最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「ビストロ・コティディアン」(2014年5月)

 ある日、FBで友人になっている関西の若手料理人から届いたメッセージを開封したら、「明日、明後日と東京に行きますが、どこかでご一緒出来ませんか?」との知らせがあった。「そんな、急に言われても困る」と思ったが、偶然にもその日の昼の予定がスッポリ空いていた(笑)。私の予定は空いていても、問題は都合よく空いている店があるかどうかだ、記憶を辿って「平日昼に営業」「今からでも予約が取れそう」「料理人なのでよく食べる?」、この条件で候補店を考えた。
 今回はその若手料理人の他にもう一人、在京の「フードファイター級の胃袋を持つ料理人」(笑)が同行するとの事で、これは東京に多い上品少量系な店は選べなくなった。「ガッツリ系のビストロだけれど、東京ならではのセンスを感じさせる店」、そんな難しい店があるだろうか?と考えて思い浮かんだのが、私の好きな店の一つである麻布十番の「ビストロ・コティディアン」、「頼む、空いていてくれ」と願いながら電話をしたら、運良く席が確保できたので、この日に店で集合する事になった。

        140620-1.jpg

 前回利用は昨年末だったので、もう半年経ってしまった、いつも同じ事を言っているが、この歳になると月日が経つのが怖いほど早い(笑)。
 12時より少し早めに着いてしまったが、マダムが笑顔で迎えてくれた、昨年末にいたサービス担当の若い男性は辞めてしまったそうで、現在マダム一人で接客にあたっている、このため全席は埋めない方針みたいだ。着席後に挨拶に出てきた須藤料理長に、私から二人の料理人を紹介した。料理長夫妻は6月末から3週間フランス~スペイン研修に行くため店を休むそうで、その前に伺えて良かった。

 他店同様に4月から少し値上げしていたが、それでもこの店のランチは内容と麻布十番の地盤を考えたら安いと思う。私はその中から選んだのが2皿のプリフィクス(2,300円+シュークルート900円)、他の2人は私が勧めた、スペシャリテであるカスレコース(4,200円)をお願いする事にした。

        140620-2.jpg
・アミューズ(ポタージュ)

        140620-3.jpg
・ヤリイカのソテー、クスクスのサラダ

     140620-4.jpg
・「ポワンタージュ」のバゲット

     140620-5.jpg
・岩中豚のシュークルート

        140620-6.jpg
・イチジクのタルト、バニラアイス
・エスプレッソ

 フランス料理でイカを扱うのは難しい、クリュ(生)では和食になってしまうし、加熱しすぎると美味しさが消えてしまう、過去フレンチのイカ料理で「旨い」と感心したのは、三田「コートドール」の「ムギイカのソテー」位だが、このヤリイカの調理も的確、これ以上火を入れると身が固くなるし、これ以下だと身の旨味が出ない、下に敷いたクスクス(スムール)のサラダとの相性も見事、周りのグリーンのドレッセが、この店が只のビストロでない証拠だ(笑)。
 「岩中豚のシュークルート」は2回目だが、自家製のベーコンとソーセージを使い、東京ビストロ味としてリファインしたもの、本場アルザスでもこの料理を食べたが、量は多いがもっと雑な出来(笑)、現地の人にはあれでないと駄目なのだろうが、21世紀に生きる日本人の私には、このコティディアン版の方を採りたい。
 この店はデザートが美味しい事でも非ビストロ的だ、旬の生イチジクを加熱し過ぎず上手く活用し、バニラアイスとの相性も抜群、お代わりしたい位(笑)。

 客と店との関係だとあまり馴れ合いになってもいけないが、料理人との会話は刺激を得る事が多い。彼等がどんな事を考えて日々料理にあたっているのか、これは知っているか否かで、随分と理解が違うと思う。中には「私の料理に言葉は不要です、まずは感じてください」(笑)などと云う料理人もいるが、正直言ってこの手の料理人はあまり信用したくない(笑)。
 アセゾネ(味付け)、客気質、家賃等々、特に大阪と東京の違いの話は大変興味深い、大阪出身の料理人が「東京へ来てとにかく楽だと思ったのは、カウンターでの料理でも喋らなくて済む事、大阪なら黙っていたら客が次々と話しかけてくる、それに相手出来ないと料理人と認めてくれない」との話しを聞き、これからカウンターに座ったら、料理人が嫌そうでも話しかけないといけないなと思った(笑)。
 食材と格闘し、古典を学び周りの動向に目を光らせ、日々悩みながら前へ進もうとしている、生き方は不器用だけれど魅力ある彼等に、もっと光が当たらん事を(笑)。

140620-7.jpg

 この後「蕎麦を食べに行こう」と話がまとまり、麻布十番の代名詞にもなっている蕎麦店へ向かったのだが、これはスペースの都合?で割愛します(笑)。
 

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -