最後の晩餐にはまだ早い


人形町「イレール」

 ゴールデンウィーク中のこの日は、友人達と東京国際フォーラムで開催中の「ラ・フォル・ジュルネ」で、レバノン出身のピアニスト、エル=バシャのミニ・コンサートを聴き、その後にタクシーで向かったのが人形町駅近くの「イレール」。
 昨年9月に開業したビストロだが、オーナーシェフは島田哲也氏、パリ「アルページュ」でアラン・パッサールの元で働き、帰国後恵比寿にこのビストロと同名のフランス料理店を開業、斬新な料理と奇抜な黄色い内装で話題になったが、諸般の事情により閉店、その後白金「アルヴィナール」を経て再度自店をオープンした。恵比寿時代はガストロノミーレストランだったが、今回は「身体に優しい料理」「自然と素朴」をコンセプトにしたビストロ、リーマンショック後は日本に限らず、ガストロ⇒ビストロへ路線変更する料理人は多いが、島田氏がどう取り組むのか大変興味があった。
 そしてこの店を選んだもう一つの理由が、サービス担当に旧知の宮脇貴之氏が就任したからで、経験豊富な島田&宮脇コンビでどんな店造りをするかも見たかった。

        140515-1.jpg

 店の場所は人形町駅から近く、有名な「今半」の裏手で、入口には「ビストロ・イレール人形町 自然派ワインと身体に優しいフランス料理」と書いた黒板が掲げてある。
 予約時間の夜7時に入店したが既に満席に近い、客層は若いと感じた、服装も皆カジュアルな印象だ。宮脇氏に挨拶し奥の個室に案内される、開店後半年のため内装等は当然ながら新しい、同規模の店舗に比べるとキッチン部分をかなり広く取っている様に見えた。
 おまかせメニューもあるが、この日は前菜+メイン+デセールのアラカルトでお願いする事にした、以下は私が選んだ料理。

     140515-2.jpg
・タケイファームの野菜を使ったサラダ(1,400円)

     140515-3.jpg
・宮脇ソムリエによるグラスワインの説明、ボトルに値段が書いてある(笑)。

     140515-4.jpg
・パンは別料金(300円)

     140515-5.jpg
・軽く燻製した仏産プーサン(雛鳥丸ごと1羽)のロースト、ゆず胡椒ソース(3,450円)2人分

        140515-6.jpg
・上を半分にしたもの

        140515-7.jpg
・チョコレートのスフレ(1,000円)

 前菜の野菜料理でこの料理人がやりたい事が見えたと思った。タケイファームは千葉県松戸市にある、減農薬と有機肥料により西洋野菜を栽培し、在京のレストランから引き合いが多い農園、此処の旬野菜を余計な調理を加えず一皿盛りにした料理で、長葱・緑アスパラ・小蕪・空豆・スナップエンドウ・筍を、軽く茹でたり焼いたりしたもの、旬の野菜が持つ覇気や元気を生かしたかったのだろう、見かけはあまり良くないが(笑)これは美味しい野菜達だった。
 メインのフランス産プーサンは繊細な肉質ながら、それでいて味が濃い、噛んでいると滋味に溢れていて、幾らでも食べられそうだ(笑)、火入れも的確で鳥類は丸ごと一羽骨付で焼くのが一番美味しいと云う事を再認識した。ガルニのグラタンドーフィノワは、何気ない物だが丁寧な作りでとても美味しい。
 スフレも上出来、混んでいる店の厨房で、その場で作るデセールは面倒なものだが(笑)、こうした処に手を抜かない(抜けない)のがベテラン料理人だと思う。
 
 全体的に判り易くて優しい味付け、店名の「イレール‘Irreel’」は仏語で「非日常性」だが、この料理は「日常的」だ(笑)、でも皆忙しく他者との関わりが希薄になった現代人にとって、今はこうした普通の美味しい料理を、いい雰囲気の中で時間をかけて仲間と楽しめる事が、一番非日常になってしまったのかも知れない(笑)。
 島田氏は昭和39年生まれ、昭和30年代生れの料理人の集り「クラブ・ミストラル」の会員で、メンバーである「トレフミヤモト」の宮本氏や、「ランス・ヤナギダテ」の柳館氏とは同世代だ。最後に少し話しをさせてもらったが、この世代の料理人はバブル景気とその崩壊をくぐり抜けているので、やはり肝が据わっているなと感じる。紆余曲折はあったとしても、今は好きな料理が出来る事をとても楽しんでいる様に見えた。

 店内サービスは若手ながら経験豊富な宮脇氏が担当する、カウンター・テーブル席・個室と30席あるので混雑時は大変そうだが、ベタなサービスを求める店ではないし、もう少し時間が経てば、厨房との連携がもっとスムーズになると思う。
 店全体の雰囲気も明るく、これは素敵な店が出現した。2駅先の八丁堀では「シック・プッテートル」が既に地域を代表する名店になって来たし、後を追うこの店も人形町を代表する店になって欲しい、その可能性は十分ある。
 我家からのアクセスもいいので、また訪れてみたいと思った(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -