最後の晩餐にはまだ早い


亀有「123ベーグル」

 この米粉ベーグルの専門店は、私が実家にいた時から通い続ける美容店(理容ではない(笑))へ行く途中にあるので、一昨年4月の開店時から知っていた。これがなかなか凄い場所にあって、駅はJRの亀有が一番近いが、そこから歩いたら10分近く、昔は曳舟川(別名:葛西用水)と呼ばれた運河があって、近くにあった工場の排水路として使われていたが、現在は親水公園として生まれ変わった、そのベルト公園に面した、古いアパートの一室を改造して製造販売をしている。
 自転車で前を通る毎に、「一度買ってみよう」とは思っていたが、個人的にベーグルはそれ程好まない事もあり、いつも見送ってしまっていた、WEB上でもこの店の情報を知り、今回「ブログ記事にしたい」と云う下心もあって(笑)、初訪問をする事に。

     140209-1.jpg

 昼前に到着した時に客はいなくて、すんなり入れたのだが(画像は帰りに撮った)、予想以上に狭い店舗だ、アパートの玄関三和土に小さなガラスケースを置き、そこにベーグルが少ないながら幾つか並ぶ、客はそれを見て選ぶのだが、玄関なので一人しか入れない(笑)、つまり「定員一人」、客がバッティングすれば外で待つ事になる。入口には寒さ除けだろう、冷蔵庫に使う様なビニールの透明カバーが下げてある。
 中から出てきたのは若い女性、奥では若い男性が作業をしている、夫婦だと思ったのだが、あとでWEB情報を調べたら兄妹だそうだ。時間帯によって並ぶベーグルの種類は違うらしいが、この日は7種類位、米粉で作ったワッフルもあった、その中からプレーン、惣菜系、スイーツ系のベーグル3種を選んで買う事にした。
 値段は一番安いのがプレーン(小)で70円、高い物で300円位まで、パン店で売っている小麦を使ったベーグルと比べて、格別安い訳ではないが、持った感じの重さはズシリとして質量は結構大きい。紙袋はシンプルそのものだった。(笑)

     140209-2.jpg
 
 米粉を使ったベーグルは日持ちしないそうで、買ってすぐに試してみた、以下はその画像と食べた感想。

        140209-3.jpg
・プレーンベーグル(中)(150円)
 この店基本の米粉ベーグル、島根県奥出雲産の「仁多米こしひかり」を使用しているそうで、詳しくは店のWEBページを、http://www.123bagel.com/NITAMAI.html
 とても「もちっと」した食感、小麦粉ベーグルを食べ慣れていると、脳が一瞬混乱して、「これは今まで食べたベーグルじゃない、でも美味しい」と反応するのに時間がかかる(笑)、噛んでいると口腔内に甘味が広がり、これも握り飯に近いが、やはりどこか違う不思議な食感。食事のパンとして考えると、合わせる食材は難しいかも知れない、ミネストローネより「けんちん汁」等和風に合いそう(笑)。

        140209-4.jpg
・ソーセージ・チリコンカーン&チーズ(300円)
 生地はプレーンと多分同じで、辛味を感じるソーセージ&豆の煮込みを中に入れ、溶けるチーズを載せ焼いている、値段は高めだが、これ一個でお腹一杯になる(笑)、小食の人ならこれとサラダでもあれば十分だと思う、全体の味はいい。

        140209-5.jpg
・アップルシナモン(250円)
 アップルパイのベーグル版だろうか、リンゴのスライスを残したコンフィチュールが中に入れてある、個人的には米粉ベーグルとの組み合せは、あまり合わない気もしたが、他の人はどうなのだろう(笑)。

 全体的に真面目に作ったベーグルである事は充分判った、今は小麦粉を使ったベーグルは、街場のパン店でも普通に売られる様になったが、米粉を使う店は少数派だ、小麦アレルギーの子供を持つ親は、遠くからでも買いに来たいと思う筈、なお通販もやっているとの事。また最近学芸大学にも支店が出来たそうで、下町の亀有と学園都市の学芸大学という街の性格が全く違う二つの街で、これからどう展開していくのか楽しみだ。なお店名は「ひふみ」と読むそうだ。
http://www.123bagel.com/index.html
 こうした若者達が、条件のあまり良くない極小店舗からでも、「とにかく始めてみよう」と実行するのは、勿論リスクを伴うかも知れないが、いい事だと思う、将来が不安だからと言って、若い時から安全な道ばかり選んでいたら、人生つまらないと思う、安全運転は歳を取ったら幾らでも出来る(笑)。
 飲食業界で働く若い世代が減っている中で、彼らの後に続く若者達がもっと現れて欲しいものだ。

 次回のブログ更新は16日(日)の予定です。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -