最後の晩餐にはまだ早い


亀有「とんかつ有馬」

 先日、料理業界の人と食事をした時に、考えさせられる話があった。その方が英国人夫妻と東京の個人経営のレストランで食事した時、レストランの運営に関する話になり、「ロンドンでは経済的に、料理人が自らの店を持てるような時代は終わった」と言われたそうだ、つまりオーナーシェフの店は激減し、企業が飲食店を運営する時代になった、料理人はあくまでもそのスタッフの一員、機械で言えば部品の一つに過ぎず、部品ならスペアさえあれば何時でも交換可能だ(笑)。
 私はいずれ東京も、特に都心地域は同じ道を辿るのではと予想している、現にその兆候が表れていると思う、ロンドン同様に2020年の東京五輪へ向け土地代、建築資材、人件費が高騰、テナント賃料が更に上がると共に、少子高齢化による人材不足は深刻化し、飲食店を運営するためのマネジメントは、もう個人の能力を超えてしまうと思う、個人から企業への経営移譲は時代の必然で、「俺の~」グループや居酒屋チェーンの繁盛は、東京都心における個人飲食店の「終わりの始まり」ではないかと思っている。

       131125-1.jpg

 この日初めて訪れた、実家のある亀有のとんかつ店「有馬」での食事後、この話を思い出した。私が子供の頃、街中には寿司屋があり、蕎麦屋と中華そば屋(当時はこう呼んでいたが、今なら「中華料理店」)は必ず一軒はあった、更にはとんかつ屋、うなぎ屋もあり、何処も出前をやっていて、街はその自転車やバイクが行き交って活気があった、現在これらの業種で出前は激減してしまった、コンビニ等の台頭により需要が減ったのもあるが、働く人間がいないのが大きい、昔は飲食店には地方から出て来た若者が、見習い兼出前要員で必ず居たものだ、今は女性アルバイトを探すのがやっとで、彼女達に出前は頼めない。

 この「有馬」は絶滅危惧種とも云えそうな、個人経営の小規模とんかつ店で、開店は十年以上前だと思ったが、以前は同じ通りの別の場所に在り、この時は居酒屋みたいな雰囲気でフリでは入店し難くて敬遠していた、2年位前に現在地へ移転し、通りから店内が見えて入りやすくなったし、「食べログ」にも取り上げられていたので、今回初訪問をしてみた。
 店の場所は「亀有公園」のすぐ近くで、目の前にはTSUTAYAがある、店内は画像のとおり居酒屋風だが、店内照明を落としてBGMはJAZZを流すと云う、「脱下町的」な雰囲気も感じられる(笑)。
 厨房は店主一人、店内サービスは若い女性が担当するが、たぶんアルバイト店員ではないか?

    131125-2.jpg

    131125-3.jpg

 「食べログ」では「上ロースかつ定食(1,350円)」がいいと取り上げられていたが、この日は初回だった事もあり、実力を知るために、ランチメニューのとんかつ定食(850円)を注文する事に、これは夜メニューのとんかつ定食(1,100円)と同じ内容なのかは判らなかった。

    131125-4.jpg
 
 しばらくして運ばれてきたのが、ロースかつとご飯とお新香、味噌椀は赤出汁ではなく豚汁を薄くしたみたいな、普通?の味噌汁だった。「とんかつ」のサイズが小さいのはこの値段では仕方がないが、肉の筋切りは丁寧にされていて、揚げた衣の剥がれもない、変な豚臭さも感じないので、それなりの豚肉を使っていると思う。
 感心したのはご飯が美味しい事で、とてもふっくらと艶やかに炊けている、ランチタイム口開けの客だったため、一番旨い「炊き上がりの一杯」に当たったみたいで、思わずお代わりまでしてしまった(笑)、特に銘柄米を使っている訳ではないとの事で、やはり米は「氏(銘柄)より育ち(炊き方)」か(笑)、家庭で2~3合炊くのとは違うと思った。このご飯を含めて850円なら十分納得できる内容だ、次は必ず「上ロース」を試してみたいと思う。

       131125-5.jpg

 主人はいかにも人が良さそうな下町の職人風で、地域に根差して多くを望まない、勝手な想像だがそんなタイプにも見えた(笑)。私と定休日が同じなのは残念だが、土日ならまた来れそうだ。
 街中から個人店の灯を消さない様、個人経営の店は出来るだけ応援したいと思う、チェーン展開店で全国の何処で入っても均質な物が出て来る店、食べ物を作った人の顔が見えない店なんて、面白くないでしょう?(笑)

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. とんかつ・洋食
  3. / trackback:1
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

亀有 とんかつ「有馬」(初)メンチが旨かったよ

  1. 2013/12/27(金) 09:44:46 |
  2. 多摩 我が愛しのお店
亀有で昼飯を食べる時間となった。 仕事で訪れた北口は両さんの銅像があるが、飲食店


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -