最後の晩餐にはまだ早い


南千住(浅草)「パスティチェリア・バール・アルテ」

 前記事のとんかつ店が自転車で片道40分、これで少し自信が付いたから、運動不足解消も兼ねて、もう少し遠くまで行ってみようと思った、八潮市のリトルパキスタンにカレー食べに行きたかったが、近くても都県を跨ぐことになるので、埼玉県民から非難されてもいけない(笑)。地図の北ではなく南の方を見ると、墨田区、荒川区、台東区の一部が意外に近い、それで思い付いたのが、以前は何度か伺っていた、南千住(浅草)のイタリア料理&ドルチェの店「パスティチェリア・バール・アルテ」だった。
 数年前までは平日ランチタイムも営業していたが、その後諸事情により夜中心の営業形態へ変更、それもあってご無沙汰していたのだが、今回の緊急事態宣言により営業時間を変更、ランチタイム営業を復活したと聞き、近いうちに行こうと思っていた処だった。
 我家からだと荒川上の堀切橋、隅田川に架かる千住汐入大橋を渡る、あとは隅田川沿いを下流に向かって走り、白髭橋で右折すれば、店が在る台東区清川になる。私は子供時代を向島で過ごしたから知っているが、昔の隅田川は異様な臭いがあった、今はすっかり水が綺麗になり、サイクリングロードも整備され思っていたより快適、でも清川到着時は息が切れていた、マスク+自転車長距離は結構心肺負担になる(笑)。

        200605-10.jpg
 時節柄、テイクアウト商品も提供している。
 入店して相越料理長夫妻に挨拶するが、途中リタイアするといけないと思い、アポなしだったので驚かせてしまった、私は白髪が増えたがお二人とも以前と変わりなかった。
     200605-1.jpg
 久しぶりを詫びてテーブル席に座るが、店内が以前と少し変わっていた、店売りケーキ用の冷蔵ケースを縮小し、代わりにカウンター席を設置、奥の元カウンター席はメニューと酒類置き場に、よく頭をぶつけていたイタリア製の照明も小さなLEDに変わっていた。
 ランチセットは「ツナとポモドーロのスパゲッティ」か「木の子のリゾット」、これにサラダ、フォカッチャ、ドリンクが付いて900円(税別)は場所柄を考えても安い(笑)、この他に少し時間はかかるがアラカルトも一部可能との事で、黒板メニューの中から「もち豚バラ肉のビール煮込み」(1,300円)を追加でお願いする事にした。
        200605-2.jpg
 飲酒運転?になるといけないので、イタリア・リアルド産の炭酸水「Ferrarelle」(650円)。
        200605-3.jpg
 グリーンサラダ、何気ないものだが葉の新鮮さと、油と酢の扱いがいい。
     200605-4.jpg
 「ツナとポモドーロのスパゲッティ」、文字どおりの料理だが、パスタの茹で方、トマトソースの穏やかながら奥行きある味わいは、家では出せないプロの味と云う印象、量もしっかりあるのは嬉しい。
        200605-5.jpg
 自家製フォカッチャ、美味しい。
     200605-6.jpg
 続いて「もち豚バラ肉のビール煮込み」、これもしっかり量がある、炒めた玉葱の甘味とビールの微かな苦味が、豚バラ肉の脂の香りと味を引き立たせている、いきなり予約なしで来た客にこれを出せるのは立派、そして値段が安い(笑)。
     200605-7.jpg
 お腹一杯になったが、此処は元々洋菓子店からスタートした店なので「ドルチェ喰わぬは男の恥」(笑)、店売り用ケースの商品から選ぶ事に。
        200605-8.jpg
 ズッパイングレーゼ(税別400円)
 直訳すれば「英国人のスープ」、シロップで湿らせたスポンジとカスタードクリームを重ね、スープ状に柔らかく作るデザートだが、これは持ち帰り可能な状態にしている、オレンジの香りを付け、夏向けの爽やかな味わい。
 何故か続けて2品目を、「ドルチェは別腹」と勿論いただく事に(笑)。
     200605-9.jpg
 パスティエーラ(400円)
 ナポリ発祥のリコッタチーズと小麦の粒を使ったタルト、復活祭に食べるそうで、いかにも南イタリアらしい素朴な美味しさ。
 コーヒー
 久しぶりだったが、「アルテ」の料理もドルチェもやはり美味しいなと、地元や都心のイタリア料理店と比べてもそう思う、暫くはランチ営業続けるみたいで、今日で自信が付いたから、また自転車で来ようと思った。
        200605-11.jpg
 コロナ太りへのカロリー摂取過多の危険領域に突入したので、帰りも隅田川沿いを力走?するが、身体が重くなった後の亀走りなので、とてもカロリー消費には足りない、昔はあの場所に無かったスカイツリーや高い建物に笑われているような錯覚になる(笑)。
 脚と腰は痛くなったが、懐かしい風景と美味しい人達に会えた日だった。
 


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

本郷三丁目「クッチーナ イタリアーナ ラ・コッリーナ」

 2月の「関西食べ続け」からフランス料理が続き、たまにはイタリア料理それも新規開拓店のランチへ行こうとの話を食仲間としていた。
 其処で選んだのが、去年3月に文京区本郷三丁目にオープンした「クッチーナ イタリアーナ ラ・コッリーナ」。私は此処から歩いて10分の場所に長年勤めていたから、土地勘あるので迷わず行ける。
 店に近い駅は本郷三丁目だが、私は千代田線の方が便利なので、湯島駅から歩いて行く事に。「三組坂」と名前の付いた結構急な坂道の界隈は、昔ラブホテルが林立していたが今は少なくなった、経済が停滞すると草食系ばかり増え需要がなくなったのかも知れない(笑)。この坂を昇り切り霊雲寺の前を進むと、日本サッカー協会が在る事から「サッカー通り」と呼ばれる道との交差点にコンビニが見える、その先右手に店がある、利用した事はないが以前はフランス料理店だったそうだ、斜め前にはブログ記事で紹介した伊勢うどんの店がある。
     200406-1.jpg
 2019年3月の開業、「ラ・コッリーナ‘La Collina’」とはイタリア語で「丘」の意味、坂道の上だから名付けたのだと思う。
        200406-2.jpg
 店前に置いてある黒板にランチメニューの案内がある、税込1,600円と3,000円の2種で予約時に後者をお願いしていた、内容は週替わりのようだ。
 入店してサービス担当の男性に名前を告げテーブル席に座る、カウンターはなく全部で18席、此の日全て埋まり2回転する席もあった、開店一年で且つ難しい時期だが既に人気店になっている様子だ。
 友人も到着し始まった料理は以下のとおり、

     200406-3.jpg
・彩り野菜のバーニャガウダ、空豆アンチョビソース

        200406-4.jpg
・白ワインは伊マルケ州のCasal Di Serra Verdicchio2018(グラス800円)

     200406-5.jpg
・自家製フォカッチャ

        200406-6.jpg
・フォカッチャ用オリーブオイル

        200406-7.jpg
・鶏ササミとドライトマトペースト、レタス、スパゲッティーニ

     200406-8.jpg
・サルシッチャを詰めたロールキャベツ トマト煮

        200406-9.jpg
・ホワイトチョコレートのババロワ はちみつ紅茶風味

        200406-10.jpg
・エスプレッソ

 まずは両方のメニュー共通のバーニャガウダからで、定番のアンチョビソースに空豆のピュレを加えたのが珍しい、アンチョビの塩辛さを和らげ豆の香りを加える事により、味のアクセントを付けている、「~ファームの野菜」みたいなブランド野菜ではないと思うが、どれも鮮度がよく処理も適切、特に根菜が旨いと思った。
 イタリア料理の華とも云えるパスタは細い乾麺を使ったもの、茹で具合はジャストでレタスの歯応えとの相乗効果により、シンプルだがプロならではの味だと感じさせる。
 メインはイタリア版ソーセージを使ったロールキャベツで、何処か家庭的なマンマの味と云う印象、この分かり易さは好感持てる(笑)。
 ドルチェもフレンチのデセールと違い、甘さ美味しさがストレートに来て、何処かホッとする安心感がある。エスプレッソはイタリア料理店の方が、気のせいかも知れないがフレンチより美味しく感じる(笑)。
 名刺交換させてもらったが、料理長は上田健史氏、話を聞くとイタリア修行後、東京ステーションホテル内のイタリア料理店を経て独立開業したそうだ、何処となく若さを感じる料理から30代後半位?と予想したが40代半ばとの事。ホテルレストラン出身だけあって、前菜からドルチェ迄バランスが取れ、サプライズ感より安心して美味しいと思える料理だった。
 サービスの男性は料理人の親族かな?と思ったが違い、前店時代から料理人と一緒に働いていた仲だそうだ、穏やかなサービスも良好で今度は夜にも来てみたいと思った。何よりこの時期なのに満席だったのが店の実力を証明している。
        200406-11.jpg
・お土産用に買った自家製ビスコッティ2種(1袋400円)
 私は食べてなく知人に渡したのだが、美味しいと評判だった。

 特筆しておきたいのは、メニュー価格が税込でサービス料等が付加されない事(夜は一人500円のコペルトあり)、グラスワイン1杯注文しても支払3,800円なので明朗会計、これは他店も見習って欲しいと思う、ランチメニューが2,000円なのに支払いが4,500円になった話などを聞くにつれ、日本の飲食店会計はもっと判り易くすべきと以前から思っていた。
 此の店もそうだが、最近ブログ記事にした南青山「MAMA」や麻布十番「リネディ」、更には乃木坂「タンモア」など、明朗な価格表示に努めている店は、何処も料理がよくリピートしたいと思うのは私だけか?
 今イタリア国内が大変な事になっているので、応援した気持ちは勿論あるが、ただイタリア料理を食べるなら、暫くは東京の方がよさそうだ(笑)。
 


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

お花茶屋「マチルダ(matilda)」

 以前のブログ記事で、新しく行く店は他のブログや料理人&パティシェからの情報に負う事が多いと書いたが、今回紹介する店も料理人から教えてもらったピッツェリア。
 店の名前は「マチルダ(matilda)」でピッツェリアらしくないが、教えてくれた人によると、麻布十番の人気店「サヴォイ」出身で、薪釜によるナポリピザを提供、縁を黒くなるまで強く焼くのが特徴で、美味しいとの話だった。場所は京成電鉄のお花茶屋駅近くなので、我家から自転車で行ける、早速天気のいい日に行ってみる事にした。
 WEB情報によると2017年6月の開業、店主は寺嶋さんと云う方で、前述のとおり「サヴォイ」で働いた後、代々木八幡「ルカナル」で薪窯担当だったが、此の店が煙の問題で移転を余儀なくされ、その時に使っていた窯を譲り受ける形で、地元のお花茶屋で独立開業したとある。
     200128-1.jpg
 店の場所はお花茶屋駅北側、商店街を進み最初の信号一つ手前の道を左折すると、右側にイタリア国旗が見える店。
 店前に赤いドラム缶、その前に薪が積んであり、ピッツェリアらしい雰囲気十分。ピザのテイクアウト(和製英語だが)もやっているようだ。
        200128-2.jpg
 11時半の開店直後に入店、奥に長い店内で仕切りの向こう側にも客席がある。手前の木製ベンチ席に座った、店内は絵や装飾小物で結構ゴチャゴチャしている(笑)。厨房は店主らしき男性と店内を担当する女性、夫妻だろうか?
     200128-3.jpg
 カウンター席もあるが通常は使っていないみたいだ、厨房との境目の高い位置に開口部があり、以前の店舗は何だったのだろう?
 店入口近くに薪窯が置いてあるが、煉瓦やタイルを積んだのではなく金属製で、私が「ロボコップ型」と呼んでいるタイプ(笑)。
        200128-4.jpg
 ランチメニュー。ピッツァがメインだが、パスタや数量限定の「牛ハラミのグリル」もある。初回だから実力拝見で、まずはピッツァだろうと思い、定番中の定番「マルゲリータ」(サラダ・ドリンク付で税別1,000円)に決め、飲み物はコーヒーでお願いした。
        200128-5.jpg
 まずはサラダから、結構量もあって野菜の質も悪くない、ドレッシングに甘味があり「何の甘さだろう?」と思ったが、おそらく摺った玉ねぎのようだ。
     200128-6.jpg
 サラダを食べ終わった頃に出来上がったマルゲリータ、見かけは結構美味しそうに見える。「とんかつ」の場合、左から三切れ目から食べる、いや右端からだとか諸説あるが、ピッツァの場合、何処から食べ始めるべきか?(笑)。もっともあらかじめ切れ込みを入れるのはアメリカ由来で、イタリアではナイフ&フォークで食べると聞いたが。
 手前から食べてみるが、まず生地が美味しい。良質なラーメン店の麺と同じく、粉に味があり弾力が感じられ生き生きとしている、そして塩味が結構効いているのが特徴、此処まで塩味を効かせたピッツァは初体験、これは特にビール好きに好まれると思う。残念ながら本場ナポリで食べていないので、これが現地の味か否かは何とも云えないが、美味しいピッツァであるのは間違いない。
        200128-7.jpg
 ナポリピッツァ特有の土手みたいに盛り上がった縁の部分、現地では「コルニチョーネ(cornicione):額縁」と呼び、一番旨い部分なので残してはいけない(笑)。此の店では事前情報どおり、かなり強く焼いている、これ好む人は焦げる位の堅焼き煎餅が好きな煎餅好きと共通すると思う。モッツァレラチーズ、トマトソースも良好。
     200128-8.jpg
 コーヒーはマシン抽出だが、結構美味しい。
        200128-9.jpg
 「PIZZA窯で焼く焼きりんご バニラアイスのせ」(税別500円)
 ピッツアが予想以上に美味しかったので気分よくなり、追加でドルチェまで頼んでしまった、品名が内容そのままだが、シンプル・イズ・ベストと云う印象、これも悪くない。
 此処はまた来てみたいと思う、「店主が不愛想」みたいな噂も聞いていて、実際にそう云えなくもないが、愛想だけよくて美味しくない店よりはいいと思う(笑)。

     200128-10.jpg
 これで帰ればいいのだが、甘いもの食べて勢いが付いてしまい、そのまま自転車で向かったのが、以前ブログ記事で紹介したスイーツ処「おやつ屋マムマル」。
 年明け初の営業日だったせいか結構客が来ている、店も店主の菊地さんともう一人女性が手伝っていた、年配男性が買いに来るのは珍しいのだろう、私の顔は覚えていてくれたみたいだ(笑)。

        200128-11.jpg
 買ったのは、パウンドケーキ、マフィンとリンツァートルテ、特にオーストリアの都市「リンツ」(モーツァルトの交響曲名にもなっている)に因んだタルトがよかった。
 お花茶屋は何時の間にか「食の街」になっていた、蕎麦や饂飩も気になる店があるし、今年は何回か通う事になりそうだ。


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

お花茶屋「パスタ&グリル マーレ・チェーロ」

 以前、ブログ記事で紹介した、葛飾お花茶屋のパティスリー「タルトレット ドウゼン」の店主、道善氏から「いい店です、一度行ってみてください」と教えてもらったのが、今回記事にするイタリア料理店。
 「食の事は食の専門家へ聞け」は概ね間違いないと思う、食材原価などプロでなければ知り得ない情報もあり、我々みたいな単なる食愛好家とは違った視点で店を判断するから、信頼はしていいと思う、中には勧めてもらった店が外れだった事もあるが、たまたま店との相性がよくなかったと思う事にしている(笑)。
 店は「ドウゼン」と同じくお花茶屋駅北側にあるイタリア料理店で、店名は「パスタ&グリル マーレ・チェーロ」、2018年7月の開業なので一周年を迎えたばかり。
        190909-1.jpg
 道善氏からショップカードを貰っていたので、小さな地図を見ながら店を探したが、場所が判り難い。「葛飾区郷土と天文の博物館」前の道が「曳舟川親水公園」として整備されていて、この道に沿ってお花茶屋駅へ向かい、博物館から最初の信号を右折、すぐ左側に車が入れない遊歩道みたいな細い道があり、其処に店案内の看板があった。そのまま進むと「お花茶屋公園」の敷地だがその途中。
     190909-2.jpg
 店ファサードの印象は悪くない、美味しいものが食べられそうな雰囲気が出ている、伊語で「マーレ(Mare)」は海で「チェーロ(Cielo)」は空だから、店名は「海(と)空」の意味か。
 昼開店時間の11時半に入店、壁を背にした窓側のいい席に座らせてもらった、料理画像を撮るので、つい「もっと光を!」と云いたくなる店が多いが、此の席ならありがたい(笑)。
        190909-3.jpg
 ランチメニュー、日替り料理は豚肉のグリルだと思った、パスタが食べたい気分だったので、3種(オイル、トマト、クリーム味)の中から「小柱と木の子のクリームソース(アンチョビ風味)」(税込1,000円)を選び、コーヒー(100円)とティラミス(300円)を追加した。
     190909-4.jpg
 席は16席+α(ベンチシート有)位か、若いイケメン系料理人と女性サービスの二人体制でやっている、BGMにポップスが流れているが、客が少ない時はやや騒がしい(笑)。

        190909-5.jpg
 前菜の豆とツナ、グリーンサラダ、フレンチで豆を使うのは概ねフランスで働いた料理人だと思っている、それだけ現地では豆をよく食う(笑)。イタリアでも同様なら料理人は本場で働いた経験あるのかも知れない、シンプルだが味は良い。

        190909-6.jpg
 スープミネストローネ、あっさりした味だがスープキューブではない筈(笑)、ブロードベースで作っていると思う。

     190909-7.jpg
 小柱と木の子のクリームソース(アンチョビ風味)、割と時間がかかったので、半茹でしたものではなく乾麺から茹でていると思う。小柱が沢山入っているのは嬉しい(笑)、スパゲッティはたぶん1.7mm径で90g位か?個人的にはもうあと少しだけ硬めの茹で方が好みだが、全体的な味のまとめはいい、詳しい事は不明だが、料理人はそれなりの店で働いていたと思う。

     190909-8.jpg
 ドルチェのティラミス、シンプルな味わいで量もある、300円なら納得の美味しさ。

        190909-9.jpg
 イタリアンローストみたいな濃い目のコーヒーは料理&ドルチェに合う、ランチ限定だが100円は安い(笑)。

 パスタもよかったが、それ以上に前菜の豆とツナのサラダとミネストローネに惹かれた、当然の事だがランチメニューでも真面目に作っていて好印象、他のパスタも気になるし、グリル料理も食べてみたい、再訪問したい店だと思った。
 駅からは少し離れメインの道からも外れている、立地的には良いとは云えないが、反面公園が近く静かな環境だ、おそらく店主はそれが気に入ったのだと思う。
     190909-10.jpg
 今、イタリア料理店出身者がピッツェリアを開業するのが流行みたいで、従業員不足や原材料値上げ、設備投資を抑えるにはやむを得ないと理解出来るが、此の店みたいに下町ながらあえてリストランテを開業した若者は、つい応援したくなってしまう(笑)。
 ファミレスでは得られない味と雰囲気があるので、もし近くに行く時あったらお勧めしたい佳店。帰りには少し歩くが、「タルトレット ドウゼン」のチーズタルトをお土産に(笑)。


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

亀有「ピッツェリア クレス (Pizzeria Cres)」

 1976年から2016年の40年に渡って少年ジャンプ誌上に連載された、秋本治作の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、通称「こち亀」は、それまでマイナーだった街亀有を全国区の知名度にしてくれた、その功績に元亀有住人として感謝したい。昔は「亀有」と云っても江東区の「亀戸」と混同されたものだ、今は「両さんが居る街」と云うと、大抵分かってくれる(笑)。
 全作を読んだ訳ではないので、実際の街とどう違うのかは分からないが、タイトルにある亀有公園前派出所は存在しない、実在するのは「亀有北口駅交番(派出所⇒交番に名称変更)」で、亀有公園は其処から歩いて3分程離れている。なおこの交番で「こち亀の両さんは居ますか?」と尋ねると、「今パトロールに出ています」と応えてくれるそうだ、私は訊いた事ないが(笑)。
 その亀有公園の前に薪窯を使うピッツェリアが忽然と出現した、店の名前は「ピッツェリア クレス (Pizzeria Cres)」、場所は公園の北側でパチンコ店の並び、階上に住居があるビルの一階角で、昔はこの場所歯科医院だったと思う、個人開業医も後継者不在の時代になったみたいだ。
        190723-1.jpg
 昼は12時の開店、此の日一番で入店する。6月に新規オープンしたばかりなので、店内は当然新しく、亀有らしくない(失礼)モダンなエクステリア&インテリア。テーブル席が10、カウンターが4席と小体な造り、若い男性店主がワンオペで営業している、カウンター内に大きなピザ窯がある。

        190723-2.jpg
 ランチメニューはピッツァが7種でラザニアもある、サラダとスープが付いて基本税込1,000円(プラス料金の品あり)。初回なのでピッツェリアの基本中の基本とでも云うべき、マルゲリータをコーヒー(200円)、ランチティラミス(250円)と共に注文する。

     190723-3.jpg
 まずはシンプルなサラダ、上に乗っているのはプロシュートで、ドレッシングはあっさりしている。

        190723-4.jpg
 野菜を多く入れたサラッとしたスープで牛乳ベースか?味は普通に美味しい。

     190723-5.jpg
 これがマルゲリータ、縁高タイプの典型的なナポリピッツァ、ローマ風は全体が平べったい。イタリアでは「コルニチョーネ(額縁)」と呼ぶそうだが、フチの部分の焦げ目は割と強い、具はトマトソース、モッツアレラ、バジルの「黄金の組合せ」だが、どれも素材はいい。生地は割とモチっとしたタイプ、練ってから時間を置いているのかも知れない、全体の味のバランスはいい。

     190723-6.jpg
 同行者が注文した日替わりピッツァはズッキーニと挽肉、一切れ食べさせてもらったが、肉が入いるとボリューム感が増す。

        190723-7.jpg
 ドルチェのランチティラミス、「ティラミス」と云うより「マスカルポーネムース」と呼んだ方が近いかも知れないが、クリームもマスカルポーネも良質、250円なら注文した方がいい(笑)。

     190723-8.jpg
 コーヒーも濃い目な淹れ方で好みのタイプ。

        190723-9.jpg
 店主にお願いして薪窯の画像を撮らせてもらった、煉瓦積やタイル貼ではなく、金属板を加工したタイプ、私はこのスタイルを「ロボコップ窯」と呼んでいる(笑)、コスト的には安価に出来るのだろう。店主に「夏は熱いでしょう?」と当然の事を訊いたら、「これからが辛い季節です」との答えで、我慢大会みたいだが頑張ってください(笑)。
 亀有には駅南口側に、やはり薪窯を使う「JUN’S PIZZA(ジュンズ・ピッツァ)」があり、比較すると生地はこちらの方がモチモチ感あり、焼きも強めに感じた。値段もほぼ同額どちらもいいピッツェリアなので、もうわざわざ都心迄ピッツァを食べに行く必要なくなった。
 此の日は我々を含めて3組だったので問題なかったが、混んでくるとワンオペなので大変だろうと思う、客は人手不足を理解して、旨い物を食べるために少し待つなど我慢が要る時があるかも。
 昔の亀有を知っている人間には、あまり風紀のいい場所ではなかった亀有公園、公園自体も整備され綺麗になり、子供も安心して遊べる場所になった。そして目の前にこんなお洒落なピッツェリアが出来るとは思わなかった、時代も街も変わっていく、一番変われないのは、つい「亀有に似合わない」と思ってしまう人間かも知れない(笑)。
 続いて欲しい店だし、また訪れないといけないなと思う。


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
人はそれぞれに「見方、感じ方、考え方」が違います。私が美味と思ってもそう思わない人が居て当然です、味覚とはそれだけ不安定で不完全なもの、あくまでも筆者個人の嗜好による感じ方である事を承知の上で読まれてください。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに赤坂、麻布十番等。
混雑電車が苦手で加齢による朝型人間化のため、ランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

最新トラックバック

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -