最後の晩餐にはまだ早い


本郷「ビストロ・アバ」(2015年8月) 

 頭の中が煮えそうな酷暑の中、本郷壱岐坂から本郷三丁目駅を目指して歩いている時、11時半になる事に気付き、何処かで昼食をと思い、この暑さでは冷たい蕎麦か饂飩かなと考えていた。丁度その時にこのブログでも紹介した事のある「ビストロ・アバ」が見え、予約を取らないランチに並んでいる女性2人が居た、「この炎天下で待つのは立派」と感心していたら、扉が開いて彼女達が店に入って行った、これを見て「そうだ、暫く訪れていなかった」と閃き、吸い込まれるように入店してしまった(笑)、饂飩がフレンチに一瞬で変わる意思の弱さだが、考えてみれば前回利用は去年の6月なので、1年以上経っていた。

     150818-1.jpg

 「この暑さでも、皆千円overのフレンチランチ食べに来るのかな?」と疑っていたが甘かった、それから続々と客が現れて満席になる、この種の店にしては男性客が多いのも特徴的で、やはり皆は安くて旨いものを知っている(笑)。
 前回利用時は料理人一人で全て回していたが、今回はコックコートを着たサービス担当の女性が居た。ワンオペの難しさは、料理は何とか出せたとしても、食器やカトラリーの片付や厨房内の清掃等、料理以外の部分でどうしても負の要素が出やすく、客はそうした所を見てしまうものだ、その点一人でも戦力になる人間が居れば違う。

     150818-2.jpg

 カウンター席に座り、サービスの女性が豚の形に切られた黒板の「本日のランチメニュー」を見せてくれる、料理8種の中から選ぶ事になるが、他に冷製ポタージュが3種、さて何にしよう?暑いから冷製の「白レバー」か「バロティーヌ」がいいかと考えたが、やっぱり思い直し、ランチスペシャリテの数量限定「豚ロースのロティ」(税込1,150円)を、「カリフラワーのポタージュ」(300円)と共にお願いする事にした。

        150818-3.jpg

 まず水がピッチャーで出るのが定番(笑)、店内がちょっと暑いので直射日光が当たるせいかな?と思って天井を見たら、エアコンの下には不思議な扇風機?が回っていた。

     150818-4.jpg

 少し冷房の効きが悪くなっているのかも知れない、オープンキッチンの店は調理がライブで見られる面白さはあるが、真夏はちょっとキツイ場合があるのを覚悟しないといけない(笑)。

     150818-5.jpg

 まず出てきたのがカリフラワーの冷製ポタージュ、スープと云うより茹でたカリフラワーを大根おろし状態にしただけのシンプルさ、味付けは塩とオリーブオイル、乳脂肪分は感じない、それでいて妙に旨いのだ、これがプロの料理の潔さだと思う、素人は概して味を引っ掻き回して不味くしてしまう(笑)。

     150818-6.jpg

 そして次に登場したのが巨大な豚肉塊(笑)、これは笑うしかない。前回は四角形だったが今回は棒状で直径は10cm以上、厚みは5cm以上、重さは1ポンド(453g)近いのでは?と思える大きさ。下に敷かれたのはシェルマカロニとキャベツのブレゼ、トマトソースはイタリア風のシンプルなもの、「完食できるかな」と不安になるが、これは満腹感がこみ上げてくる前に食べ切らないといけない(笑)。

        150818-7.jpg

 肉と同時に出てきたのがシンプルなリーフサラダ、酢と油をまぶしただけだが、これも何故か美味しい。

        150818-8.jpg

 自家製だと思われるパン、これもいい出来だが、危険なので1つで止めておく(笑)。

 豚肉の味付けは塩味のみ感じる、当然だが「フロリレージュ」の3時間ローストとは領域の違う仕事だ、原価からして有名な銘柄豚は使えないと思う、でも「それがどうした」と云う位の圧倒的な迫力がある。素材の枝葉で味わうのではなく、美味しさを質量として感じさせる料理、増井和子さんの「パリの味」に載っている、1980年代の「アラール」や「ラミルイ」みたいな、良き時代のフランス料理がある。
 此処の料理人は北海道出身で、一時札幌のフレンチ「バンケット」に居た事があると聞く、私の知る北海道人は、その大地のように皆チマチマしていなくて大らか、やたら気前がいい人が多いので、そうしたものを東京に来ても失っていないのだろう(笑)。

        150818-9.jpg

 これで支払いは税込1,450円、サラリーマンのランチとしては高いかも知れないが、圧倒的な量を考えると信じ難い位に安い。お腹一杯になりました、通常フランス料理ではデセールまで食べたくなるものだが、この店に限っては入れる場所がない(笑)、この肉量を短時間で消化するのは通常の人間の胃では無理な筈だ、少し歩いて下に落ちるのを待つしかない。
 いつか夜にも訪れてみたいのだが、土日が休みな事もあって果たせていない、老いて消化力が落ちない内に行かないと(笑)。


スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -