最後の晩餐にはまだ早い


雑司ヶ谷「オー・ボン・コワン」

 のちに「バブル崩壊」と呼ばれる事になる、狂騒のカラ景気が終わったのは、1990年代初めとされているが、東京ではこの頃から「プリフィクス・レストラン」が流行した、それまでのフレンチレストランでは、メニューとアラカルトを揃えていて、メニューの方は固定されたコース料理で、前菜やメイン料理の差し替えは出来なかった、そこへ料理の選択が出来るシステムの店が出現した、主に前菜・メイン・デザートの3皿構成で、それぞれ5~6種類用意された中から自分の食べたい料理とデザートを選び、自分でコースを構築するやり方だ、もとはフランスから来たもので、仏語の‘prix fixe’は、「何を選んでも値段は均一」を表す意味だった。

 パリでは200フラン前後でのプリフィクス・メニューが多かった事から、それを当時の為替レートに換算したのが、夜3,800円メニューの店で、「サンパチレストラン」なる呼び方をしたものだ(笑)、更にはそれより低額な値段設定の店も登場、夜でも2,000円台と云う今なら「価格破壊的」なフレンチだった、井川氏が運営するグループ(「ラ・ディネット」「バザパ」「パ・マル・レストラン」)等が特に知られ、此処で働いた料理人が独立したのが、白山「プルミエ」や高田馬場「ラミティエ」で、これは今でも続いている。
 やがてこのプリフィクスの流行は下火になる、理由は幾つか考えられるが、一番は食材ロスが多く、店側の利益が上がらなかった事によるものだろう、最近では低価格帯の店でも、店主導の「おまかせメニュー」の構成を取る店が増えた。

     140104-1.jpg

 この日、お誘いを受け昼に初めて訪れた、豊島区雑司ヶ谷に昨年オープンしたフランス料理店「オー・ボン・コワン」でメニューを開いた時に、あの1990年代が蘇った(笑)。ランチメニューでも前菜6種、主菜5種、デザート5種からの選択で、前菜+魚+肉+デザート+コーヒーと、全部注文しても2,730円と格安、そして料理もあの時代を思い出す名前で目移りしてしまった(笑)、悩んだ末に選んだものは、

        140104-2.jpg
・サツマイモのクリームスープ

     140104-3.jpg
・自家製パン

        140104-4.jpg
・コブ鯛のポワレ

     140104-5.jpg
・仔羊とかぶの煮込み“ナヴァラン”

        140104-6.jpg
・ルバーブのクランブル、キャラメルのアイスクリーム

 見てください、このお爺さんが集って来たみたいな地味な色合い(笑)、これが1990年代の、余計な装飾を排したプリフィクス色だ、サイマイモのスープはスープ皿一杯に盛られ、余計な脂肪分を感じない、コブ鯛は皮目をしっかり焼いた香ばしさに、醤油の様な風味を感じるソース、ナヴァランはどこか「ほっとする」優しさ、洗練されたレストランの味と云うより、‘goût de grand-mère’(おばあちゃんの味)とでも呼びたい美味しさだ。
 デザートもこの値段にしては丁寧な作りで、何よりパンが自家製なのが立派、これを食べてしまうと、最近レストランで使う事の多い冷凍種パンを美味しいとは思えなくなる。

 料理長の市毛氏は、神楽坂のカジュアル系フランス料理店「サン・マルタン」の出身と聞く、独立して自店を立ち上げても価格帯は同じにしているが、自分の本分を見極め背伸びしない、これは云うのは簡単だが実行は難しい事、料理人は皆独自のプライドを持つものだ。食後に厨房から出て来たので挨拶したが、料理人と云うより壮年ミュージシャンと云った雰囲気の人だった(笑)。
 赤や白や緑色を多用したビジュアル優先で少量ずつの多皿料理ではなく、食べ終わって「こういう料理が食べたかった」と思わず膝を打ってしまう、「今日は何を食べた」が家に帰っても思い出せる料理だ(笑)。
 店の場所は雑司ヶ谷の目立たない小さな商店街の中にある、店名のとおり「(道の)角の旨い物屋」と云う雰囲気、あとで地図を見たら、私がかつて頻繁に通った、今は無き護国寺の「パ・マル・レストラン」の場所からそう離れていない、料理を食べていて、あの時代を思い出したのも偶然ではなさそうだ(笑)。

 帰りは鬼子母神前から久しぶりにレトロな都電荒川線に乗ってみたが、これがツボにはまった(笑)、都電車両の低い窓から見える街は、電車から見る景色とは違う生活に密着したものだ。
 この店は副都心線の雑司ヶ谷駅からも行けるが、出来る事なら早稲田方面からでも三ノ輪方面でも都電に乗って行く事をお勧めしたい、「あの時代」を体験した人なら、きっとトリップできると思うからだ(笑)。
 この日はとても寒い日だったが、この店と都電のおかげで心温まる午後になった。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -