最後の晩餐にはまだ早い


原宿「KEISUKE MATSUSHMA」

 フレンチの食前酒代わりに饂飩を飲む?と云う、恐るべき「関西食べ歩き界のドン」(笑)が弾丸往復で東京に来る事になり、日曜日のランチをご一緒しませんかとのお誘いを受けた、場所は原宿・東郷神社近くにある「KEISUKE MATSUSHMA」、この店は最近まで「レストラン・アイ」を名乗っていたが、7月に仏ニースの本店と同じ名前に変更したばかり、新しいビル内、70席の大キャパシティ、ウェディング等のバンケット対応と、夫婦二人で営んでいるみたいな小規模店が好きな私がまず選ばないタイプの店(笑)。正直言って始めはあまり気乗りしなかったのだが、実質的な料理長(松嶋氏は総料理長の扱い)は1980年と気が遠くなる位に若く(笑)、且つ鎌倉野菜に惚れ込み、生産者の現場に何度も出向いているとの情報を得て、俄然興味が湧いてきた。
 今年「ビストロ・コティディアン」でご一緒した在京料理人も同行してくれる事になったが、この方もフレンチの前菜?にラーメンを食べる胃袋の持主なので(笑)、「今日、生きて帰れるのだろうか?」との不安を抱えながら、原宿の物凄い人混みの中を店まで歩く事に。

 東郷神社で骨董市が開かれていた頃は、この辺りよく歩いていたが、暫く来ない内に様変わりしてしまった。新しいビルが建ち、更にその横には別の新しいビルが建築中、道を歩く人達から聞こえるのは英語に仏語に中国語、判別不能な言語も混じってまさにカオス状態。「群衆は孤独者の家郷である」と云ったボードレールにこの光景を見せたら、前言を取り消すだろうと思う(笑)。
 店は原宿警察署に隣接する16階建ビルの1階で階上は住居になっている。このビルエリア内は緑多く静かな場所、店前のウッドデッキを歩いていると、さっきまでの原宿の喧騒とは別世界だ。
 ランチタイム一番乗りで入店、窓際奥の席に案内されるが、窓外には木々の緑が眺められ、此処が東京都心とは思えない上質なロケーションだ。

     141109-1.jpg

 着席したら早速料理長の今橋氏が挨拶に来た、この日はニースから松嶋総料理長も来ていて、時折客席にも顔を出し常連客と話しをしていた。
 この日の料理は同席した料理人の計らいで特別に誂えてもらったもの、以下に全品を紹介したい、
  
        141109-2.jpg
・栗に模した栗のクロケット

        141109-3.jpg
・ヴァニラ風味の洋梨を纏った冷製フォアグラ

     141109-4.jpg
・鎌倉野菜 レモングラス風味のアンショワイヤード

     141109-5.jpg
・長野産天然キノコのフリカッセ、トリュフの香りのサバイヨン

     141109-6.jpg
・甘鯛のウロコ付きフリット 、ウイキョウのフォンダン、 ハーブソース

        141109-7.jpg
・ ペルドローのロースト、腿肉とキャベツのパイ包み

     141109-8.jpg
・カボチャのニョッキ入りカボチャのスープ、 シェーブルチーズのグラス

        141109-9.jpg
・赤い果実のタルティーヌ、ホワイトチョコレートのムースとシャルトリューズの香りのグラス

     141109-10.jpg
・ジンジャービスケットとブランマンジェ、エスプレッソ

 料理は日本的に細部まで行き届いたミニアチュール的繊細さに、南仏の風と香りが加わった印象。
 個々の料理では栗と洋梨の皿は外国人が喜びそうな「見立て手法」、こうした物は食べて美味しくないとアイデア倒れになりがちだが、見た目美しく食べても十分美味しい。キノコのフリカッセは優れた食材を生かした特に印象深いもの、甘鯛もウロコの香ばしさと日本風なソースがいい相性を感じる、ペルドローもポーションは日本サイズながら繊細な肉質が特徴的な美味しさだった。
 デセールも秀逸、WEBページによるとパティシェール(女性)みたいだが、なかなか才能のある人だと思った。
 サービススタッフも数と質が揃っていて快適に過ごせる、慢性的人材不足の東京の外食業界で優秀な人間を集めるには、この店みたいに知名度があり給料や福利厚生等の待遇が整った会社組織でないと、もう難しい時代かも知れない。

 気が付くと店内は何時の間にかほぼ満席になっていた、そして騒がしい客や服装の乱れた客がいない、我々親父3人のグループが一番浮いていたけれど(笑)。このレベルの料理を窓外の豊かな緑を眺めながら楽しめる場所は、東京都心ではそう無いと思う、このロケーションを選んだ松嶋氏のセンスはさすがだ。
 ここはまずはランチタイムに行かれる事をお勧めしたい、若い料理長は面構えもいいし、これから先もっと伸びそうな才能だと見た。他のレストランスタッフも皆若いので、5年先は更に店のポテンシャルは高くなっている気がする、そう東京五輪の頃が成熟期かも知れない、それまで長生き?しないといけない(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -