最後の晩餐にはまだ早い


大阪・岡町「古谷」(2014関西食べ続け⑨」

 長く苦しかった?関西食旅行も最終日、東京に帰る日になったが、ランチの前に寄ったのが、大阪福島にある市中央市場で、此処の市場関連棟にある、輸入食材と熟成肉を取り扱う店「フェリア」を訪問した。

        140320-1.jpg

 「熟成肉」は現在各分野で注目されている食材だが、キチンとした物にするためには、保管設備と専任の取扱い知識が必要だ、此処は大阪では先駆的な卸売業者で、「ドライエージング」のための乾燥熟成庫を備えているので、見ておきたかった場所だ。
 訪問して参考になった、店の人に話を聞いたら、意外にも最近和食店から熟成肉の引き合いが多いとの事、献立の中に少量「熟成和牛の炭焼」みたいな感じで出す店が増えているそうだ、昔は日本料理で「四つ足」を出す事は「すき焼き店」等を除けば、先ずなかったと聞くので、時代と共に変わって来ているのだなと思う。
 提供する側(店)だけでなく、提供される側(客)の方も、もっと食材の事を学ぶ必要はあると思う。

 その後はJRで梅田まで出て阪急宝塚線に乗り換え、岡町駅で下車、最終訪問店である中国料理「古谷(ふるたに)」へ向かった。
 この岡町と云う駅と街は、この店へ行く事がなければ一生知らずに終わったと思う、東京なら東急東横線の沿線駅みたいな上品な街並みで、「金持ち喧嘩せず」みたいな雰囲気が漂っている(笑)、これまでに訪れた東大阪の布施や、南大阪の上本町とは同じ大阪でも随分と違う。
 店は駅から近く、隣にある花屋の奥はこの界隈でも知られた有名なイタリア料理店だそうだ。12時丁度に入店するが、店前には「本日は予約で満席です」の表示があった。

        140320-2.jpg

 店内は狭山の「翠陽」を広くした様な雰囲気、モノトーンでモダンなインテリアで、カウンターと椅子席に別れていて全部で20席位か、個室もある。これを調理人一人、サービス一人の二人体制で対応するので、全席は埋めない方針みたいだ。
 ランチメニューは2,200円と3,500円の二種類で、点心を中心とした料理だが、予約時に後者の方をお願いし、更にプラス料金(500円)でフカヒレスープにアップグレード?してもらった。東京に比べ大阪の中国料理店は点心の品揃えが豊富だ、これは大阪人が点心好きだからなのかも?(笑)

     140320-3.jpg
・前菜(くらげ、蒸し鶏、プチトマト、車海老、里芋)

        140320-4.jpg
・フカヒレ入スープ

        140320-5.jpg
・点心2種(海老餃子、小籠包)

     140320-6.jpg
・ニラ玉の水餃子

        140320-7.jpg
・揚げ点心2種

     140320-8.jpg
・牛肉と獅子唐の味噌炒め

        140320-9.jpg
・蟹肉とレタスの炒飯

        140320-10.jpg
・デザート(杏仁豆腐他)

 とても折り目正しく正統派の中国料理で、特に点心は丁寧な作りだ、料理人は名門調理師学校を卒業、同校で教員を経験した後に有名ホテルで料理人として働き、一昨年この店を開業した。料理人として王道を歩いているし、料理にもその経歴が表れていると感じた、特に丁寧に取られた「湯」が全ての料理のベースになっていて、全体の料理を上品で深いものにしている。
 多くの利用客に支持される優等生的味だと思ったが、その反面、料理にもう少し面白味、何処かに「尖った」処があってもいいなと感じた、これは優等生とは遠い存在だった私の好みの問題で、店の場所の地域性もあり、一回利用しただけでこう指摘するのは余計な事かも知れない。現にこの日も満席になっているし、地域の人に支持されなければ、店はこの地盤では存続していけない筈だ。
 店内は女性客が多く、インテリアの雰囲気もあってまるでイタリアンレストランで食事している様な錯覚を覚えた。高級住宅地の地元民に支持されるお洒落な中国料理店として、やがてこの地を代表する名店となる事だろう。

 今回の関西4泊5日で廻ったのは昼夜9店、さすがに「食べ疲れ」しました(笑)。
 関西全体の景気は一時停滞し、街の活気もなくなっていたが、今回は景気回復の兆しを少し感じる事が出来た、特に大阪は外国(中国)人観光客が増えているし、東京と同じく市内各所で再開発が進んでいる。再開発後は高いビルばかり増え、一見東京とそっくりな街並みになってしまうのは、昔の大阪を知っている人間としては寂しい思いもある。でもそこに住む人間は昔とあまり変わっていないと思った、計算高いけれど人情に厚く、合理的だけど信心深い、体制に寄り添う事を嫌い、派手好きで目立ちたがり屋の大阪人、私はこんな彼・彼女達が好きだ(笑)、訪れる毎に元気を貰えて、明日の糧にする事が出来る。
 この旅行中にお付き合いしていただいた在関西の皆様、ありがとうございました、近いうちに再会できる事を楽しみに待っています。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30