最後の晩餐にはまだ早い


大崎「おはらス・レストラン」(2013年6月)

 ブログとSNSをやっているおかげで随分と交友関係が広がった、これはありがたい事だ、ネットを使っていなかったら、これだけグルメ関係の知人が増える事は無かったと思う。私の年齢になると通常交友は広がるより狭くなる、同年代の人間は身体の何処かが悪くなるのは当たり前、既に早世してしまった人もいる、集まると話題は病気や老後の話と辛気臭い事この上ない(笑)。
 ところがこれが「食」で知り合った仲間だと、年齢、職種、収入、性別等々を乗り越えられる(笑)、話してみると自分の知らない業界の話など実に面白い、まさに「見分が広がる」のだ。
 この日もFacebookで知り合った関西のグルメな方から、「東京に行くので、食事を後一緒にいかがですか?」のお誘いがあり、場所も「おはらス・レストラン」との事で、大好きなこの店に行かない訳にはいかないと、万難を排して?伺う事になった。私はどういう訳か関西人と親しくなる事が多い、自分の先祖について調べた事があり、父親は東京生まれだが、祖父は愛知県豊橋出身、更にその前は福井に居た事までは判っていて、もっと前は関西出自だったのかも知れない(笑)。

           130711-1.jpg

 「おはらス・レストラン」は、今年2月の初訪問以来これが3回目と、私には珍しい程の頻繁さだ、今回は初めてのディナー。約束していた18時に入店したら、既に友人は待っていてくれた、これが初対面なのだが、そうは思えないのがネットを通じて知り合ったグルメ仲間で、座った途端に「千年の知己」の様にグルメ話に入れる(笑)。
 私の顔を覚えていたマダムから渡されたムニュを拝見する、夜は基本が7,350円で、前菜・スープ・メイン・デザート・コーヒーの構成、それぞれ選択肢が多いのがこの店の特徴、悩んだ末に選んだ料理は、

               130711-2.jpg
・アミューズ(マンゴーの生ハム巻)

          130711-3.jpg
・ロワール産ホワイトアスパラガス、ソース・ヴィネグレット

               130711-4.jpg
・ガスパッチョおはらス風(+525円)

               130711-5.jpg
・イベリコ豚のロースト、シンプルなジュで、(二人分+2,100円)

          130711-6.jpg
・生落花生のブランマンジェ

          130711-7.jpg
・ミニャルディーズとライチ

 アスパラガスは蒸して火入れし、シンプルなヴィネグレットで食べる、美味しかったがやはり旬は少し過ぎたかなとの印象は持った。ガスパッチョは液体の中にガスパッチョで作ったフローズンを加えた新感覚の冷製スープ、これは60歳過ぎた料理人の感覚とは思えない(笑)、ピリっとした辛味が下品にならないギリギリさで、これはもう少し飲みたかった(笑)。真打のイベリコ豚は肩と腹肉の部分を二人分一度に焼き、エマンセ(薄切り)して皿に盛る、付け合わせはジャガイモのグラタンドーフィノワ、ジロールに根野菜、これはジワジワと来る美味しさ。ブランマンジェは三田「コートドール」のココナッツ風味と似ているが、より濃厚で妖艶な味だ。

 小原料理長の料理は切り口がとても穏やかだが、一皿食べ終わった時に頂点が来る、そして全ての料理を食べ、最後のコーヒーを飲み終わった時に一回目の満足感が訪れる、小原夫妻に見送られ店を後にして、家に帰った頃に「また行きたい」と思う(笑)。若い料理人の料理が一口食べた直後に「旨い」と思うが、最後には「次は暫く先でいいな」と思う事がありがちなのと対照的だ(笑)、これを恋人との関係に例えれば、一緒に過ごす時間より別れた後に、「逢いたい」と思う気持ちが増すみたいなものか(笑)。
 江戸時代に隆盛を誇った吉原遊郭の大門には「見返り柳」と呼ばれた柳の木があり、客が遊女とのひと時を名残惜しみ、この辺りで遊郭を振り返った事からこの名前が付いたと言われる、客にこう思わせるのが最高のサービス業だとしたら、「おはらス」の地下への入口は、「見返りゲート」とでも呼びたい形をしている(笑)。

 最後に挨拶に出て来られた小原料理長に、「昔、シベリア鉄道に乗ってフランスに行かれたと聞きましたが?」と尋ねたら、「1968年です(5月革命があった年)、パリは騒然としていました」、「最初の店はアラン・サンドランスが買収する前の『ルカ・キャルトン』でした、それから『ヴィヴァロワ』に行きました」と、私の様な若輩者?の質問にも実に丁寧に答えていただき、恐縮する事しきりだった(笑)。
 この店は本物の大人が楽しめる本物のレストラン、私は参加するのが遅かったが、この店の常連になる事は、「本物の大人」への近道かも知れない(笑)。
 素敵なご夫妻に見送られて、この素敵な店を後にした。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -