最後の晩餐にはまだ早い


和歌山駅「丸美商店」(2014関西食べ続け①)

 今回の関西行は波乱のスタートになった。
 昨年の札幌行以来の安さに惹かれて、成田発のLCCで行く事にしたのだが、この日朝から雪がちらついて不穏な気配、京成電車に乗って成田へ近づくに連れ、結構な降雪量になっていた、「これはマズいかな?」と思いながら出発デッキへ向かったが、搭乗する11時発便の前便がまだ出ていない、やがてその便は欠航となってしまった。暫く待機していたが見通しは全く掴めなかった、この日の夜は19時にレストランを予約していたので、もし飛ばないなら新幹線で行くしかない、時間を逆算してタイムリミットの14時まで待ち、その時点で判断する事にした。
 デッキ内では英語や独語を話す外国人もいたが、感心するのは彼等の態度、こうした場面は慣れているのか、文句一つ言うでもなく、ただひたすら待っている。やがて雪が小降りになり晴れて来て、「もしかしたら」と思っていたら、その外国人達が一斉に行列を作った、アナウンスも無いのに変だなと思ったら、沖止め飛行機へ乗客を乗せるためのバスが到着し、その横腹に便名が表示されていたので、彼等が反応したのだ、この待機と素早く行列を作る見事さは、日本人も学ばないといけないと思った。

      140216-1.jpg

 結局出発は予定時刻から2時間以上遅れたが、何とか飛び立って安堵した、私は過去パリCDG空港で、オーバーブッキングにより10時間以上足止めされた事もあるが、この日みたいに後の予定が詰まっていると、余計不安になるものだ、LCCを利用する事は、案外人間修行の場になるのかも知れない(笑)。
 初めて降りた関西国際空港は、海中に舞い降りるみたいな感覚だ、ここからはリムジンバスで和歌山駅を目指すが、途中の道路が真っ直ぐで乗り心地が良く、周りの景色と共に、まるでリヨンの空港から市内へ向かうバスに乗っているみたいだった。

      140216-2.jpg

 和歌山駅到着は16時半、安心と共にお腹が空いている、朝飯を食べただけでその後何も食べていないのだ、ディナーは3時間後となると、何かお腹に入れておきたいと思い、駅に隣接したショッピングビル内を歩いていたら、目に留まったのが「中華そば」の文字、「丸美商店」(和歌山の店は「商店」を名乗る処が多い)と云う店だが、実はこの日予定どおり着けば、何処かで「和歌山ラーメン」を食べてみたいと思っていた、豪華フレンチの前にラーメン食べたら、知人の料理長に怒られるかも知れないが(笑)、黙っていれば大丈夫と、思いを決し?入る事にした。

         140216-3.jpg

 店内はレトロ調で綺麗、食券制ではなく口頭注文のスタイル、カウンターに座ったが、目の前に昔懐かしいアルマイトのヤカンが置いてある、持ち上げると重いので飲む水が入っているみたいだ、このセンスなかなか好きだ(笑)。

         140216-4.jpg

      140216-5.jpg

 メニューは「中華そば」「特製中華そば」「特製つけ麺」の三種で、それぞれ大盛がある、炊き込み御飯との「ランチセット」もこの時間でもあったが、後の事を考えてシンプルで値段の安い「中華そば」(600円)を注文した。面白いと思ったのが、卓上にオニギリと共にラップ?に包んだ一口寿司があった事、和歌山ではラーメン店でこうした寿司を置くのは変な事では無いらしい(笑)、興味津々で食べてみたかったが、此処は夜を考えて我慢した。

         140216-6.jpg

 暫くして出てきたのは、昔懐かしい中華模様の丼に入った中華そば、これはたしかに「ラーメン」ではなく「中華そば」だ、見た目は昭和の匂いがする。
 まずはスープから味見するが、少し濁ったスープは豚骨と鶏ガラか?醤油の香りに特徴があり微かに甘味を感じる、和歌山は醤油の名産地なのでラーメン用に作った物だろうか、昔味風だが全体のバランスは悪くない。麺も昭和風な縮れ麺を期待したが、これは割と真っ直ぐでモチモチ感があった、具はチャーシュー、メンマ、ネギとオーソドックスだが、最近東京では見なくなったナルトが入るのがいい(笑)、和歌山は海産物が豊富なので県内産かも知れない。
 空腹だったのもあるが、予想より美味しかった(笑)、何処か懐かしく昭和世代に訴える味、これが若い人にも支持されるのなら、やはりこうした味こそが日本人にとっての普遍性、基準器と云う事なのだろう、料理人も覚えておいた方がいい。

 さすがにスープは少しだけ残したが、フレンチの前にラーメンは大丈夫か?との不安も抱え、少しでもカロリーを消費するため、寒風の中を歩いて「決戦の地」なるホテル&レストランへ向かう事にした。

         140216-7.jpg
 このディナーの報告は次回の更新にしたい、

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -