最後の晩餐にはまだ早い


南千住「パスティチェリア・バール・アルテ」

 この日は平日休みで天気も良く絶好のランチ日和だが(笑)一つ問題があった、それはオバマ米大統領が来日する日にあたり、夜は数寄屋橋の超高級有名寿司店にて首相と会食?するとの報道があり、これは中央区や千代田区辺りにでかけたら、何かと面倒な事になりそうと思った。そこで我家から近い下町地区で何処か?と考え、すぐ思いついたのが南千住(浅草)のイタリア料理「パスティチェリア・バール・アルテ」。前回訪問は何時だったかなとブログを調べたら、去年の8月以来になってしまった、こういう時ブログは備忘録になるので助かる(笑)。
 電話をかけたら奥様(この店は「マダム」より「奥様」が合う(笑))が出て利用OKとの事で、いつもどおり日比谷線南千住駅から歩いて行く。この界隈は訪れる毎に外国人が増えている、東京の街全体に外国人観光客が増加しているが、南千住の1泊4~5千円のゲストハウスに泊まるのは、中国・台湾人客より欧米の個人客が多い、前者はまだ団体旅行が殆どで大型ホテルとのパックが多いからだろう。

 昼12時に到着し、奥様が迎えてくれたが、去年までいた若い男性従業員は辞めてしまったそうだ、現在は昼夜夫婦2人で客対応をしている、此処はケーキ販売も兼ねているので大変そうだ。
 他店同様4月で少し値上げしたが、いつもの昼の「アルテコース」(2,300円)をお願いする事にした、相越料理長からの提案で、本来なら前菜は「アンティパスト・ミスト(前菜盛合せ)」だが、別の料理に替えるのも可能との事で、喜んで賛同した。

        140507-1.jpg
・豚ヒレ肉のコンフィのサラダ仕立て

        140507-2.jpg
・ナポリの炭酸水‘Farrarelle’温泉水を飲んでいるみたいで身体に沁みていく、この水好みで、ワインは無しに(笑)。

        140507-3.jpg
・馬肉のパイアータ(小腸の煮込)

     140507-4.jpg
・ラグー・ボロネーゼの生タリアテッレ

        140507-5.jpg
・メカジキのコトレッタ

        140507-6.jpg
・ドルチェミスト(ティラミス、セミフレッド、リコッタチーズ乳清のジェラート)

     140507-7.jpg
・コーヒーと小菓子

 一皿目の前菜はコンビーフの豚ヒレ版(笑)、これを解して細かく切った野菜と和えサラダにしたもの、色遣いもいいし味も繊細。二皿目の「パイアータ」とはローマの料理で、本来は仔羊の腸を煮込んだ料理だが、入手が難しいので馬の小腸で作ったとの事だ、食べるのは初めてだが胃袋の煮込「トリッパ」と似ている、これはリストランテの味と云うより気取らない屋台の味だ、パンに挟んで食べても美味いと思う(笑)。
 パスタは「ミートソース」だが、コシのある生麺のタリアテッレで食べるのは格別、乾麺とは別物の料理だ。肉が続いたので最後の料理はメカジキを選んだのが正解だった、細かいパン粉で揚げた質のいいメカジキはとても美味。
 ドルチェはパティシェ出身料理長の得意分野なので、安心して美味しい。

 この内容で自家製フォカッチャが付き2,300円、特に生パスタが含まれている事を考えると凄いと思う、原価では自店で粉から練った方が、乾麺を買うのに比べ安いのかも知れないが、誰か従業員に作らせたらそれに人件費が乗っかる、料理人一人の厨房で、且つこの店ではケーキ類の製作をした後にランチの料理を作る、私なら正直言ってとても生麺まで作りたくない(笑)。パスタ以外も煮込みや料理のベースになるブロード等仕込みに時間がかかる物も勿論作っている。

     140507-8.jpg

 この料理人は根っからの職人だと思う、「面倒」とか考える前に手が動き物を作り始める、採算はどうでも自分の納得出来る物を作りたい、提供したいと思っていないと此処までは出来ない。大儲けは無理だと思うが、それでも判ってくれる人には自分の料理や菓子類を提供するのを使命と感じる、こうしたアルチザン的人間は、私が子供の頃は東京下町には居たが、今は絶滅危惧種になった(笑)。
 東京の隅であまり外食客がやって来ない地域だからこそ、こうした料理人が残ったと思う、都心ならマスコミが持ち上げ、客が殺到して有名になり支店が出来、料理人はTVのバラエティ番組に出演している筈だ(笑)。
 

 充実のランチでした、あとでニュースを見たら都心へ出なくて良かった。これなら月一で来たいけれど、ブログをやっていると「また、あの店へ行った」と思われるのも癪なので、つい別のイタリアンへ行こうと浮気してしまうが、大抵の場合後悔する事になる(笑)。
 今の仕事量で店主の体力がいつまで続くのかちょっと心配だが、店から近い下町人間としては、此の地でこれからも続いて欲しいと願っている。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -