最後の晩餐にはまだ早い


大谷田「トラットリア・サンタ・テレーザ」

 東京・飯倉にあるイタリア料理の老舗「キャンティ」の開業は1960年(昭和35年)、創業者は川添浩史・梶子夫妻で、海外経験豊富だった彼らの「日本には本格的なイタリアン・レストランがない、それなら自分達で作ってしまおう」との発想から生まれた店だった。やがて各界の著名人が集まって来る様になり、料理だけでなく文化発信地としても名声を高めていく事になる。そして現在でも営業を続けているが、オーナーは夫妻から数えて三代目になるそうだ。この店の歴史については、野地秩嘉著「キャンティ物語」(幻冬舎文庫)が詳しく書いている。 
 何故「キャンティ」の話を書いたかと云うと、この店の開業後半世紀以上を過ぎて、ようやく我家の近くにイタリア料理店が出来たからだ(笑)。
 我家がある場所は東京の外れの外れ、パリに例えれば「キャンティ」がカルチェ・ラタンなら、位置的にはラ・ヴィレットとかベルヴィル辺りになる(笑)、およそヨコメシ系のレストランが似合わない地域だった。環状7号線沿いにはファミレスが幾つかあるが、何処も「一回入れば、いや一回入らなくてもいいや」と思う店ばかり、外食は電車を乗り継いで都心へ出るのが当たり前と思っていた。

 ある日何気なく見ていた地域のタウン誌に、我家から自転車で5分程度のイタリア料理店の存在を知った、それから一度店の前を通ったのだが、以前は焼肉屋だった店舗、アパートの一階部分なので、上階の居住部分には洗濯物がぶら下がっているのはさすが下町(笑)。
 まずはランチタイムに行ってみようと考えていたが、なかなか勇気?が出ずに見送っていた、今回ブログネタが不足した事もあり(笑)、意を決し?訪れてみる事にした。
 店の名前は「トラットリア・サンタ・テレーザ」、場所をうまく説明するのが難しいのだが、どの駅からも離れていて、私の様な近所の人か、車で来る人を想定しているのだろう、狭いながら駐車&駐輪場も備えている。

        140616-1.jpg

 平日11時半の開店直後に入店したのだが、既に先客があり、この後も続々と客がやってきた、意外と云っては失礼だが(笑)、ランチタイムに関しては既に人気店になっている。店内は意外と広くカウンターと椅子席、喫煙可のテラス席もあり、この席が人気みたいだ、全部で30席以上ある。オープンキッチンには伊武雅刀の若い頃似の渋い男前料理人(笑)と若い男性、サービスは若い女性2人計4人の体制。                                                        
 ランチメニューは単品パスタ(880円)、これを前菜&デザートと組合せた「贅沢セット」(980円)、その他にピッツァもあったが、今回はその贅沢セットをお願いする事にした。

     140616-2.jpg
・ワカメ?スープ

    140416-3.jpg
・前菜(合鴨のスモーク、海老のマリネ、ローストビーフ)

        140416-4.jpg
・シーザーズサラダ

        140416-5.jpg
・ホタテとズッキーニのフレッシュトマトのスパゲッティ

     140416-6.jpg
・焦がしたピスタチオのジェラート

 席に着いたら、注文前に水とスープが運ばれて来た、このスープが薄いので「理研のわかめスープか?」とも思ったが、一応自前みたいだ(笑)。前菜は意外にも本格的な味、これは美味しかった、シーザーズサラダは普通(笑)。問題のパスタは麺がちょっと柔らか目で、全体的に薄目な味付けだった、ランチタイムに乾麺を茹でると時間がかかるので、あらかじめ下茹でするか水に浸けておく店も多く、もしかしたらこの店もそのやり方かも知れない。
 この値段でジェラートも付くのは立派、コーヒーは別料金だった。

 980円ランチなのであまり細かい事は言いたくないし、とにかく5品出すのはエライと思う(笑)。現時点では同価格帯なら亀有の「ティア・ブランカ」の方に魅力を感じるが、それでもヨコメシ系食堂不毛のこの地で、続いて行って欲しいなと願わずにいられない。
 後でショップカードとポイントカードを貰ったのだが、荒川区町屋にあるイタリアン「トラットリア・トラム・ ロカーレ」の支店になるそうだ。

     140416-7.jpg

 少子高齢化が続き若年人口が減っていく中で、これから都内でも若い人達にどう定住してもらうかが課題になって行く、保育園や学校といった子育て環境を充実させるのも勿論だが、歩いて行ける範囲に良い外食店があると云うのもこれから大事になりそうだ(笑)、行政側も地域の飲食店をもっとバックアップすべきだと思う。
 この店潰れないで頑張って欲しい、また行ってみるつもりだ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -