最後の晩餐にはまだ早い


銀座8丁目「ソット・ラルコ」

 どうも私は銀座という街とは相性がよくないみたいだ、過去に銀座エリアで利用したレストランで「此処はいい、リピートしたい」と思った店は本当に少ない、第一の理由はコスト・パフォーマンスが悪過ぎるからだと思う、でもこれは都内でも突出して高いテナント代を考えると仕方がない事だろう。更にもう一つの理由は、二十代の頃東銀座にあったフランス料理店に女性を連れて行き、こうした場に慣れていなかったせいで緊張しまくり、ボロボロの敗戦投手みたいになって帰った事がある、どうもそのトラウマが今でも続いているみたいだ(笑)。
 銀座は私にとって、憧れていたいけれど一緒には居たくない、アンビバレントな感情を持つ街だ。

 この日、昼時に人と会う事になり、銀座指定で何処か店を探して欲しいとの話があったが、正直気乗りしなかった。年初に利用した有名イタリアンはどうも気に入らず、最近出来たフランス料理は高額店ばかりだし、さて困ったぞと思っていた時にWEB上で見つけたのが「銀座でランチ」と云う名のブログ、
http://ginzadelunch.jp/
 銀座中心のランチレポートで、熱心に店を調べている。此処で評価が高い店の記事を読んでいたら、ちょっと嗅覚に訴える?店があった(笑)、それがこの日行く事になる、銀座8丁目のイタリア料理「ソット・ラルコ」だ。ランチは2,500円と3,800円で、銀座にしては脂汗が出ない値段(笑)、例の「食べログ」の評価もまずまずだし、普段行かない場所の新規開拓も必要と、予約して伺う事になった。

        140523-1.jpg

 店の場所は銀座「天国」本店の裏手で新橋に近いエリア、今は6丁目に移転した「マノワール・ダスティン」が以前あった場所の近くだ、ビルの地下で少々判り難いが、反面「隠れ家」的な雰囲気がある、階段を降りて入店すると、ドライエリアを設けているので地下ながら採光もあり落ち着く空間、オープンキッチンのカウンターが8席、テーブルが10席で計18席と程よい大きさ(小ささ)だ。
 予約時にカウンター席を希望したので、厨房が全て見える席に案内された。厨房内は二重構造になっていて、客席から見える側にレンジがあり料理長がそこに立つ、壁を隔てた奥に洗い場とコールド作業をする場を確保している。料理人は2人でサービスの女性が2人、後でもう一名女性が加わったが、この人がマダムだろうか?

 予約時にお願いしていたのが3,800円のメニューで内容は以下のとおり、メモを取っていないため、食材・料理名は違っているかも知れない。

        140523-2.jpg
・水ダコのカルパッチョ、ポン酢のジュレ

     140523-3.jpg
・自家製?パン2種

     140523-4.jpg
・石川芋のコロッケ、ヨモギとクリームチーズ、サツマイモ?のスープ

        140523-5.jpg
・スズキのソテー、蛤と海老のスープ仕立て

     140523-6.jpg
・山形豚の低温ロースト

     140523-7.jpg
・ホタルイカとほうれん草のフェデリーニ、七味唐辛子

     140523-8.jpg
・青海苔と柚子のフェトチーネ

        140523-9.jpg
・ドルチェミスト(ティラミス、マチェドニア、西瓜、紫芋のケーキ)

     140523-10.jpg
・小菓子とエスプレッソ

 WEB情報では「和とイタリアンの融合料理」みたいに書いてある記事もあった、卓上にはナイフ&フォークと共に箸があり、一皿目のポン酢はそうした印象も受けたが、全体を通しては十分イタリア料理のコンセプトになっていると感じた。スズキのソテーの火入れは良く、スープ仕立てにしたのは「洗練したアクアパッツア」と云った印象、肉料理の豚は90度の低温で約6時間ローストしたとの事で、微かな甘味を感じてこれは「洗練した焼豚」(笑)。
 パスタは2種類からの選択だが、2人以上だとハーフポーションで両方食べられる、当然それでお願いしたが、どちらも良かった、願わくはもう少し量があれば尚嬉しかった(笑)。
 全体的には丁寧な作りで繊細、見かけも綺麗なので、主に銀座女子をターゲットにしていると思うが、男でも充分楽しめた。
 年初に行った銀座イタリアンを「作った人間の顔が見えない料理」と書いたが、この店の料理は反対で、目の前でフライパンから皿に移した料理が運ばれて来る、どちらが好きかは人それぞれだが、私は断然この店のやり方を好む(笑)。
 ランチ客に料理を出し終えた後、料理人は豚の塊肉の仕込みを始めた、「夜の料理の準備ですか?」と訊いたら、「いや明日のランチです、焼くのに6時間かかるのです」との答えだった、これが見られるのもカウンターならでは。

 此処はなかなか良かったので覚えておきたい店だ。「銀座でリーズナブルな良い店、何処か知らない?」と訊かれたら、「本当は教えたくない店だけれど」と、隠し玉みたいにこの店を推したい(笑)、なお夜は6,800円のメニュー1種類との事だ。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -