最後の晩餐にはまだ早い


稲荷町「キエチュード」(2016年11月)

 月一回位の間隔で御徒町~上野間にあるアメヤ横丁、通称「アメ横」へ出かける、主に珈琲豆を買いに行くためだが、ついでに近隣のランチ巡りをする事が多い、このブログで上野・御徒町のインド・ネパール料理や、とんかつ店が登場するのは、それが理由の一つだ(笑)。
 この日も豆を買いに行こうと思い、ランチは何処か?と考えたのだが、真っ先に頭に浮んだのは、ブログで何回か記事にした東上野の「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」、でもあそこではワンパターンなので(笑)、今回は違う店にしようと思い、其処から歩いてすぐのフランス料理「キエチュード」に決めた、一応事前に予約したのだが、結果ほぼ満席で正解だった。
 一人利用だったので、キッチン前のカウンター席に初めて座る、目の前には荒木料理長が居て作業が全て見える「かぶりつき」席だ(笑)。

 ランチメニューは税別1,500円と3,000円の2種類、事前にお願いすれば夜のメニュー(5,000円)も提供可との事だが、3,000円の方に決める、内容は以下のとおり、

     161202-1.jpg
・猪肉のパテ・ド・カンパーニュ、黒ニンニクとマルムラード

        161202-2.jpg
・白はブルゴーニュ、サン=ブリ

        161202-3.jpg
・(たぶん)スタイルブレッドのバゲット

        161202-4.jpg
・ハマチ、秋野菜、リーフサラダ、バーニャガウダ風

     161202-5.jpg
・えびす鯛、ごぼう、ブロッコリー

        161202-6.jpg
・赤はボルドー・メドックChateau Larose Trintaudon2012

        161202-7.jpg
・オーストラリア産牛サガリのロティ、赤ワインソース、茸ソテー

     161202-8.jpg
・栗とホワイトチョコレートのフォンダン、バニラのグラス、ビスケットのクランブル

        161202-9.jpg
・コーヒー

 パテは一口サイズだが、猪練り肉の旨味が感じられる。サラダは上質な葉野菜にハマチの切り身を加え、ビネグレットにニンニクとアンショワのペーストで味わう、爽やかな一皿。
 七福神の恵比寿神が掲げている様な立派な赤い鯛だから、この名が付いたとされる「えびす鯛」の身の火通しも抜群、牛蒡のピュレと泡立てたバターソースが合っている。
 「サガリ肉」とは牛の横隔膜(ハラミ)からぶら下がっているのでこの名が付いた、米国では「ハンギング・テンダー」と呼ばれる部位、「柔らかい」「優しい」を意味する‘Tender’、噛み応えあるが堅すぎない赤身肉で旨味も感じる、赤ワインソースの酸味もいい。 デザートも良かった、フォンダン部分を割ると栗とチョコレートの香りが立つ、上質なバニラアイスと混ざると、定番の「あったか冷たい(ショーフロワ)」になる。
 ちなみに1,500円ランチの内容は、ハマチ&野菜と牛肉の皿、これにパンor炊込みバターライス、バニラアイス&コーヒーと、3,000円から引いた内容でかなりお得、それを知っているから、店内は年齢高めの女子会で盛り上がっている(笑)。
 4月以降、平日ランチ行脚が多くなったが、混んでいたのは1,000~2,000円のランチメニューの店で、それも「かつての乙女たち」の女子会が殆ど(笑)、店側とすれば利益は少ないが、店内が盛況ならスタッフの意気込みも高くなる、この辺りでどう折り合いをつけるかだろう。

     161202-10.jpg

 「キエチュード」は昨年5月に開業したので、この地で一年半経過した事になる、東京でも本格的な横メシ系店が少ない地域なので、熊本出身の荒木氏は出店に不安もあっただろうと思う、でもこうして地域住人に支持されているのを見るのは嬉しい事だ。例え1,500円ランチでも、客の彼女達は次新しい客を連れて来てくれるかも知れない、そうやって客層が広がって行くのが一番大きいと思う、ガイドブックや口コミサイトを見て一回だけしか来ない客とは違う(笑)。
 現在は厨房にもう1人とサービスに1人の3人態勢みたいだが、見ていて能力高そうなスタッフなので、人材的には恵まれていると思う、今優秀な従業員は店にとって何にも代えがたい財産だ(笑)。
 
 人間は老いていく、体力も消化力もやがて落ちる、私自身で云えば最近夜に重い食事を摂ると、寝つきがあまりよくないし、翌朝にも響く気がする。今後外食は昼中心にと考えているのだが、「キエチュード」みたいに、昼間構えず普段着で訪れる事が出来、あまりマッチョではないライト感覚料理を提供してくれる店は、とてもありがたい。
 急激な少子高齢化が進む日本で、これからフランス料理店も高齢客への対応を本気で考える必要がありそうだ、それが店の生き残りにも繋がると思う。
 大きな窓から明るい陽光が差す店内での素敵なランチ、暫し老後への心配を忘れさせてくれる(笑)、気持ちのいい午後になった。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2016 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31