最後の晩餐にはまだ早い


神田須田町「雲林坊秋葉原店」の担々麺

 平日休みのこの日、秋葉原に用事があったので何処かで昼食と思い、選んだのは神田須田町にある「雲林坊秋葉原店」、同じ須田町にある中国四川料理「雲林」の支店で、担々麺や麻婆豆腐に特化した専門店、「雲林」の子供だから「雲林坊」と云う名前を付けたのだと思う(笑)。
 本店ではコース料理の最後に担々麺が出て、なかなか美味しかった記憶があるので、以前から行ってみたいと思っていた店だ。
 場所はJR秋葉原駅から神田駅へ向かう途中、靖国通りに面しJR高架の文字通り「ガード下」にあって判り易い、真上には東北・上越新幹線が走る。

         130828-1.jpg

 私は若い頃は夜型人間だったが、現在は朝型人間に変わった、春夏秋冬朝は6時には目が覚める(笑)、休みの日は大抵朝食を摂らないから、昼食は早目に食べる事が多い、この店の様にランチ開始が11時からだとありがたい、11時半や12時開始の店はサラリーマンのランチとぶつかる事が多く、店に着いてみたら既に満席だったと云う事もある、その点11時開始だと席待ちの心配はまずいらないので安心だ(笑)。
 店はカウンターだけの10席、ラーメン専門店に多い先に食券を買う方式だ、この日は大変暑い日だったので、「汁無し担々麺」にも惹かれたが、先日行った千駄木「天外天」との比較もしてみたく、「汁あり担々麺」(800円)を選ぶ事に、この他にも麻婆豆腐定食や麺に小丼が付いたセットもある。
 外観から想像したより店内は綺麗に整頓されている、カウンター内は最初一人だったが、あとで2階?から一人降りて来て加わり、二人で料理を作っていた。面白いと思ったのが、割り箸とレンゲの入った洒落た抽斗で、始めはこれが何だか判らなかった(笑)。

          130828-2.jpg

          130828-3.jpg

 しばらくして、カウンターの前に置かれたのが、派手な色彩のラーメン丼に盛られた担々麺、辛さの事は聞かれなかったので、何も言わなければノーマル版が出るみたいだ、見た感じではそれ程辛そうには見えない、香辛料のいい香りがする。

          130828-4.jpg

 まずは一口スープを味わうと唐辛子の辛味と芝麻醤の甘味が上手くエミルジョンされ、味のバランスはとてもいい、スープも丁寧に取ってあって辛さだけが突出していない。
 麺は全粒粉を使用しているとの事だが、汁ありの方は細麺、汁無しには太麺を使う、この麺が美味しい、細麺ながら歯応えがあって、強いスープに負けていない。私は大体においてどの食べ物も食べるのが早いが、それが自分のストライクゾーン真ん中に入った美味しさだと余計に早くなる(笑)。この日もあっという間に完食してしまった、もう少し若い頃だったら、汁無しも追加で一杯行けたかも知れない(笑)。
 あくまでも担々麺だけの評価だが、私は「天外天」よりこちらの方が好きだ、スープと麺のバランスがいい。隣席の客が食べていた麻婆豆腐も美味しそうだったし、此処はまた来てみたいと思った。

              130828-5.jpg

 帰りは昭和通りに向かって歩いて行ったが、途中由緒ありげな小さな神社があったので中を拝見する事に、「柳森神社」と書かれ、境内には大きな狸の石像や、「力石(ちからいし)」と云う名の、江戸時代に力比べに使ったと由来のある古い大きな石が幾つも置かれ、なかなか面白い不思議空間である。帰宅後調べたら、江戸城から鬼門の方角にあたるこの場所に、江戸開幕以前に鎮守として建てられた歴史ある社だそうだ。狸を守り神にしているそうで、近隣の人はこの神社を「おたぬきさん」と呼ぶらしい(笑)。
 この須田町には、「看板建築」と呼ばれる古い商家様式の建物も残っていて、近くの秋葉原の開発、再開発に取り残されたみたいな一角、歩いていて大変面白い、路上観察に興味のある方には、秋葉原に行かれたら、ここまで足を延ばしてみる事をお勧めしたい。


 
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -