最後の晩餐にはまだ早い


大阪・布施「パパノエル」(2013春関西食べ続け①)

 今年の関西食べ続けを計画するにあたり、「行ってみたい店」をピックアップしたら、殆ど去年と同じになってしまった(笑)、限られた日程のため「当たりか外れ」に賭けるより、「外したくない」が優先されるので、結果としてどうしても個人的に鉄板な店になってしまう(笑)。

 まず第1店目は昨年と全く同じで、東大阪布施の駅前商店街にあるフランス料理「パパノエル」へ向かう事にした、ここの料理長とは以前から親しかった事もあり、「今年も行こうかどうしようか」と思って店のWEBページを見た処、「1000円ランチスタート」の文字があり、実に美味しそうな「ロールキャベツ」の画像を見てしまった。これで我慢出来なくなり「ロールキャベツを食べに行きたい!」と連絡を入れる事に(笑)、「1000円のロールキャベツを食べるために、新幹線に乗って行く」、店にとっては甚だ迷惑かも知れないが、これ素敵ではないですか(笑)。

 大阪の下町、布施駅に降りるのは1年振り、商店街はシャッターを閉めた店舗が更に増え、年々寂しくなっているが、この「パパノエル」がある通りだけは結構賑わっていた。
 画像は「商店街にあるフランス料理店」の雰囲気を上手く伝えているか?

           130217-1.jpg


 12時半に入店、店内は他に2組食事中で、その後更に2人連れの客が入店した。まず料理長夫妻に挨拶を交わし、その「ロールキャベツ・ランチ」を注文したら、すぐに料理が出て来た、大阪では「料理が出るのに15分待たすと催促が来る」そうだから(笑)、料理の出は東京より明らかに早い、これは酒飲みでない私にはありがたい事でもある(笑)。

          130217-2.jpg
・ロールキャベツ(大きいです)

              130217-3.jpg
・パン

              130217-4.jpg
・デザート(これは「普通版」ではありません)
 クレームブリュレ、胡麻のタルト、アイスクリーム
・コーヒー

 課題のロールキャベツは実に優しい味、東京の洋食屋ならもっとナツメグや胡椒を効かせ、トマトの酸味が強い仕立てにするが、これは練肉の旨味と優しいトマト+クリームのソースで食べさせるフランス料理版だ、「おふくろの味」ならぬ「パパの味」(笑)。店主の奥さんが話してくれたが、長引く不況で客足が落ち気味なので、数量限定ながら破格のランチを作り、近所の人が気楽に来られる「きっかけ」にしたかったとの事だ、決して「洋食店」への転身を考えている訳では無いと思う。それにしてもこの本格的な一皿とパンにデザートが付いて、税込1,050円は安過ぎると思った(笑)、家が近いなら毎週でも来たい。
 デザートは通常版ではなく、甘党の私のために料理長が特別に増量してくれたもの(笑)、此処のデザートは毎回感じるのだが、私と味のベクトルが合って、とても美味しいと思う。
 隣席になったのは、料理長の知人であるフランス料理店主との事だった、不況下の客入りについて尋ねてみたら、ランチタイムはそれなりに来客はあるが、ディナーは波があって厳しいらしい、これは東京のフランス料理店で聞く話と同じだ。

 厳しい現状だが、地域を盛り上げるためにも、地元密着型のフランス料理店として、この「パパノエル」は健在であって欲しいと思う、美味しくて温かいランチをありがとうございました、和歌山へ向かう前に、大阪環状線を鶴橋で途中下車する意義は十分あった(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -