最後の晩餐にはまだ早い


本郷「TIES(タイズ)」

 御茶ノ水から本郷・湯島界隈は、私が30年以上を過ごした職場から近く、遷り変りをずっと見て来た街だ、特に本郷通りは都営大江戸線が出来るまでは歩く事が多く、年を経る毎に古い街並みが失われていくのに寂しさも感じていた。昔から続いた喫茶店や食堂が閉めた後に出来たのは、全国均一仕様のファストフードやコーヒーチェーン、金太郎飴みたいに何処を切っても同じ光景が現れる、面白味のない普通の東京の街になりつつある(笑)。
 その本郷にコーヒーとケーキの美味しい店があると聞いたのは数年前、以前よく歩いていた本郷通り沿いなので、「一度訪ねてみたい」と思っていたが、私は根が貧乏性のためか(笑)、喫茶店で「ゆっくり」出来ない性質で、フランス人みたいにコーヒー1杯で何時間もじっとしていられない、そんな事もあって行く機会を逃していたが、先日運動不足解消のため、久しぶりに歩いて帰る途中、この店の事を思い出して初訪問をする事に。

             130609-1.jpg

 店の名前は「TIES(タイズ)」、WEB情報によると「ネクタイ」の‘tie’の事で、人と人の「結び目」の場所にしたいと命名したそうだ。場所は地下鉄の本郷三丁目駅と湯島駅の中間位、東京大学構内へ入るための龍岡門近くの1階にあるが、店構えも看板?も地味で注意しないと通り過ぎそうだ。
 店内へ入るとケーキを並べたガラスケースがあり、店売りにも対応しているが種類はそう多くない、これは全て店主が作るそうだ。カフェ部分は細長い店内の奥で、結構暗いので客が居るのか判らなかったが、案内されてみると椅子席(6席)は既に埋まり、カウンターにも人が座っていた、この同じカウンターに案内された。
 渡されたのはコーヒーのメニュー、数種ある中から選んだのは「ファイブブレンド」で、豆を20gと30g使用の二種あるうち30gを注文した(600円)、勿論ケーキも食べてみたいので、変わった形の「サーカス」(500円)をお願いした。

             130609-2.jpg

 カウンターなので、コーヒーを淹れる店主がよく見える、眼鏡をかけインテリ風で寡黙そうな風貌、淹れ方が独特でネルドリップだが小さいネル袋に挽いた豆を入れ、湯を入れたポットを2つ使用する、始めは低い湯で蒸らし、その後熱い湯で抽出するみたいだ、ポットの注ぎ口は回さず湯を下に落とすだけ、時折ネル袋を動かす、豆は深煎りで細かくミルしたものだと思う。同じ本郷通りには「和田珈琲店」という老舗専門店があり、こちらもネルドリップだが、大きなネル袋を使いポットの注ぎ口を回しながら淹れる、豆も浅煎りで粗くコーヒーは軽い仕上がりになる、同じネルドリップでもこれだけ違うのは面白い、考えてみれば肉の焼き方も料理人により千差万別だ、どれが正解とは言えず、要は作る側が「これが一番」と納得して実行する事が大切なのだろう。

             130609-3.jpg

 店内がコーヒーの香りに満たされる頃、女性(奥さん?)がケーキを運んで来る。「サーカス」はおそらくサーカス小屋のテントをイメージしたのだと思う、コーヒーとバナナのムースをチョコレート生地の上に乗せココナッツパウダーをまぶしたもの、回りの柱に見立てたのは焼きメレンゲ、全体的に柔らかく優しい味、持ち帰りケーキと考えると繊細過ぎる気もしたが、これはこの店のコーヒーと合わせて味わうのがいいのだと思う。

             130609-4.jpg

 続けて運ばれて来たのが丁寧に淹れたコーヒー、珍しいデザインのカップは小鹿田焼だそうだ、一口飲むと苦味の後に爽やかさがやってくる、濃厚な香りは強いが機械抽出ではないので嫌なエグミは全くない。なお1杯あたりコーヒー豆30gはかなり贅沢な使用量だ、ちなみに市販の紙パック式コーヒーは10g前後(笑)。

         130609-5.jpg

 照明を落とした店内には、エリック・サティ等ピアノ曲のBGMが流れ、贅沢な時間を過ごしている気にさせてくれる(笑)、変な緊張を強いられない空間なのもいい。コーヒー+ケーキで1,100円は高いかも知れないが、殺伐としたコーヒーチェーン店ではまず得られない「豊かさ」を感じる事が出来た。
 此処は東大や本郷三丁目駅周辺まで来たら、足を延ばして寄ってみる価値あるし、男一人でケーキを食べていても、決して可笑しく思われない店だと思う(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -