最後の晩餐にはまだ早い


五反野「そば遊膳とりい」

 フランス料理が続くので、今回は少し息抜き?に蕎麦です(笑)。
 外食業界では洋食一般をヨコメシ、和食一般、時に中国料理を含めてタテメシと呼ぶ事がある、これはメニュー、献立、菜単の書き方からとの説があるが、このブログではヨコメシ系の店を取り上げる事が圧倒的に多い。このため私がタテメシ系の食事を好まないのでは?と思われるかも知れないが、実際にはそんな事はなく、和食も中華も好きだ(笑)。
 ただ、どうしてもブログに載せる店への外食になると洋食系が多くなる、理由は和食特に寿司や蕎麦みたいな単品系と中華は、子供の頃から近所の店で親しんでいたため、交通費かけてまで食べに行く気になかなかなれないのだ(笑)、子供の頃に銭湯帰りに父親に連れられて行った寿司屋、出前で食べるのが日常だった蕎麦とラーメン、こうしたものが自分の原体験になっているので、どうもそれから抜けられないでいる。
 蕎麦も勿論好物なのだが、ガイドブックに載るみたいな趣味系の蕎麦店にはまず行かない、自宅から自転車で行ける範囲でいい店を探したい方だ、その私が参考にしているのがこのブログ、
http://plaza.rakuten.co.jp/livemachine2/ 
 おそらく同区内に住んで居る人だと思うが、足立区の蕎麦店を全部回って(凄い)蕎麦を食べているとの事、それも立ち蕎麦から趣味系高級店まで分け隔てないのが立派だ、本当に蕎麦全般が好きな人だと思う、言うなれば「カサノヴァ的蕎麦グルメ」か(笑)。

        141105-1.jpg

 この日自転車に乗って初めて訪れた「そば遊膳とりい」は、このブログで知った店だ。店の場所は東武線五反野駅から江北高校へ向かう商店街中、蕎麦店らしくない外観で知らないと通り過ぎそうになる。WEB情報では「ランチがお得」とあり、この日ランチタイムに訪れてみた。
 店を入ると右手にカウンター席と奥に厨房、左手には椅子席と座敷まであり思っていたより広い、この日は一人だったので自らカウンター席に座った。

        141105-2.jpg

 カウンターは一枚板の銘木物を使い、目の前には種田山頭火の掛け軸が下がっていて、これだけでもなかなか凝った造り、「ここは只の街場の蕎麦屋ではないよ」とのメッセージにも感じた(笑)。

     141105-3.jpg

 4種類あったランチメニューから選んだのは、「キスと野菜天ぷらの昼膳」(税別991円)で、内容は天ぷら、ざるそば、ご飯、香物、サラダ、デザートだが、プラス50円でご飯を天丼へ変更可との事でそれでお願いした、白飯と蕎麦は一緒には食べたくないと思う(笑)。

     141105-4.jpg

 すぐに運ばれてきたのが、サラダと蕎麦ツユの入った徳利と薬味、更にはデザートの冷白玉ぜんざいまで並べたのには、ちょっと興醒め(笑)。サラダはごく普通のものだが、蕎麦の薬味は本山葵を使っているみたいだ、麻布十番の有名店でも練り山葵を使っていたのでこれは立派。

        141105-5.jpg

 そして洒落た竹笊に乗った蕎麦が運ばれて来た、今年の新蕎麦だとの事だが、自家製粉で二八(小麦2:蕎麦8)で打っているそうだ。少し青味がかった蕎麦は細切りで二八の特徴である喉越しがいい、蕎麦の香りもちゃんとしている。ピュアな蕎麦好きの中には「二八は蕎麦じゃない」と云う人もいるみたいだが、私は旨ければ生粉打ち(蕎麦十割)でなくても全然構わないと思う方だ(笑)。

     141105-6.jpg

 続いて運ばれたのが天丼、内容はキスと茄子、南瓜、薩摩芋に紫蘇だったと思う。天麩羅店の揚げ方ではなく、衣を尖らせた蕎麦屋ならではの天ぷら、これを江戸前の濃い目の丼ツユを使って作る、ご飯も新米だそうで炊き方もいい、これは見た目以上に美味しかった。

        141105-7.jpg

 蕎麦湯は高級店で多い後から蕎麦粉を加えたタイプでなく、文字どおり蕎麦を茹でた後の薄いものだった。

        141105-8.jpg

 白玉ぜんざいは一口サイズだが、まあ無いよりあったほうが嬉しいと云う感じだ。

 この店予想以上に美味しかった、今まではちゃんとした蕎麦が食べたくなったら綾瀬の「重吉」へ行く事が多かったが、この店も選択肢に入れたいと思う。
 やはり蕎麦屋は家の近くでいい店を探したいものだ、隣の梅島にも良さそうな店があるので行ってみたいと思っている(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -