最後の晩餐にはまだ早い


南千住「パスティチェリア・バール・アルテ」(2014年11月)※現在ランチ営業はしていません。

 亀有のイタリア料理店「ティア・ブランカ」へ行った後は、同じ下町イタリアン繋がりで南千住(山谷)の「パスティチェリア・バール・アルテ」にも行ってみたくなった(笑)、私は基本的にイタリア料理よりフランス料理派だが、住んでいる城北地区にはフランス料理店は希少で、バルみたいな店はあっても夜だけ営業が殆どだ、それなので家から近くてランチタイムのヨコメシとなるとイタリア料理店へ行く事になる、行くからには「なんちゃってイタリアン」では困るから(笑)、本格的な店となるとやはりこの「アルテ」しかない。
 いつもどおり地下鉄日比谷線南千住駅で降りる、「地下鉄」だけれど南千住近辺では高架上を走るので文字どおり「降りる」事になる(笑)、スカイツリー方向に向かって歩くが、毎度の事ながら泪橋交差点の辺りは外国人が多い、1泊2~3,000円代の格安ホテルが点在しているからで、最近は英語表記の看板も出ている。円安のため世界中から観光客がやって来る現在の東京だが、日本人があまり「安全地帯」と思わない山谷界隈でも、世界の中では結構安全な街に見えるみたいだ、実際に歩いても今は特に心配のないエリア、でも午前中から怪しげなスナックが営業していて、大声張り上げカラオケをやっているのは「普通」ではないかも知れないが(笑)。

 12時少し前に店に到着しテーブル席に座るが、この日は女性客にデザートが増える「レディーズ・デイ」だったせいか、この後女性中心に来客が続きテーブル席は殆ど埋まった。
 奥様からメニューを渡されるが、後から出て来た相越料理長から「宜しかったら、おまかせでお出ししますが」との提案で、それでお願いする事にした(笑)。
 出てきたのは以下の料理、

 
     141121-1.jpg
・自家製カポコッロ(プーリア州の豚首肉のハム)とサルシッチャ

        141121-2.jpg
・秋刀魚のベッカフィーコ

        141121-3.jpg
・牛スジのペポーゾのストランゴッツィ

     141121-4.jpg
・カポネット(イタリア風ロールキャベツ)

        141121-5.jpg
・ドルチェミスト(チョコレートのポネ、ティラミス、カスタニャッチョ)

        141121-6.jpg
・エスプレッソ

 まず料理の色からして玄人向け(笑)、茶色ばっかりで日本人がイメージするイタリア料理とは相当違う。トマトの赤、ルッコラやイタリアンパセリの緑、パスタやモッツァレラの白を並べトリコローレにして、上からオリーブオイルを垂らし「イタリアンの一丁上がり」と思っている日本人は今でもいる(笑)、そんな事を思っている人達にまず見せて食べさせたい料理だ。
 「カポコッロ」はプーリア特産の豚首肉の生ハム、料理人は文献から学び自家製で作るのだがこれが独特の歯応えで、股肉のハムより旨いのでは?と思った(笑)。次の「ベッカフィーコ」は本来鰯で作るシチリア料理だが、旬の秋刀魚を使って作る、秋刀魚の脂と香りが食欲を刺激する。
 そしてこの店一番の魅力は低廉なランチでも生パスタが味わえる事で、この日はウンブリア州のロングパスタ、卵黄を使わないタイプだがやはり饂飩とは一味違う(笑)。肉料理は「イタリア風ロールキャベツ」の名前からトマト味の煮込みを連想したが、予想とは違いスープ(ブロード)で煮たもの、北部ピエモンテ州の料理で地味な外観ながら実に滋味深い(笑)。
 ドルチェが美味しいのは、元々ケーキ店のこの店なら納得。

 失礼ながら全体的に地味でビジュアル的には冴えないが、その分食べてみてとにかく旨いとしか言い様がない、「~地方料理」に拘らず、イタリアの各地方料理の良い所取りをしているが、日本で食べるのなら地方性やオリジンにあまり拘らなくてもいいのではと、私などはアバウトに考えてしまうのだ(笑)。
 腰の整体治療がこの後に控えていたので、アルコール類は止めてナポリの炭酸水で通していたが、ワイン好きな人ならこの料理の美味しさはきっと判る筈だ、そしてドルチェ好きな人にも勿論お勧めしたい(笑)。

     141121-7.jpg

 文化啓蒙にしても宗教の布教活動にしても、それがその地に根付いて初めて「文化」や「宗教」と呼ばれる、一代で廃れたら「昔、変な奴がいたな」で終わってしまう(笑)、山谷と云う辺境の地?で、これだけ直球勝負で骨太なイタリア料理が食べられる事を、他の人にももっと知って欲しいし、私自身も定期的に通いたいなと思っている(笑)。
 最近始めたイタリア惣菜の販売も好調との事、下町のイタリア食文化発信地として、続いて欲しい店だ。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -