最後の晩餐にはまだ早い


表参道「パン・オ・スリール」

 地下鉄表参道駅を出て地上に上がると、国道246号と表参道通りの交差点があり、「東京有名な交差点」の一つだと思うが、その近くに「246コモン」(現在は「コミューン246」に改名)と云う名の不思議なマーケットがある。ビルの取り壊し後みたいな空き地に食スタンドが数店並び、軽食やパン等を売り客は露天の椅子に座って飲食が可能、ヨーロッパ的な常設オープンマーケットだ、その中にあったのが「パン・オ・スリール‘Pain au Sourire’」で、森小屋みたいな小さな建物内にパンを並べ対面販売、天然酵母使用の自然派田舎風パンで、パン・ド・カンパーニュを買い、なかなか美味しかった記憶がある。
 その店が渋谷寄りに本格的なブランジェリー&カフェを開業し移転したと聞き、一度勤め帰りに寄ってみたのだが、時間が遅く残念ながら殆どパンが売り切れていて、場所だけ確認して帰った、今回青山にあるレストランでのランチに行く前に、遠回りしてやっと買う事が出来た。

     170216-1.jpg
 店の場所は、表参道駅から246号を渋谷方面に進み、閉鎖中の「こどもの城」、「青山ケンネル」を過ぎ、帽子店がある角を右折、2本目の道を左に曲がると目の前。間口が広く、広いガラスから店内のパンが見える、移転開業は2014年3月で3年近くになるそうだ。

        170216-2.jpg
 営業時間は朝8時から夜の8時だが、前述のとおりパンを買う目的なら早い時間に行った方がいい、結構賑わうカフェスペースもある。

        170216-3.jpg
 看板では「森の酵母 パン・オ・スリール」と謳っている、店のWEBページによると、店主は独学でパン作りを学び、東北白神山地の腐葉土から発見された「白神こだま酵母」と自家製天然酵母、国産小麦を使用、長時間熟成による無添加で美味しいパンを作る事を心がけているそうだ。
 店内も木材を多用し、カフェスペースで使用する食器も極力木製、この食器は販売もしている、パン作り同様にこだわりを感じさせる。
 パン購入はトレーと対面販売の折衷式(笑)、買ったパンとその印象を以下に記したい。

        170216-4.jpg
・全粒粉100%カンパーニュ(税込1,040円)
 店に入って真っ先に目についたのがこれ、ナマコ型のカンパーニュだが、クープの付け方等綺麗な美人系(笑)。ズシリと重く家で測ったら約700gあった、粉の香り、旨味、焼き上がりの香ばしさ、微かに感じる酸味等バランスよく美味しかった、カンパーニュ系が好きな人にお勧め。

        170216-5.jpg
・フィグ(280円)
 赤ワインでコンポートしたイチジクの入ったハード系パン、生地にはクルミとレーズンが含まれている、美味しいがサイズが小さいので外側と内側のバランスがもう一息、ハード系パンはある程度の大きさで焼かないと難しい気がする。

     170216-6.jpg
・ブラックオリーブとハーブ(230円)
 ベーグルに見えるが、自家製ブドウ酵母生地を使ったライ麦粉を含んだパン、4種類のハーブを使用しているが、ハーブ臭さはあまり感じない、食事パンとしていいと思う。

        170216-7.jpg
・パンオショコラ(220円)
 スイーツ系も食べてみたく買った、クロワッサン生地に刻んだチョコレートを入れた定番パンだが、焼きが強く他店の物とは見かけからして違う、上品ではないが食べ応えのある美味しさ。

     170216-8.jpg
・「笑顔の入ったパン」を表現か、見ていて心和む袋(笑)。

 パン全体の印象は自然で余計なものを感じさせず、粉と酵母の旨味、長時間熟成としっかりした焼きで好感を持った。
 店造りも含めて、自然派で天然酵母使用のブランジェリーとなると、同じ渋谷区内で1984年創業の老舗、富ヶ谷の「ルヴァン」を連想してしまうが、あちらがより伝統的で重厚な味わいなら、「パン・オ・スリール」はもう少し現代的な感覚、軽さも取り入れている印象を受けた、どちらも今時珍しいくらいに時間をかけ、丁寧なパン造りに取り組んでいる店である事は間違いない。
 なおカフェにもランチプレート等の惹かれるメニューがある、この店の近くに住んで居る人が羨ましくなるが、また機会を作って寄ってみたい。店名の通りに「笑顔の入ったパン」をこれからも提供し続けて欲しいなと思う(笑)。
 便利さからコンビニでしかパンを買わない人も多いが、伝統的に手間をかけた本物のパンの味を知りたかったら、一度行かれる事をお勧めしたい店。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

北千住「ふらんすや」

 北千住シリーズはまだまだ続きます(笑)。
 今回は千住を紹介する地域ムック本等に載る事の多い、ベーカリーの「ふらんすや」。WEB情報では元々此の地にあったパン屋を、以前に働いていた現店主が譲り受け、2006年にリニューアルオープンしたとある。 
 場所はJR北千住駅を出て国道4号(旧日光街道)へ向かい、2番目の信号を右折すると「宿場町通り」と云う北千住で一番有名な通りがあり、これを進むとブログで紹介した「天麩羅いもや」やハンバーガーの「サニーダイナー」本店が並ぶ道と繋がる通りがあって、その途中になる。「やなか珈琲店」や「透明マニラ」と云う、不思議な名前の女性服製造店の近く。これもWEB情報からだが「サニーダイナー」で使われているのは、「ふらんすや」製のバンズだそうだ。
 千住は江戸時代に江戸から日光詣でへ向かう際の最初の宿場になり、この近辺に旅籠屋が幾つもあった、当時の面影は殆ど残っていないが、最近観光地図?を持った人も歩いているので、歴史ブームの中で見直されているみたいだ。

        170131-1.jpg
 店構えは典型的な下町商店で間口が広い一階店舗、自転車で来る客が多いのも下町的だ、店内外の雰囲気は最近のスタイリッシュ系ブランジェリーとは相当違う(笑)。
 自動ドアを入ると右側の壁沿い棚とテーブル平置きのスペースにパンが並ぶ、左側がレジでその奥が製造スペースになっている。
 初訪問時に買ったのは以下のベーシックなパン3種、なお金額はレシートが無かったので支払い額から推測したもの、実際には少し違っている可能性あるので参考と思ってください。

        170131-2.jpg
・バゲット(税込189円)
 「ふらんすや」だから、まずはバゲットだろうと買う(笑)、一番目に付く場所にあったので店も自信あるのだと思った、まず値段が安いのに驚く、味は余計な物が混ざらず素朴な食感、粘らず乾いた焼き上がりで少しパサっとした食感なのが、好みが別れる処かも知れない。

     170131-3.jpg
・玄米食パン一斤(240円)
 これも「一斤」の割には量が多くて安い、味も個人的に気に入った、粉の旨味と噛み応えを感じる、この店へ来てこれあったら、買うべきアイテムだと思った。

     170131-4.jpg
・カスタード(120円)
 この値段は嬉しくなる位に安い(笑)、カスタードクリームもちゃんと作っているし、コンビニパンとは雲泥の差で美味しい。

 初回購入で素直な味傾向と値段の安さで気に入り、次回に買ったのが以下の3種類、
        170131-5.jpg
・コロッケバーガー(210円)
 コロッケ「パン」ではなく「バーガー」なのが、この店のこだわりか?しっとり柔らか目のバンズではなく、バゲットに共通した少し乾き目生地で自家製と思われるコロッケを挟み、白ゴマをトッピングしている。生地食感のせいか結構食べ応えがある、コロッケも美味しい。

        170131-6.jpg
・ハム&チーズ入クロワッサン(160円)
 フランス人が見たらビックリしそうなクロワッサンだが(笑)、生地があまり油脂分を感じないので、ハムとチーズが入った事によりバランス取れている、上品ではないが良質。

     170131-7.jpg
・栗渋皮入りモンブラン(200円)
 移動中に上部が崩れて見苦しい画像になってしまった、実際はもっと美味しそうに見える(笑)。これ美味しかった、値段の割にはモンブランクリームがしっかり作ってあり、外の生地とのバランスも良好、街場パティスリーの「モンブラン」の値段を考えれば凄く安いと思う、これも店にあったら買うべきパン。

 全体の印象は、とにかく下町値段なのが特筆すべき(笑)、安いからと云って味に手抜きは感じない、惣菜パンや菓子パンも丁寧に作っている、失礼ながら店舗にお金かけていないし、人もそう雇わず小規模経営だからこれでやっていけるのだろう。
 「下町の良心」を感じさせてくれる、「ベーカリー」と呼ぶより「パン屋さん」と呼びたい良店、間違っても都心進出など考えずに、此の地でこれからも続いて欲しいものだ(笑)。


  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

表参道「グラッシェル」(2017年1月)

 1月19・20日に、表参道のアントルメグラッセ&生グラスの専門店「グラッシェル」で開催された、バレンタイン・ホワイトデー向け新商品の発表会、ブロガーとして招待をいただいたので、そのレポートをしたいと思う。

     170127-1.jpg
 訪れたのは夕方で、夕闇に浮ぶ店はグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」中の、「お菓子の家」現代版とも見える、童話中では魔女が住んで居るが、21世紀の店で働いているのは魔女とは遠い、若くて素敵なスタッフばかりです(笑)。
 前回の発表会と同じく2階のカフェスペースに案内される、開始時間になり本間シェフ・パティシェールの挨拶で始まり、続いてアントルメグラッセが5種類披露された、以下はその紹介と配付資料に基づく内容説明。

        170127-2.jpg
・クール・ド・ペタル‘Coeur de pétale’税別3,500円、販売は1月14日~
 仏語表記そのままで「ハートの花びら」、以前は丸型だったが、バレンタイン向けにリニューアルした。説明では「印象的な真紅はタイベリーの赤。タイベリーとアールグレイの組み合わせが、大人の深い味わいを醸し出します。センター部分には甘酸っぱいいちごのコンポート、アールグレイとホワイトチョコレートのアイスが、濃厚なおいしさに爽やかさを届けてくれます。」とある。

        170127-3.jpg
・エリソン・ド・カシス‘Hérisson de Cassis’3,800円、販売は1月22日~
 ‘Hérisson’はフランスで人気がある小動物「はりねずみ」の事で、それを模している。これもリニューアルしたもの。説明は「カシス畑で遊ぶはりねずみのイメージ。ベルギー産のミルクチョコレートとスイートチョコレートの2種類のチョコレートアイスを使用。センターはカシスのコンフィチュールをからめたバニラアイスにカシスのソースを流し込んだもの。子どもも大人も一緒になって喜べる美味しさに仕上がりました。」

        170127-4.jpg
・クール・ド・フルール‘Coeur de Fleur’4,450円、販売は2月15日~
 新発売商品、「苺のお花畑」をイメージして作ったとの事で、見かけの豪華さで圧倒する(笑)。商品説明では「しきつめたクリームチーズのアイスにベリーのソースを流し、その上にバニラアイス、愛媛県産イチゴのシャーベットをのせ、ホワイトチョコとイチゴをあわせたピンクのアイスを絞りました。周りにあしらった半球状のシャーベットはいちご&フランボワーズ味です。」

        170127-5.jpg
・フレジェ‘Fraisier’3,400円、販売は2月15日~
 これも新発売商品、スポンジケーキでお馴染みの「フレジェ」のアントルメグラッセ版、見かけがキュートで凝っている。説明では「いちごのコンポートをからめたバニラアイスの周りを愛媛県産のいちごで囲み、はちみつと卵がたっぷり入ったコクのあるスポンジ生地でサンドしました。」

     170127-6.jpg
 以上の4種が小樽ガラス(たぶん)のプレートに盛られて試食、まさにお菓子の家の饗宴(笑)、どれも特徴的な美味しさだが、個人的な評価と云うか好みを云ってしまうと、エリソン・ド・カシス>クール・ド・ペタル>クール・ド・フルール>フレジェの順番か、前2種はやはり時間をかけて練られた完成度がある、新製品は見かけ美しく見事な出来だが、凍った苺が口中に留まり食べ難い等、少し気になる点があった、この辺りはこれから改良されて行くだろうと思う。

     170127-7.jpg
・アン・ランデブー‘Un Rendez-vous’3,000円、販売は1月14日~3月14日
 試食以外でバレンタイン&ホワイトデー限定の企画商品が紹介された、説明では「グラッシェルではお馴染みの『コクシネル』と『マドモワゼル』の間にハート型の『クール・ド・ルージュ』をはさみ、見つめ合うテントウムシのカップルをイメージしています。」とあり、誰が見てもテーマは「愛‘Amour’」(笑)、これは恋人たちにはピッタリのアイテム。

     170127-8.jpg
紅茶と共に提供されたグラッシェル製の生チョコレートで文旦とレモン味、小品ながら美味でした。

     170127-9.jpg
 最後に紹介されたのがカフェで提供するパフェの新商品、この時点ではまだ名前がなかったが、あとで「パフェ・ヴェルサイユ」(税別1,600円)になったと聞いた。
 京都で栽培される食用バラを使用、ピンクシャンパンのジュレ&ソルベ、バニラアイス、苺コンポート、バラ風味のクレームシャンティを積み合わせたとの事。
 まるで目の前に叶姉妹が座ったみたいな(笑)、見かけゴージャスでリッチなパフェ。

        170127-10.jpg
 試食サイズだが、これでも充分味の華麗さが理解出来た、ピンクシャンパンが効いていると思う、料理でも同じだがアルコール類が加わると味に奥行きが出て立体的になる、何をどの位使うのかは作る側のセンスが問われるが、これは成功していると思った、ただお子様にはちょっと無理で「大人のパフェ」だと思う。この店のカフェスペースで妙齢女性が一人これを食べている光景を想像してしまう、似合う女性に出会ったら「あちらのお客様からです」と、紅茶位差し入れしたくなりそう(笑)。

 せつない位に甘く、この場から離れるのが寂しくなる、夢を感じる試食会でした(笑)、次はお金を払って食べに来たいと思う、本間シェフとスタッフの皆さんに感謝です。


  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

表参道「グラッシェル」(2016年12月)

 2013年7月にオープンした、表参道のアントルメグラッセと生グラスの専門店「グラッシェル(GLACIEL)」、シェフパティシェールとは以前より知り合いだったので、「ブロガー」として、時に新作レセプションに招待をいただいていた。いつもタダ飯いやタダアイス(笑)では申し訳ないので、久しぶりにプライベートでランチタイムに訪れる事にした。
 土日は結構混むと聞いていたので平日昼の利用、休日は人で賑わう表参道も平日午前中は落ち着いた街並に感じる、表参道ヒルズ前のユニオンチャーチ角を曲がり直進すれば、店はもうすぐだ。

     161218-1.jpg

 店前に着いたら開店時間の11時少し前で、一応席の予約をして行ったのだが、年寄りは集合早いので、その心配はいらなかったかも知れない(笑)。
 2階のカフェスペースに案内されるが、店内はクリスマスモード真っ盛り、あまり目立たない様に、壁際奥の席に座らせてもらった。

        161218-2.jpg

 ランチタイムに訪れるのは2回目で、前回は開店した年の9月だったが、その時とはランチの構成が少し変わっていた。
        161218-3.jpg

     161218-4.jpg

 食事メニューは「タルティーヌ」「どろぶたソーセージ」「サラダリヨネーズ」の3種類、ドリンク付きで全て1,000円(税別)、単体注文も可能なアントルメグラッセが2種盛りで1,100円、パフェ類が1,500~1600円だ。
 グラス専門店へ来て食べ物だけではつまらないので、私はこの中から「タルティーヌ」と「熊本産和栗のパフェ」(1,500円)をお願いする事にした、こうした場所でのパフェ喰いは何年ぶりだろう(笑)。

        161218-5.jpg
 まずはさつまいものポタージュ、少し冷めていたが味はよかった。

     161218-6.jpg
 「タルティーヌ」、パン・ド・カンパーニュを横切りし、上にハムと野菜にカレー風味のペシャメルソースにチーズを乗せ焼いている、付け合せにはたっぷりの生野菜とキャロットラペ、なかなかボリュームある一品、前回とは随分違うと思った。味は優しく分かり易い、女性料理人が作ったのかも?勿論女性だから全てに優しいと決め付けてはいけないが(笑)。

     161218-7.jpg
 同行者が選んだ「サラダリヨネーズ」、これもボリュームある皿、サニーレタス、ベーコン、ポーチドエッグ主体で結構美味しそうだった。

        161218-8.jpg
 紅茶、アールグレイだと思う、いい香りだった。

        161218-9.jpg
 本日のメインディッシュ(笑)「熊本産和栗のパフェ」、「逆モンブラン」の発想だそうで、クープの中には和栗クリーム、その中に栗のアイス、最上部にはモンブランの土台に使われる焼いたメレンゲとマロングラッセ、更には金箔まで乗っている、見た目でも圧倒する豪華なもの。和栗クリームは何処までも優しく穏やかな味、リキュール等は使わず栗本来の味で勝負している印象だ。マロングラッセは上質、焼きメレンゲは若干食べ難かったので、もう少し量を減らしてもいいかも知れない。
 晩秋を感じさせる美味しく贅沢なパフェでした、次はシェフパティシェールの自信作と聞く「プリンパフェ」を食べてみたい(笑)。 

 ランチとスイーツで合計税込2,700円、決して安くはないが、花の表参道のお洒落な店内で、ゆっくり上質なランチタイムに浸れる事を考えれば十分満足出来る。
 私と同じく開店早々に入店した一人客の若い女性は、パフェだけ食べて帰って行った、あれが昼食なのかな?(笑)。隣席にはスーツ&ネクタイにブリーフケースの、典型的なシニアサラリーマンが一人で来店、サービスの女性と相談しながら、大真面目な顔でアントルメグラッセ付きのランチを注文している、男子それもシニアクラスでも、こうした場所で一人スイーツを堂々と食べられる時代になった(笑)。
 この店はスイーツを中心に様々な楽しみ方が出来る、パリの「ラデュレ」や「ルノートル」みたいな店を目指すのかも知れない。

        161218-10.jpg
 帰りは1階のブティックを見学するが、Xmas仕様の店内は明るい楽しさと夢に溢れている、私の子供時代に比べて、今は色々な意味で豊かになったとあらためて思う。
 師走の仕事に煮詰まったら、この店を訪れてみたら如何だろう、きっと笑顔が取り戻せる筈だ(笑)。
 本間シェフ、素敵なスタッフの皆さん、優しくて美味しく楽しい時間でした、年末までは超多忙な毎日でしょうが、倒れない様健闘を祈っています。


  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

梅島「パティスリー・ラヴィアンレーヴ」(2016年11月)

 2014年9月にオープンした、足立区梅島のパティスリー「ラヴィアンレーヴ(LA VIE UN REVE)」、開業後まだ2年だが、現在では既に区内を代表するパティスリーになりつつある。
 初訪問は2015年1月だったが、足立区とは思えない洒落たフランス的な店舗デザインに驚き、都心の高級店にも遜色ない高額なケーキ類に、失礼ながら「足立区でこの形態で続けられるのかな?」と、正直心配にもなったが、こうして人気店になったのを見ると、「足立区民も変わったな」と思ってしまう(笑)。

     161206-1.jpg

 この日、急に「甘い物が食べたい」状態になり、地元のパティスリーが何店か頭に浮んだが、結局選んだのはこの店だった、過去2回購入してこれが3回目、我家からだと自転車でも片道30分近くかかってしまうが、「遠回りしてでも行ってよかったと云える」店だと思う(笑)。

     161206-2.jpg
 
 店到着はちょうど正午位、早い時間のためガラスケースには多くのガトー類が並んでいる、個人経営のパティスリーやブランジェリーは「いかにロス(売れ残り)をなくすか」が大事だが、これ全部営業終了時間までに売り切るつもりだから、客数と販売数は相当なものだと思う。

        161206-3.jpg

 店内にはカフェスペースがあり、子連れ客対応だろう、ベビーベッドまで置いてあるのはちょっと驚き。「テイクアウトメニュー Les boisson(飲み物)」とあるが、これらは持ち帰り可みたいで、なんと「かき氷」まである(笑)。
 過去2回で買った物以外から選ぼうと思い、買ったのは以下の3種類、食べた感想と共に紹介したい。

     161206-4.jpg
・洋梨ミルフィーユ(税別540円)
 自転車で持って帰り、注意しながら運んだつもりだが、他のケーキの加重があって少し形が崩れてしまった、画像を撮った後に飾りのレッドカラントが後ろに落ちているのに気付く(笑)。
 前々回の「苺のミルフィーユ」、前回の「栗のミルフィーユ」がいい出来だったので、今回も買ってしまったのだが、ミルフィーユ部分は厚めの生地で好み、カスタードクリームも美味しい、ただ洋梨の食感はあまりこれらと合わない気もした(笑)、今迄の中なら栗バージョンが一番良かったと思う。

        161206-5.jpg
・ガレット・ベルエレーヌ(500円)
 今回はこれが一番好み、「ベルエレーヌ(美しきエレーヌ)」とは、作曲家オッフェンバックのオペレッタ名から取り、フランスでは洋梨のコンポートにバニラアイスを添え、熱々のチョコレートソースをかけたデザートの事を呼ぶ。このスイーツは焼いたクレープ生地の中に洋梨のコンポート、カスタード&ホイップクリーム、チョコレートクリームが入っていて、そのバランスが良好、次行ってもあればまた買いたいと思った(笑)。

        161206-6.jpg
・かぼちゃプリン(420円)
 美味しくなかった訳ではいが、あまり個性を感じなく普通、上に乗せたホイップクリームとチョコレートも余計なものに感じてしまった、南瓜自体の味で勝負するべきだと思う。

     161206-7.jpg
・ケーク・オランジュ(800円)
 知人のお土産用に買ったので私は実際には食べていない、その知人の話では「オレンジとバターの香り良く美味しかった、足立区にこんな本格的なパティスリーがあるとは驚き」との事、世間一般の足立区の認識はこんなものです(笑)。

 開業後2年が過ぎて、店もすっかり地域に馴染んで来た、この日も平日だったが、次々と客がやって来ている。「パリみたいに一つの地下鉄駅近くには、いいビストロがあり、加えてブランジェリーとパティスリーがあるのが理想だが、東京では自分が生きている間には無理な話だろう」とあきらめていた。だがここ数年来の街の変化で、もう夢物語ではなくなりつつある(笑)、あとは客が近隣店を支えていられるかどうかにかかっている。
 大型スーパーやコンビニとの過当競争で、個人店には厳しい時代が続くが、地元の店には頑張って存続して欲しいし、何とか応援をしたいものだ(笑)。


  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -