最後の晩餐にはまだ早い


大阪・狭山「讃岐うどん いってつ」(2015関西食べ続け⑤)

 関西三日目は、ただ食べ続けているだけでは能がないので、少しは観光的な事もしようと、大阪難波にある「日本工芸館」に行き、全国各地の素朴な焼物等を見ていたのだが、途中で携帯電話が鳴り出した、着信相手は関西の飲食店主が恐れる「南大阪のドン」からだった(笑)。
「今日の昼は洋食か饂飩、どちらに行きたいです?そう饂飩、それなら狭山の『いってつ』でしょう、今何処におるの?えっ難波、それなら南海電車で1本やさかい、宜しゅう」
 一時間後には片道440円払い、饂飩を食べるために狭山駅に降り立っていた(笑)、「マインドコントロール」なる言葉も頭をかすめたが、まあ時間もあるので細かい事はよしとしましょう(笑)。
 それから車の助手席に乗せてもらって向かったのは、狭山市茱萸木(くみのき)にある、讃岐うどんの店「いってつ」だ。店へのアクセスはよくない、近い駅は南海高野線の金剛駅だが歩くと15分位かかる、近隣住民以外は車でやって来る客が殆どで、このため駐車場は店前と別場所に完備している。

        150311-1.jpg

 入店は13時だったが既に8割の入り、店の真ん中に共有の大テーブル、他に少人数用のテーブル席と小上がりの座敷もある、この日は平日昼だったが子供連れも数組、この後も客が頻繁に入れ替わりしていた。

     150311-2.jpg
 
 初訪問で全くのアウェー店なので、注文は相客に従う事にした、彼のお勧めは「朝引き淡路鶏むね肉使用とり天ぶっかけうどん釜抜き」(長い(笑))(850円)だそうで、これをお願いする事にした。
 店内はモダンな雰囲気でBGMはジャズと、なかなか非日常感のある洒落たセンスだが、座敷席を希望する家族客も多く、一人で来るより二人以上で来る客が殆どだ。
 蕎麦と違い饂飩は茹でるのに時間がかかる、何事につけイラチ(せっかち)な大阪人だが、皆大人しく出来上がりを待つのは、それだけ饂飩文化が浸透しているからだろう(笑)。

        150311-3-1.jpg

     150311-3-2.jpg
    
 やがて運ばれて来たのが、饂飩と鶏胸肉と南瓜の天ぷら、まずは饂飩のツユを一口飲む、昆布とイリコ出汁の香り、そこへ醤油味が溶け合う、おそらく讃岐の醤油ではないかと思うが、深くて奥行きのある味、続いて饂飩を啜るが、歯応えと喉越しが申し分ない。「釜抜き」とは、茹でた饂飩を水で洗わずに使う事で、表面が締っていないので、出汁との相性が良くなるそうだ。カレー塩を付けるのがお薦めの「とり天」は絶妙な揚げ具合、鶏の旨味を逃がさず閉じ込めていて、ご飯のおかずにもいけそう(笑)。前夜の満腹感がまだ何処かに残っていたが、完食しました(笑)。
 電車賃払って来たかいがありました(笑)、とても美味しかったです。東京だと神保町の「丸香」あたりでないと食べられないレベルだと思う、いつも蕎麦ばかり食べているが、饂飩の美味しさに開眼した思いで、近くに住んでいたら通いたい店だ。

     150311-4.jpg

 食後、また車に乗せてもらったのだが、「まだ、お腹に余裕ありますよね?」との寒くなる一言を聞き(笑)、向かったのが堺市内にある「深清(ふかせ)鮓」、持ち帰りの穴子寿司専門で、古くから続いている店だそうだ、お腹一杯ながら此処で買ったのが6個入600円の穴子寿司、この日は夜に重厚長大な多幕物フレンチが控えているので、翌朝のホテルでいただく事にした。

     150311-5.jpg

 時間は前後するがホテルで食べた感想は、食事と云うより軽食おやつ的感覚、一晩経っているが煮穴子はふっくらしていて美味、酢飯がもう少し上質ならなお良かったが、この値段ならまあ納得の味だった。

        150311-6.jpg

 これで大阪に帰れるかなと思ったが、人生はそう甘くない、いや甘いものがあった(笑)。それから行ったのが、同じ堺市内の甘味舗「本家小嶋」、この店の「芥子(けし)餅」は絶品だそうで、堺に来たなら是非買うべきとの事。店は「深清」同様古い建物で「知る人ぞ知る」と云う感じの店構え、中に入ると菓子が並べてあるが、予約しないで買えるのは「芥子餅」と「ニッキ餅」の2種、どちらも1個125円(税込)と割とお手頃価格だ、これも明日の朝に食べようと2個ずつ買ってみた。

     150311-7.jpg

        150311-8.jpg

 これも翌朝でも充分美味しく初回で気に入った、堺に行ったらまず買いたい物だと思ったが、これが「芥子餅」なら、大阪のデパートで売っているのは「芥子餅もどき」ではないか?と思った程にクオリティが違う、あまり日持ちしないのが難点だが、堺土産には是非ものです(笑)。

 最後は堺伝統産業会館で包丁見るオマケまで付いた大人の遠足、楽しかったです(笑)、お付き合いありがとうございました。堺東駅まで送ってもらい、なんば駅からホテルへ帰ったらもう16時を回っていた、18時からは次のフレンチが控えている、2時間でお腹を空かせないといけなくなった(笑)。



スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -