最後の晩餐にはまだ早い


神楽坂「オー・トレーズ・ジュイエ」(2013年4月)

  この日は4月で職場を完全退職された方の慰労会を、このブログではお馴染みになった、神楽坂のフランス料理「オー・トレーズ・ジュイエ」で行う事に、もちろん店選びは私だ(笑)。
 こうした店に職場の人を連れて行くのは難しい、俗に「グルメ」と呼ばれる人達と違って、値段や移動距離も考慮しないといけない、気を付けないと後で「あそこは遠かった、高かった」と言われかねない、それに加えて料理が美味しくなかったとしたら、職場にも居難くなりそうだ(笑)、赤坂「オゥ・レギューム」や牛込柳町「ル・デッサン」等はこの条件に合致していたが、前者は昨年末で閉店(移転準備中)、後者は5月中旬で静岡へ移転との事でとても残念だ。その点この「オー・トレーズ・ジュイエ」は値段、職場からの距離、料理とどれも条件に合致する、バランスが優れているので人を連れて行っても安心、あとはサービスだが、この日は料理長の計らいで特別キャストを依頼してもらい、これも文句付けようがなかった(笑)。
 この日のムニュ・クリアティフ(4,800円)の内容は、

            130504-1.jpg
・イタリア産カルナローリ米サラダ サフラン風味、穴子のグリエ

        130504-2.jpg
・自家製ハムのアスピック、カリフラワーのムース

            130504-3.jpg
・新牛蒡のスープ

            130504-4.jpg
・2年越冬させた北海道こがねとフォアグラ、木の芽マヨネーズ

        130504-5.jpg
・アイナメのパネ、ホワイトアスパラ、浜名湖生海苔のソース

        130504-6.jpg
・オセアニアのプレサレ、ソルトブッシュラムのグリエ、アンチョビソース

            130504-7.jpg
・パイナップルのリソル、あきたこまちシェイク、シードルのジュレ

 ワイン選びも料理長にお願いしてしまった、
・Georg Breuer Riesling Sauvage2011
・Ad Astra Fattoria Nittardi 2011
 白はドイツラインガウ、赤はイタリアトスカーナと、ここの料理長らしい捻った選択(笑)。

 米サラダはイタリアンテイストの一皿、自家製ハムは4日間ソミュールに浸した後ボイルし、ボイル液のジュレと合わせた冷製の前菜、牛蒡のスープは最近多い牛蒡の味を強調し過ぎたものではなく、クリーム分が感じられる柔らかな味、演歌の題名みたいな「越冬こがね」は、2年間倉庫で熟成させたジャガイモをオーブンで焼きマヨネーズ風味のソースで食べるもの、これは濃厚で未体験の味だった。旬の魚アイナメは細かなパン粉を付け揚げ焼きし、風味豊かな生海苔のソースで味わう。
 そして本日の肉料理が私も初めて食べる「ソルトブッシュラム」、これは料理長が説明してくれたが、オーストラリア内陸地に生育するソルトブッシュと云う名の植物があり、地下水を養分として生育し塩分を葉に蓄える性質がある、これを餌として食べ続けた羊は肉質が飛躍的に向上し美味になる事から、最近注目されている食材だそうだ、フランス・ノルマンディー地方の、塩分を含む牧草で生育した羊「プレサレ」と同じだ。値段は通常の豪州産仔羊の倍近いとの事、食べた印象は「とにかく味が濃い」、「フランス産と同じか?」と訊かれたら微妙に違う気もするが、これは充分美味しい羊だ、倍の値段なのも頷けた。

 この店に初めて伺ったのは去年の7月、職場から近く今の処は予約も取り易いので頻繁に通う店になったが、料理はその時から明らかに進化し洗練されてきた、これは客層も影響していると思う、まだマスコミの注目度の低い店を支えるのは、本当に料理が好きな客だなと感じる、この店には「いい客」が付いている、何回か通ってみてそれが判った。
 神楽坂だけで「バル」的な店も含めると、フランス料理を提供する店が約80軒あると聞くが、この中で生き残るには、店を支えてくれる客をいかに確保するかが重要になる、常連客が他の店で浮気をしても、やがてはその店に帰ってくる様、日頃の努力が求められると思う(笑)。
 料理長並びにスタッフの皆様、この日も楽しい場の提供をありがとうございました。

(なお「オー・トレーズ・ジュイエ」は、現在内装工事のため休業中、5月末から6月初めに再開予定です。)


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -