最後の晩餐にはまだ早い


大阪・布施「パパノエル」(2014関西食べ続け⑤)

 「関西食べ続け」も煮詰まってきた三日目の昼、胃薬を飲みながらも向かったのは、これも大阪での定番になった、近鉄布施駅近くにあるフランス料理「パパノエル」。
 FBのおかげで大阪の食仲間が増えたが、その中の一人から、「何で東京人のあなたがこの店を知っているのか?」と驚かれた事、こう言っては失礼だが、大阪市内でもフランス料理があまり似合わないエリアにあるこの店、利用するのは殆どが地元客で、東京からこの店に来るのは、大阪人が東京の南千住や亀有のイタリアンを目指して来るみたいな、かなりレアな事になるみたいだ(笑)。
 私が自分の「食」に自慢できる事があるとしたら、常にオープンマインドでいたいと思っている点、星の数やランキング、食べログの点数等はあまり気にしなくなったし、美味しい店なら何処にあっても追いかけたいので、地域性は気にしない人間だ。

     140304-1.jpg

 そして、この店がある布施と云う町が好きだ、東京下町で育った私の子供時代は、町中に家内制小工場が幾つもあり遊び場にしていた、今思うと危険な薬品も扱っていたみたいだが、誰も何も思わなかった、商店街には活気があり、忙しいけどあまり豊かではない、下町職人向けの安い惣菜を売る店が多く、夕方は人で賑わっていた。この布施の街を歩いているとあの時代を思い出す。人同士の繋がりが今よりずっと濃密で、皆お金はなかったけれど、もっと大事な何かを持っていた、その下町の原風景が蘇ってくる、何処か共通点があるのだ。

     140304-2.jpg

 店の場所は、「フラワーロードほんまち」と云う名前の商店街中にある、去年は此の店でランチタイム限定の千円ロールキャベツを食べたが、今回は本来メニューの正当フランス料理、これが連続三日目だから、ボディーブローみたいに効いている(笑)。
 それでも気持ちを鼓舞して、いただくランチメニュー(4,200円)の内容は、

     140304-3.jpg
・前菜(ベビーロブスターのサラダ、カレー風味のミートパイ、生ハムのカクテル)

     140304-4.jpg
・優しい味のパン2種

        140304-5.jpg
・ヤリイカとワイルドライスのギャレット

        140304-6.jpg
・牛ほほ肉のビール煮込、グラタンドーフィノワ

     140304-7.jpg
・キンカンのムース天津甘栗のモンブラン仕立、メローゴールドのゼリー、キャラメル風味のアイス、ココナッツミルクとバナナのフラン

 この店のスペシャリテである前菜盛り合せには箸が用意される、これで食べてくださいと云う事だが、この箸は肉料理まで使う事も可能で、大阪ではこのスタイルを他店でも見た、これへ辿り着くまで店主は葛藤もあった筈だが、これはいい事だと思う、日本それも大阪下町で営むフランス料理だ、周りの環境に合わせた変容はあっていいと思う。
 前菜はどれも優しい味、ベビーロブスターは和名だと「コシオリエビ」になるみたいだが、これはなかなか美味しい海老だ。ちょっと驚いたのが次のイカ料理で、モダンで繊細な皿、これは星付き店の料理としても通用しそう、見事に一本取られました(笑)。
 ビール煮込はベルギー伝統料理をリファインさせたもので、尖らず柔らかい美味しさだった。そしてデセールでまた驚かされた、こうした一人厨房の店では料理が良くても、デザートで落胆する事がありがちだが、どれも美味しい、特に「キンカンのムース天津甘栗のモンブラン仕立」は、「今年印象に残ったデザート」の有力候補(笑)。

 前日の「ぽたじぇ」が、疲れた息子を叱咤激励する「親父の味」なら、この料理は店名どおり「パパの味」だ(笑)、息子が道を踏み外して帰って来ても、優しく迎え入れてくれそうな、心の寛容さを感じた。
 無断で書いてしまうが、店主は昨年一時体調を崩して店を休んだ、その時に「お店、辞めないでください」と、近隣の人や常連客から激励する言葉をたくさん貰ったとの事、その経験によるものだろうか、以前より料理に肩の力が抜けて、柔らかく繊細になったと感じた。
 店内サービスは奥様が担当するが、この日は夫妻の娘さんも手伝っていた、別テーブルの客が、娘さんを見て「私、赤ん坊の頃から知っている」と話していたが、それだけ地域の人達に馴染んでいる店だと云う事だ。 
 赤い本の星は無くても、地域で支持される名店、少子高齢化が進み家族関係が希薄になる日本に、こうした温もりのある店がもっと増える事を望みたい。
 店主はまだまだ引退せず、我々中年の輝ける「星」でいて欲しいと思う(笑)、素敵な料理とおもてなし、そして素敵な午後をありがとうございました。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -