最後の晩餐にはまだ早い


八丁堀「シック・プッテートル」

 この日の平日休みランチに選んだのは、地下鉄日比谷線八丁堀駅近くに昨年11月にオープンした、フランス料理「シック・プッテートル」、オープン時からずっと行ってみたかった店だ。
 今は食に関しての情報が氾濫し過ぎていて、その中から自分に有益な情報を選択しなければならない時代、新店情報に関しても本当に期待していい店かどうかは、マスコミだけでなく信頼できる食べ歩きの先人達の情報が何より頼りになる。
 この「シック・プッテートル」に関して、行った人の感想ではネガティブな評価は聞かず殆どの人が褒めていたので、「これは早く行かないと、予約の取れない店になり兼ねない」と焦っていた(笑)、この日の昼に同行者と予定が合い、やっと行ける事になった。

 店の場所は八丁堀駅から東京駅八重洲口へ向かう途中、八丁堀郵便局近くにある、東京駅周辺は再開発真っ盛りだが、少し離れたこの辺りはまだ落ち着いたビジネス街、サラリーマン相手の弁当屋も多く、360円弁当を山積みしている店もあった(笑)。もとは蕎麦店を改装したと聞く「シック・プッテートル」は、カウンターを含めても20席と小さな店、WEBページでは「路地裏のアジトのような大人の空間」と自己紹介しているが、まさにそんな感じだ(笑)。料理人は生井祐介氏、軽井沢「ウルー」の料理長を経て、この店の開業にあたりオーナー兼サービスの星氏とコンビを組む事になった、サービスはもう一人女性が居て二人体制、厨房は生井氏一人だ。

 この日はあらかじめお願いしていた、3,800円の料理長おまかせメニューをいただく事にした、

          130516-1.jpg
・サマークイーン(苺)のピクルス

              130516-2.jpg
・静岡産生シラスと青海苔、炒ったパン粉

          130516-3.jpg
・バスク、キントア豚のサラミ

             130516-4.jpg
・茄子と鳥貝、カラスミ、アボガドのピュレ

          130516-5.jpg
・太刀魚の骨付きロースト、アリコヴェール

          130516-6.jpg
・ソルトブッシュラムの背肉ロースト、シャンピニオン、蕪

              130516-7.jpg
・キャラメルのムース、チュイール、パンケーキ、バナナとレーズン
・ミニャルディーズとエスプレッソ

 この店に来るまでは、東京では「フロリレージュ」の4,200円が「最強ランチ」だと思っていたが、強力なライバルが出現した(笑)、これは見事な構成と料理力だと思う、皿上のドレッセも綺麗で上手い。
 まずは最初の苺のピクルスで「おぬし、出来るな」と思わせる(笑)、次の生シラスは和食の一品みたいだがこれも面白い。茄子と鳥貝は特に印象に残った料理、料理人は野菜料理が得意らしいが、これから旬になる茄子を主役にした素敵な前菜、貝に入れた細かな包丁が効いている。太刀魚はあえて骨と皮を付けて焼いたもの、料理人が「それが一番旨いから」という結論に達したのだろう、多少食べ難くてもこれは賛同出来る美味しさだ。ソルトブッシュラムはこれが2回目、火入れはジャストだしガルニとの相性もいい、一番美味しい脂を残す人がいるので、食べ易い様に脂部分を一旦外して燻製にかけたそうだ、このひと手間も効いている。感心したのがデザートで、一人厨房の場合は料理が良くてもデザートで落胆する店があるが、この皿は甘さと香り、リキュールの使い方に優れ印象的なものだった。

 サービスはイタリア料理店出身のオーナーが担当だが、厨房が信頼できるので、安心して接客にあたれる様子に見える、邪魔にならない程度に話しかけ、上手く間を持たせて居心地はとても良い。特筆すべきはグラスワインが安い事、これはかなりサービス価格だと思った。
 最後に生井料理長が挨拶に出て来て少し話をしたが、意外にもフランスで働いた経験は無いとの事、それでいてこれだけフランス的な料理を作るのは、作るだけでなく食べる方も相当実践を積んでいる筈だ、失礼ながら若く(30代後半?)面構えもいいし、この料理人はこれから更に伸びそうな気配がある(笑)。

 この日の料理が毎回出せれば、遠くない時期に「予約の取れない店」の仲間入りもありそう、だからブログには書きたくなかったのだが(笑)、そうなる前に一度行ってみる価値のある店だと思う。
 食後はオーナー&料理長に見送られて退店、私は腹ごなしも兼ね東京駅まで歩き、改装なった駅舎と話題の「KITTE」を見に行ったが、この話は次回にしたい。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/05/17(金) 00:02:07 |
  3. URL |
  4. アルテファン
なんという偶然でしょう! ほんとうにびっくりしました。
私もこの店が好きで、すでに何度か通っております。
基本的にクラシック好みで、プレゼンのきれいさにこだわる店には否定的なのですが、この店のように、狙っていることがことごとく的を射ているときには、すなおに感服してしまいます。

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/05/17(金) 21:10:36 |
  3. URL |
アルテファンさん
「シック・プッテートル」いいですね、このオーナーと
料理人の関係が上手く行っていれば、この店は更に進化
して行きそうな気配を感じます。
私は年末になると「今年印象に残った店」を挙げるのですが、
今の処東京では、この店がピックアップ候補の筆頭かも(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -