最後の晩餐にはまだ早い


「北海道開拓の村」(2014札幌食べ続け・番外編)

 食レポートではないが、「札幌食べ続け」の最後に今回唯一観光的な事をした「北海道開拓の村」訪問記を書いておきたい、予想以上に面白い場所だったので、札幌グルメ旅の途中に寄ってみる価値はあると思う。此処がどう云う施設であるかは、当地で貰ったパンフレットの紹介文を一部以下に写させてもらう。
『北海道開拓の村は、明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建造物を、54.2ヘクタールの敷地に移築復元・再現した野外博物館です。ここを訪れる人たちに開拓当時の生活を体験的に理解してもらうことと、文化の流れを示す建造物を保存し、後世に永く伝えることを目的に1983年4月に開村しました。』
 愛知県犬山の「明治村」、東京小金井の「江戸東京たてもの園」と同じく、建物をテーマにした屋外博物館だ。
 開拓の村へのアクセスは、公共交通機関だと地下鉄東西線「新さっぽろ」駅で下車、JRバス「開拓の村」行で15分程、絵画と違い建物を並べるとなると広い場所が必要になるので、どうしても郊外になってしまう、昨年訪れた野外美術を並べた「札幌芸術の森」は40ヘクタールだから、あれより更に一回り大きい。
 空いている時間を狙って、平日の開村(9時)直後に着くように行ったが、この日は雨が降ったり止んだりする天気で、結果早足で回ってしまった(笑)、天気が良ければゆっくり見る事をお勧めしたい。

 特に印象に残った建物の画像を紹介したい、

     141024-1.jpg
・旧札幌停車場(明治41年/札幌)
 施設管理棟と入場受付(大人830円)がある、旧札幌駅舎を縮小復元した建物

     141024-2.jpg
・旧開拓使札幌本庁舎(明治6年/札幌)
 村内で一番目立つ建物、白と緑の塗装によるコントラストが鮮やか、これも復元施設

     141024-3.jpg
・旧三〼川本そば屋(明治42年/小樽)
 小樽では有名な蕎麦屋だったみたいだ、大きな料亭位の貫録がある、これ以降は移築施設。

        141024-4.jpg
・旧山本理髪店(大正後期/札幌)
 大正モダンな和洋折衷の木造建築、中には理髪中の客(人形)がいた(笑)。

     141024-5.jpg
・旧札幌警察署南一条巡査派出所(明治44年)
 小さいが個人的に好きな建物、東京にも残っている明治の赤色レンガ造り、何処か外国風だ。

     141024-6.jpg
・旧島歌郵便局(明治35年/せたな)
 これも個人的にハマった建物(笑)、函館と札幌の中間位にある島歌の町にあった郵便局、局舎と云うより個人住宅みたいな雰囲気だ。

     141024-7.jpg
・人形(妙にリアリティがある)
 建物の到る所にこうした当時の服装をした人形を配置している、これがちょっと横溝正史的で、急に現れるのでドキリとする(笑)。

        141024-8.jpg
・旧信濃神社(明治30年/札幌)
 これも横溝正史に出て来そうな神社(笑)、長野県諏訪出身者が開拓した土地に建てられたのでこの名を付けたそうだ。

     141024-9.jpg
・旧近藤染舗(大正2年/旭川)
 今は見なくなったが昔は染物商が町には必ずあった、この建物は旭川で一番古い染物店の店舗兼住宅。

        141024-10.jpg
・旧有島武郎住宅(明治30年頃/札幌)
 作家有島武郎が札幌に住んで居た時代の住居、北海道は木材が豊富なので、こうした下見板張りの木造建築が殆どだった。

     141024-11.jpg
・旧青山家漁家住宅(大正8年/小樽)
 小樽沿岸が鰊漁で栄えていた時代の通称「鰊御殿」、この豪壮な建物外観は立派だが中は空間が多いので、相当寒かっただろうなと想像してしまう(笑)。

        141024-12.jpg
・馬車鉄道
 お疲れ様です(笑)、積雪する冬場は橇曳きになるそうだ。

 以上の建物を含めて全52棟が展示されている、建築好きには興味が尽きない場所だし、建築に興味が無くても緑の中で建物を見ながら歩くのは、心身へのリフレッシュ効果があると思う(笑)。
 伝えられる処によると、この施設は財政難から存続が危惧されているそうだが、こうした歴史的文化施設は是非続けてもらいたいものだ、これから増える外国人観光客にもアピールする要素は充分あると思った。
 「2014札幌食べ続け」は今回で終了します。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. その他
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -