• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

最後の晩餐にはまだ早い


湯島・ナポリピッツア「アランジャルシ」

 この日のランチは千代田線湯島駅近くにある別の店に行くつもりだったが、開店時間の11時過ぎに着いたら店前に貼紙があり、「本日一人での営業のため12時からになります」との知らせが、この日は台風接近の影響により交通機関が乱れ、電車遅れで従業員が来られないみたいだ(笑)、そこで方針変更し「この辺りで何処か良さそうな店は?」と考えて、思い出したのが、そう離れていない湯島切通坂の途中にある、ナポリピッツアの店「アランジャルシ」で、歩いて行ってみる事にした、この店も以前から行きたいと思っていた店だ。

             131028-1.jpg
 
 店に着いたのが開店時間の11時半、此処は予定通り開けるみたいで一安心、入店時一人である事を告げると、店主らしい男性からカウンター席に案内された、この席からはイタリア・ナポリから直輸入した薪釜がよく見える。

             131028-3.jpg

 店名の「アランジャルシ‘Arrangiarsi’」は、この男性が言うには「イタリア語で適当にとか、いい加減みたいな意味です」との事だが、後で調べたら英語の‘dodge’の様に「かわす、避ける(人)」と云う意味の使い方もする、たぶん英語の‘arrange’とは語源が同じなのだろう、要は「ラテン系です」と云う事みたいだ(笑)。

 昼は1,300円のピッツアランチのみ、それも限定20食で終了してしまう、内容は前菜+ピッツア+コーヒーで、ドルチェは別料金になる、ピッツアはチーズ・トマト・バジリコを使う定番の「マリゲリータ」と、チーズを使わない「マリナーラ」の2種からの選択になる、初訪問の店なので、ここは定番の「マルゲリータ」をお願いする事にした、出て来たものは、

         131028-2.jpg
・前菜盛り合せ(イカとサラダ菜のサラダ、白インゲン豆のトマト煮込み、ハムの下はピッツア生地のフリット?)

         131028-4.jpg
ピッツア・マルゲリータ

         131028-5.jpg
・本来ならここでコーヒーだが、ドルチェも食べたくなって、別料金のティラミス(450円)を注文

             131028-6.jpg
・エスプレッソとレトロなシュガーポット

 ピッツアが焼けるまでの繋ぎである前菜は、特別に美味しいと云うものではないが、豆好きな私としては白インゲンの煮込みが嬉しい(笑)。
 薪釜に入れてから2~3分かかっただろうか、お待ちかねのピッツアがやって来た、夜だと直径30㎝位の大きさらしいが、ランチタイムで出されるのは20cm径位のもの、周りの部分が程よく焦げて、チーズ、バジリコとトマトが一体となった香りが食欲を刺激する。一口食べてみると、生バジリコとトマトの香りがして、その次にチーズの味わいが来る、生地はモチモチしているのが特徴、ピッツアは薄焼きでカリっとした味わいにするタイプと、この店みたいに少し厚みを持たせてモチっとした食感にするタイプに別れるみたいで、どちらが良いと云うより食べる側の好みで選ぶものだろう。
 これだけモチモチしている生地は、グルテンが生成されている事だから、粉を練ってからある程度寝かして(熟成して)いると思う、どの位の間置いているかは聞かなかったが前日の生地かも知れない、これは勿論意図的で「残り物」では無い筈(笑)。先日の旅行時に札幌のフレンチ料理人から聞いたのだが、旭川近くにあるピッツェリアでは、実に1週間寝かせた生地でピッツアを作り、それが特に美味しいとの事だ。フランス料理に比べたら単純そうに見えたこの世界もやはり奥は深い(笑)。

 途中からサービス担当の若い女性がやって来た、彼女も台風の影響で遅くなったらしい、この女性はアルバイトみたいだが、とても元気が良く明るくて可愛い(笑)、やはり接客業は暗い雰囲気では向かない。この料理人の店主一人とサービスのアルバイト女性一人計二人で店を回すと云うパターン、何店かで見たので増えていると思う、今はやる気が感じられない男性従業員を雇うより、元気な女性アルバイトの方がよほど頼りになるし、店の雰囲気も良くなる(笑)。
             131028-7.jpg

 正午を過ぎてからは来客が続き、予約客もやって来た、この店がある春日通りの並びには、行列が出来る事で知られるラーメン店の「大喜」や中国料理の「一片雲」、ブログに書いたコーヒー&ケーキの「TIES」があり、向かいの湯島天神側にも老舗が数店存在するグルメスポット、その中でピッツェリアは異色だが、開店後既に5年経ったそうで、それだけ支持されて来たと云う事だ。
 ここはまた来てみたいと思う、グループで使うのも楽しいかも知れない。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -