• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

最後の晩餐にはまだ早い


札幌芸術の森(2013札幌食べ続け⑥)

 これが最後の札幌ネタになる(笑)。
 札幌食べ続けの間に、唯一「観光」的な事をしたのが、札幌市内南部にある「札幌芸術の森」へ行った事で、此処は以前から訪れてみたかったアートスポットだ。実は去年10月にも行くつもりでいたのだが、当日WEB上でアクセスを調べたら、「熊の出現により休館します」との文字でガッカリしたもの、2年越しでようやく訪れる事が出来た。
 場所は市営地下鉄南北線真駒内駅で降り、駅前から発着するバスで約15分、料金は280円なのだが、地下鉄との「乗り継ぎ割引」で安くなる、ただこのバスは都バスと違い料金は降車時払い、支払時には釣銭が出ない運賃箱なので要注意、私は知らずに料金箱に100円硬貨をそのまま入れてしまい、運転手とちょっとしたトラブルになった(笑)。

        131012-1.jpg

 「芸術の森」内の敷地は広大なので、まずは入口から近い「芸術の森美術館」から観る事にした、現在「高橋コレクション・マインドフルネス」展が開催されている。東京在住の精神科医高橋龍太郎氏の個人コレクション展示で、現代美術のコレクターとして知られる氏のコレクションは壮観の一言、僅か15年ほどの期間に約2,000点を収集したそうで、その資力もさることながら、集めたエネルギー自体大変なものだ、今回はこの一部を公開している、草間彌生、奈良美智、村上隆といった日本人作家中心で、全て名作ばかりと云う訳ではないが、現代美術に興味がある人は見ておくべきだと思う。

 続いて行ったのが「工芸館」で、ここで道内作家の陶芸・金工・木工作品や、2階の工房で制作している織物類の販売をしている、北海道在住の陶芸家工藤和彦の片口鉢に惹かれたのだが、東京まで持って帰る面倒を考え断念、花瓶置きになる小さな織物をお土産に買った。
 この後に階段を昇って行ったのが、観るのを一番楽しみにしていた「野外美術館」で、7.5ヘクタールという広い敷地の自然の中に、国内外の作家64人の野外作品73点を配置し、自然の中で人とアートが触れ合える場にしている、美術関係者から「此処の野外彫刻は見る価値がある」と以前から聞いていたが、その言葉どおりだった、一応全作品を観て回ったが、特に印象に残ったものを上げておく。

             131012-2.jpg
・入口近くで迎えてくれるのは、朝倉響子「ふたり」

             131012-3.jpg
・東京でこれに似た住居を見た?新妻實「目の城 ’季季90」

        131012-4.jpg
・アザラシの親子?(笑)、中井延也「月下」

             131012-5.jpg
・市内から見える宮の森ジャンプ台を連想(笑)、澄川喜一「そりのあるかたち」

        131012-6.jpg
・子供たちに一番人気の、福田繁雄「椅子になって休もう」

        131012-7.jpg
・天使の羽根みたいな、小清水漸「石翔ぶ」

             131012-8.jpg
・己の姿を見ているような(笑)、細川宗英「ユカタンの女」

             131012-9.jpg
・自然の中で異質な世界を表現する、内田晴之「異・空間」

        131012-10.jpg
・韓国出身で世界的に評価されている作家、李 禹煥「関係項」

 野外美術館と云うと、「箱根彫刻の森」や現在は閉館中だがスペイン・サン=セバスチャンの「チリーダ・レク」等を連想するが、見渡しの良い平原に彫刻を置く両所と違い、木立や起伏の中に彫刻を設置しているので、歩いていると市川崑の横溝正史物みたいに突然彫刻が現れる(笑)、この人を驚かせる意外性が面白い。見たい彫刻を捜すと云う楽しみ方も出来るし、大人でも子供でも楽しめる場所だと思う。
 積雪のため11月から4月までは休館、ブロンズや鉄製の彫刻も多いので、その間はビニールシート等で厳重に養生する筈だ、その労力や雪解け後の整備等を考えると、相当費用がかかるだろうし、収入が入場料だけでは収支は赤字だろう、でもこの優れた施設はこれからも続いて欲しいと願う。

 札幌は「食べる」だけではなく、こうして文化の香りも高く、人の心も優しい街だ、訪れる毎にこの街が好きになっていく私は、近い将来は此処で「年金暮らし」をするのも悪くないなと思い始めている(笑)。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 美術
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -