最後の晩餐にはまだ早い


青山「フロリレージュ」(2013年3月)

 今年初めての「フロリレージュ」のランチ、この店の唯一と思える不満は、「行きたい」と思ってから予約すると、2ヶ月待たなければならない事(笑)、これはもちろん店側の責任ではないが、この日も2ヶ月前に昼間電話をかけられる同行者に電話予約を頼んだ、私がかける時と違い一回で繋がったそうだ(笑)。

 行かれた事のある方はご存知だと思うが、この店は高級住宅街の中にあって道が狭い、以前夜に来た時は来店客を乗せたタクシーが道の途中で立往生しているのを見たし(笑)、この日も普段でも狭い道で更に工事をしていて、車幅のある高級外車に乗った近所の男性が、工事担当者と口論していた、「金持ち喧嘩せず」と言うが、青山では違うみたいだ(笑)。
 入店は12時ちょうど、この店は昼の開始時間を12時と12時半以降に分け、客が集中しない様にしているらしく、この日も結局満席になったが、料理の出は割とスムーズだった、毎回感じるのだが高級店の割に客層が若いのがこの店の特徴。

 この日のプリフィクス・ムニュ(4,200円)から選んだのは、

           130414-1.jpg
・アミューズ(定番オリーブのパン)

           130414-2.jpg
・ランチタイムで提供するグラスワイン3種

                130414-3.jpg
・竹の子のロースト、アワビのビゴリ

           130414-4.jpg

           130414-5.jpg
・北海道産仔羊のローストとそのラグー

                130414-6.jpg
・柑橘のデクリネゾン

                130414-7.jpg
・マカロン

 前菜はこれから旬を迎える竹の子のローストに、アワビの身と肝をすり潰しパスタ状にしたものを合わせた、このパスタ?は前回に隣席で出ていたのを見たので食べてみたかった、見かけはあまり良くないが(笑)、アワビの香りが強く個性的な一品。
 この日の圧巻は肉料理の仔羊で、部位は背肉ではなく股肉、所謂「ジゴ・ダニョー」だが、普通のジゴ・ダニョーでは終わらない(笑)、この見事な火入れは素晴らしい、二皿目は端肉を煮込んでミンチにして丸く成形した、簡単に云うとコロッケだ(笑)、これは遊び心で味わえた。
 デセールは金柑を使ったもの、おそらくは「金柑パフェ」をイメージしたものだと思うが、個人的にあまり好きでないクレームシャンティが多かったせいか、以前にこの店に味わった秀逸なデセールに比べると、少し平凡に感じてしまった。

 サービスは近藤支配人を含め男性3人によるもので、とても快適に過ごせる、飲食店の人材不足(特にサービス陣)が深刻な東京で、これだけの接客レベルを維持するのはいかに大変か、様々な場所で聞いているだけに、感心もするが同情もしてしまう。
 先日、偶然食事を一緒にする事になったフランス人の料理関係者が、この店を訪れていて、「フロリレージュの料理はとてもフランス的、支配人も大変面白い、ワインリストは珍しい物を揃えていて素晴らしい」と称賛していたが、これこそ日々の努力の積み重ねによるものだろう。
 この値段で提供される料理とサービスの質の「キャルテ・プリ」を考えたら、やはり東京有数と言わざるを得ない、連日昼夜満席にするにはそれなりの理由があると思う。

 前述の様に、ロケーションや席数には課題もあるし、この若く才能ある料理人には、この店で完結して欲しくない気がする、次なるステップがあってもいいのではとも思っている。
 いずれにしても、今の東京で最も輝いている店の一つである事だけは間違いない。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -