最後の晩餐にはまだ早い


牛込神楽坂「ラ・ビチュード」

 知人と会う約束があり、この日のランチタイムに向かったのは、神楽坂にある、と云ってもかなり外れていて市ヶ谷に近いが、プリフィクス・メニューのフランス料理店「ラ・ビチュード」。
 1993年開業のこの店、私は15年位前に夜一度訪れている、その時の料理は全く記憶に残っていないが、その後行っていなかったのは、あまり良い印象ではなかったかも知れない(笑)。
 それが何故この日行ってみる気になったかと云うと、現在の料理長が書いているブログをたまたま読む機会があったからだ、
http://lhabitude.exblog.jp/
 毎日は無理としても、ブログ更新と云う過酷な?作業をそれも料理人をしながら続けているのは、同じブロガーとして尊敬と云うより同情してしまう(笑)。それと共に例の「食べログ」上でも、この店の書き込みに対し、一つ一つ丁寧に回答しているのは偉いと思った、
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13000404/
 店を任されていた料理人が前オーナーから営業権を譲り受け、現在は完全に独立したオーナーシェフになったみたいだが、それもあってこの人の料理を食べてみたいと思っていた、WEBページ上で自ら「東京で一番敷居が低い、フランス料理店」と云っているのも興味を惹かれた。この日にやっと予約が出来たのだが「12時50分からの開始なら可能です」との事で、遅めのスタートになった。

     141028-1-1.jpg

 15年経っても見覚えがあった濃いブルーのファサード、大久保通りから引っ込んでいる入口も昔のままだ、ドアを開けたら12名の団体がビジネスランチ?中だった、このオペレーションの関係で遅い時間を指定されたと思う。

        141028-2-1.jpg

 座る席を案内されてメニューを渡されるが、事前情報どおりにランチは3種類で、席予約の場合は税込1,620円(前菜+メイン+デセール&コーヒー)、2,268円(前者に温前菜プラス)のどちらか、前菜、メイン、デセールどれも5~6種類から選択できる。2,268円の方でお願いする事にして、悩みながら選んだ料理は以下のとおり、

        141028-3-1.jpg
・ワラサのカルパッチョ、サラダ仕立て

        141028-4-1.jpg
・温かいブーダンノワール、イチゴのソース

     141028-5-1.jpg
・仔羊ハンバーグのロースト

     141028-6-1.jpg
・2層のガトーショコラ、エスプレッソソース

        141028-7-1.jpg
・エスプレッソ

 まずは最初のカルパッチョを一口食べて「この料理人は仕事出来る」と感じた、新鮮なワラサをそぎ切りし、柑橘の香りのするヴィネグレットで和え、サニーレタスを添えた皿だが、こうした単純な料理程食材と調理の質が問われるものだ、これは文句なし。続いてテリーヌ状のブーダンノワールは、コクはそれ程ないが血の香りと味がちゃんと感じられるし、イチゴとの相性がとても面白い。
 そして肉料理の仔羊ハンバーグもこの値段だから端肉を使った物だが、しっかり羊肉の香りと味がして「旨い」と声を挙げたくなる、ガルニの大きく切った野菜の扱いもいい。デザートは値段高騰中のチョコレートをたっぷり使い、ガトーショコラ上にチョコレートムースを乗せたもの、飲物はエスプレッソを選んでも同料金だ(笑)。
 全体的に判り易くやさしい味付けで、フレンチ初心者からベテランまで十分楽しめるクオリティだと思う。
 
 グラスワインを加えても一人3千円、これは驚くべきキャリテ・プリだ、メニュー2,268円なら原価はせいぜい800円以下で作らないと儲けは出ない筈だが、これは間違いなくもっとかかっている。見ると厨房には料理長の他にもう一人、店内サービスに一人、この二人の人件費も出さないといけない。おそらく内装や設備の減価償却が終わっているからこの価格が維持出来るのだろう、それでもギリギリの線だと想像する。
 私がこうしたプリフィクススタイルの店によく行っていたのは1990年代で、護国寺にあった「パ・マル・レストラン」等が懐かしい、当時に比べるとこの種の店は激減してしまったが、雑司ヶ谷の「オー・ボン・コワン」同様、新世代の料理人がしっかり伝統を守っていると思った、フランス料理はもっと日常のものであっていい筈、そして自分の食べる料理を選ぶのは楽しいものだ、食材ロスを考えると厳しい面があると思うが、これからも頑張って欲しいと願わずにいられない

 レストランにお洒落な内装やベタなサービス等を求める人には向かないが、財布が痛まない価格で真っ当なフランス料理を味わいたいなら此処はお勧めしたい店、私自身もまた来てみたいと思った。
 
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -