最後の晩餐にはまだ早い


秋葉原「ビストロ・ヌー」(2014年3月)

 以前に同じ職場で働いていた人達と、半年に一回位定期的に集まっているのだが、最近は私が店選びをする事が殆どだ(笑)。どんな店でもいいと云う訳ではなくて、幾つか条件があるのだが、特に重要なのは「職場から近い」事と、「予算が一人7~8千円位」だという事、でもこれは我々だけでなく、日本の一般的サラリーマンに共通するのではないだろうか?客単価3千円の居酒屋には行くが、一回の食事に1万円以上出す人は少ない、これはお金を持っているか否かではなく、外食にどれだけお金を使うかと云う、その人の価値観みたいなものだと思う。
 過去の開催場所は、職場からアクセスのいい神楽坂や湯島等に出る事が多かったが、今回もこの辺りで「何処かないか?」と考えてみて思い付いたのが、ランチタイムに何回か利用している、秋葉原(末広町)のフランス料理「ビストロ・ヌー」、この店でお願いする事に決めた。
 夜のメニューは3,600円からあるが、電話予約の時に磯貝料理長に予算を伝えて、料理は一人5,000円で内容はお任せする事にした。

     140401-1.jpg

 ランチタイムは料理人一人で対応する事もあるが、夜はサービス担当の女性が手伝っていた、アルバイトみたいだが、この女性がとても感じ良くて、日本のフランス料理店を支えているのは、提供する方もされる方も女性だなとあらためて思う(笑)。テーブルはクロス無しで紙ナプキン、カトラリーは基本使い回しと昼と変わらず、サービス料を取っていないのでこれで充分だと思う。
 料理の内容は以下のとおり、

     140401-2.jpg
・自家製カンパーニュとサーモンディップ

     140401-3.jpg
・広島県以島産牡蠣のコンフィ、サラダ仕立て、レモンのソース

     140401-4.jpg
・ピエ・ド・コションのパート・ブリック包み

        140401-5.jpg
・アイナメのポワレ、カリフラワーと白子のクレーム

     140401-6.jpg
・シャラン産鴨胸肉のロティ

        140401-7.jpg
・ムース・オ・ショコラ

        140401-8.jpg
・フランボワーズのマカロン

 パン・ド・カンパーニュとサーモンディップは、何気ない物だが泡物系には合う。良質な牡蠣をコンフィにした前菜はレモンの風味が効果的、豚足を使った前菜は春巻のイメージだろうか(笑)、アイナメは香ばしく焼いた皮目とふっくらした白身が白子を使ったソースとよくマッチしている、肉料理は通常はプラス料金になる事が多いシャラン鴨の胸肉を、この値段で出せるのは立派、デザートはフランス的に甘さのしっかりしたもの、マカロンもいい出来だった。
 以前にも書いた筈だが磯貝料理長はまだ34歳の若さ、だから料理の感覚も若い。パリのネオ・ビストロで働いていたので基本はしっかりしているし、考えるより先に手が動くタイプだと思う(笑)。
 この店はもともと彼の母親がやっていた喫茶店を受け継いでレストランにしたもの、そのため固定費はアルバイト人件費と光熱水費だけ、それだからこの値段で提供出来るのだと思う、社会保険料の雇用者負担がある正規従業員を雇い、高額な家賃を払う東京の他のレストランでは、この値段維持は無理な話だ(笑)。
 イケメン従業員の至れり尽くせりなサービスをレストランに求める人には向かないが、安くて美味しい物が食べられるのが、何より一番と思う私みたいな人間には嬉しい店だ(笑)、そして料理には非凡なセンスがある。客層も若いし、これから客と共に成長して行くだろう予感を感じさせてくれる。
 ただ「喫煙可」なので、「煙一切お断り」の人は、利用を控えた方がいいと思う。

 
 昔の仲間との話は尽きない、皆歳月と共に年齢を重ねているのだが、同じメンバーが集ると、いつでも「あの時」に戻れる、いいレストランのテーブルは、時にタイムマシンにもなるものだ(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -