れた同サイズの小籠、亀有の「炎真」も同じスタイルだが、省スペース仕様でいいやり方だと思う。

     160812-4.jpg
 「スープへのこだわり」、こうした蘊蓄表示はやり過ぎると客が白けるが、頭上の目立たない場所なので、あまり気にならない(笑)。

     160812-5.jpg
 そして登場したのが汁あり担担麺、スープを一口飲むと「そうそう、この味」と記憶が蘇る(笑)、唐辛子の辛味がキリッと効いた刺激系、スープのベースがしっかりしているので辛さだけが尖っていない、麺は中太のストレート系、全粒粉が入っているのか歯応えと香りが良く、唐辛子スープの強さに負けていない。他店でも刺激味系の担担麺を食べて来たが、スープに麺が負けている場合が多かった、この担担麺はいいバランスだ。

        160812-6.jpg
 続いて小麻婆豆腐丼、店では「陳麻婆豆腐」を名乗っているが、陳健民の四川飯店系なのか、四川成都にある「陳麻婆豆腐店」の名から取ったのかは不明。

        160812-7.jpg
 丼に付く和え物

 麻婆豆腐を食べると山椒の香りが鼻腔に抜け痺れ感が舌を刺激する、日本的に柔らかくしていない、片栗粉のトロミは殆ど付けずスープカレーみたいな緩さ、ご飯に対し汁が多い「つゆだく」状態で、もう少しご飯が欲しくなる(笑)。
 麻婆豆腐丼としては刺激があって美味しいが、担担麺と同時に食べると、辛さと痺れ感の質が違うので、味が打ち消し合う感じもした。あくまでも個人的感想だが、麻婆豆腐が食べたいなら単体で、担担麺にご飯が欲しかったら通常の白ご飯の方が合うと思った。
 辛さと痺れのダブルパンチは結構効いたが(笑)、暑く高湿度な夏に弱りがちな胃腸を鼓舞するには向いていると思う、気候と食べ物には関連性がある。

        160812-8.jpg
 
 帰りはこの界隈に僅かに残る「看板建築」を見る事に、関東大震災後に建てられた、建物前面を銅板やモルタルで洋風に装飾し、中身は木造日本家屋の建築様式の事で、この「海老原商店」は1928年(昭和3年)の建築、戦時中も空襲被害に遭わなかったのでそのまま残った。昭和・平成を生きた建物は見るだけならとても味があるが、この古さではやがて消えゆく運命だろう、見ておくなら今のうちかも知れない。

     160812-9.jpg

 暑い中歩いていたら辛味効果が効き冷たい物が欲しくなり、セブンイレブンに入って「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」(140円)を買ってしまった、これを舐めながら隣の御徒町まで歩いたが、すれ違った人にはきっと「変な親父だ」と思われた事だろう(笑)。


  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -