最後の晩餐にはまだ早い


東銀座「ル・ボーズ」

 「WEBゲーテ」というサイトの中で、「ビストロ新潮流」と題し比較的最近オープンした、都内のビストロ5店を紹介していた。
http://goethe.nikkei.co.jp/gourmet/130425/index.html
 紹介文を引用させてもらうと、「雰囲気はカジュアルだけれど、味は本格派」「名店と言われるレストランで修業した若手たちが、小さいながらも自分の理想郷として奮闘している店」とある、パリの「ネオ・ビストロ」みたいな感じだろうか、これを見ていて「行ってみたい」と思ったのが、今回紹介する東銀座の「ル・ボーズ」だった。
 サイトでは白アスパラガスの前菜と、ラパンのココット蒸しを紹介していたが、どちらも料理に余計な物が無く端正、料理人は銀座の老舗フレンチ「ペリニィヨン」で18年働いていたとあり、この料理画像を見る限りでは確かにそのキャリアを感じる事が出来た。 
 これは良さそうと、何か働きかけるものがあり(笑)、まずはランチに行ってみようと平日休みに当日予約で行ってみる事にした。

           130601-1.jpg

 店の場所は地下鉄東銀座駅を出て、王子製紙本社のある道を銀座方面へ向かった左側、雑居ビルの3階にある、ビルの入口の案内には‘BRASSERIE BAR A VIN Le Bonze’と表記されている。エレベーターで3階に上がり、ガラス扉を開けたら採光の良い明るい店内、カウンター5、テーブル12の計17席と小さな店だ、サービス担当の女性に名前を告げたら、カウンター、テーブル席どちらでもと言われたので、厨房に一番近いカウンター席に座った。ここは料理の作業が見える最上席だ(笑)、厨房は割と広さを確保しているが、料理は店主一人で担当する。
 ランチメニューは、前菜+メイン+デザート&コーヒーの2,500円と、スープ+野菜+メインの1,200円の2種、前菜とメインは3種から選べる、2,500円の方に決め選んだ料理は、


           130601-4.jpg
・サクラマスのマリネ、緑アスパラ、島キュウリ

           130601-2.jpg
・「レカン」のオリジナルラボで焼いているバゲット(美味しい、売っていれば買いたいがショップは無いらしい)

               130601-3.jpg
・2009 Bourgogne Côte d'Auxerre Chardonnay Domaine Sorin de France (グラス1,000円)

               130601-5.jpg
・仔羊モモ肉のトマト煮込み

               130601-6.jpg
・苺のスープ、クレームダンジュ
・コーヒー

 サクラマスは両面を炙ってからマリネしたもの、島キュウリが珍しい、マスの身は上質で、酸味を効かせ過ぎず柔らかな味。仔羊は想像していたのは違い、骨付きの塊肉をトマト味で柔らかく煮込んだもので、皿からはみ出しそうな程に大きい、この料理も塩気が穏やかでトマトの酸味が効いている、特に骨回りの肉は美味で残さない様に骨まで齧ってしまう(笑)、魚も肉も骨付きのまま料理した方が美味しい実例。デザートの量は少なめだが苺の酸味とクレームダンジュの甘味のバランスがいい。
 全体的には酸味の使い方が上手く、盛付けもシンプルながら綺麗、さすが「ペリニィヨン」出身だと思った。今年行った「ビストロ・ヌー」や「シック・プッテートル」でも感じたが、若い世代の料理人は総じて皿上のドレッセが綺麗だ、これはネット上に料理画像が頻繁に出回る時代になった事と関係ありか、つまり「美人は人に見られて綺麗になる」のと似ていると思うが違うかな(笑)。

 サービスは若い女性が一人で担当、始め料理人のマダムかと思ったが違うみたいだ、でもこの方はしっかり客席を把握しているし、予約なしで入って来た客への対応も良く好印象、外食サービスの人材不足の東京で、今頼りになるのは女性だけかも(笑)。
 夜でもメニューは5,000円と7,000円だそうで、銀座の地代を考えたらかなり頑張っているなという印象、テーブルクロスは省略、ナプキンは紙製、カトラリーは使い回しとコストダウンを図っているが、これでいいと思う。ベタなサービスを望む人はサービス料を取る他店へ行った方がいい、銀座ならいくらでもある(笑)。

 「カミソリみたいな切れ味」と云うより、もっと安心して美味しい料理、でもまた次来たくなる店だ(笑)。雰囲気も隠れ家的だし、この日も予約なしでやって来た客が数人いた、男1人で来ても違和感ないフランス料理店だと思う、銀座にこうした店が出現する事は一昔前なら考え難かった。

               130601-7.jpg

 なお店名は店主の髪型から取ったそうだ、ただ‘Bonze’は職業?としての坊主の筈で、髪型の「坊主頭」は‘Tête rasée’では?もしかしたらプッチーニの歌劇「蝶々夫人」の中に‘Bonzo’(坊主)という怪しげな日本人が現れるので、ここから付けたのかも知れない、次行った時に訊いてみようと思う(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

ドレスコードありますか?

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/11(火) 00:04:11 |
  3. URL |
  4. papa
値段もお手頃で雰囲気も良さそうなので行ってみたいです!ドレスコードはあるんですか?ビストロなのでカジュアルでよさそうな感じがしますが、フレンチは慣れていないもので…

Re: ドレスコードありますか?

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/11(火) 20:00:41 |
  3. URL |
  4. オンクレ・トシ
サンダルや下駄ばきとかでなければ、まず大丈夫でしょう。
気軽に食べられますよ、まずはランチから行かれてみたらいかがでしょう?
予約はしてからの方がいいと思いますが。

> 値段もお手頃で雰囲気も良さそうなので行ってみたいです!ドレスコードはあるんですか?ビストロなのでカジュアルでよさそうな感じがしますが、フレンチは慣れていないもので…

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -