最後の晩餐にはまだ早い


懐かしのプリン・ア・ラ・モードを求めて

 きっかけは4月末に表参道の「グラッシェル」でプリンパフェを食べた事。1,620円(税込)の値段も納得の、本物のバニラを贅沢に使ったプリン、吟味したフルーツ、上質な生クリームが合わさり、また食べたいと思う逸品だった。

        170712-1.jpg
 聞く処によると、これはシェフパティシェールが子供時代の想い出の味を表現したく作ったものらしい、何処か懐かしい深層心理に訴える美味しさがあった。
 ところで私自身で考えてみると、子供時代にプリンパフェを食べた記憶がない、「パフェ」を名乗った物は、デパートの大食堂でメニューにあったが、記憶にあるのは「チョコレートパフェ」、果物入りは「フルーツパフェ」だったと思う。いずれにしても裕福でなかった我家では、滅多に食べられるものではなかったが(笑)。
 プリンを使ったものは「プリン・ア・ラ・モード」と云う名前で、容器もパフェに使うクープ型ではなく、舟やボートみたいな横に長いガラスまたは金属製の足が付いた器だった、そこで「さて、この違いは何だろう?」と疑問がわいた。
 ここから今回の記事が始まった(笑)。そもそもプリン・ア・ラ・モードとは何かだが、ウィキペディアによると、「プリン・ア・ラ・モード (pudding à la mode) は、カスタードプディングを中心に、様々な甘味を飾った盛り合わせデザートである」と定義されている。横浜にある「ホテルニューグランド」が考案し、戦後GHQに接収された同ホテルが、米軍将校の夫人達に提供したのが始まりとあった。 考えてみれば‘pudding’は英語、‘à la mode’は仏語なので変な造語だ(笑)、そのためなのか、プリン・ア・ラ・モードと呼ぶのは、主に東京中心の東日本で、関西では同様の物は「プリン・ローヤル」または「プリンパフェ」と呼ぶ事が多いと、これもWEB上の記事で見た。

 そのプリン・ア・ラ・モード、もう何年も食べていない筈だと思ったが、頭の隅っこに何処かで出会った記憶が残っていて、それが思い出せない。自分のブログを最初から見直してやっと見つけた、表参道のフレンチをベースにした創作料理「レストランMAMA」でコース中に出たデザートだった。

         170712-2.jpg
 四角い磁器製の器に入って、下はトンカ豆のプリン、パッションマンゴーのソースにバジルシードと、美味しかった記憶はあるが、少々変わり種のプリン・ア・ラ・モードだった。
 本家とされるホテルニューグランドのプリン・ア・ラ・モードはどんな物かと調べたら、現在でもカフェのメニューに載っていて、WEBページに画像があったのでお借りした。

        170712-3.jpg
 まず容器が舟形のガラス器、真中にプリンが鎮座し、その周りに季節の果物と絞ったホイップクリーム、本家本元だからこれが正調版だろう、私の記憶にあるデパート大食堂の物もこのスタイルだった。
 ここまで調べていたら、正調プリン・ア・ラ・モードが食べたくなった(笑)、何処か近くで提供している店はないか?とWEB検索したが、もう流行アイテムではなくなり予想以上に無い、北千住の「サンローゼ」と云う喫茶店で出していたそうだが、残念ながら今年の3月に閉店していた。ファミレス数社のメニューにも載っていないし、これは横浜まで行くしかないのかな?と考えていた時、意外にもスーパーのスイーツ売り場で「プリン・ア・ラ・モード」の文字を発見(笑)、たまらず買ってしまったのが、

     170712-4.jpg
・「プリン・ア・ラ・モード」(ドンレミー)、(税込175円)
 ㈱ドンレミーはコンビニやスーパーに置かれるスイーツメーカー、足立区内に本社があり、北千住・上野・千葉のアウトレットは、よくTV等で取り上げられる人気店。
 カスタードクリーム、スポンジ、フルーツにプリンと、オーソドックスなもの、値段から多くを期待してはいけないが、それなりに楽しめる。姉妹商品で「ベルギーチョコプリンのアラモード」があるが、これは未体験。
 以降、市販製品が気になって、入手可能な物は試してみる事にした、続いては、

     170712-5.jpg
・「うみたて卵プリンのアラモード」(シャトレーゼ)、(298円)
 豊富なスイーツで全国へフランチャイズ展開しているシャトレーゼ、本社は山梨県甲府市。値段はドンレミーの倍近いので味も当然UPしている、プリンの出来はいいが、無理やり乗せたみたいなシュークリーム?はいらない気もした。

     170712-6.jpg
・「夏のなめらかプリン・ア・ラ・モード」(パステル)、(561円)
 「なめらかプリン」でお馴染みのパステル、運営は名古屋本社のチタカ・インターナショナル・フーズ㈱。値段は高いが味は前2品とはグレードが違う、フルーツやクリームの質は申し分ない、残念なのはプリンの量が少ない事で、画像ではよく判らないが2cm位しか厚みがない、全体のバランスを考えたのだと思うが、「プリン・ア・ラ・モード」なのだから、プリンをもっと強調して欲しい。

        170712-7.jpg
・パステルで売っていた「なめらかプリンケーキ」5号、(3,186円)
 実際には食べていないが、直径15cmとプリン・ア・ラ・モードのお父さんみたいなケーキ、糖質や体重を気にしないで、何時かこれを抱えて食べてみたいと思った(笑)。

 プリン・ア・ラ・モードとは何か?は判って来た気がするが、やはりカップ入りではなく、昔みたいに舟形の器に乗った物が食べたい。WEB上で調べたら、新橋と大久保に正調版に近い形で提供する店があるのを知った、近いうちに行ってみようと思っている。
 プリン・ア・ラ・モードを巡る旅はまだ終わらない(笑)。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -