最後の晩餐にはまだ早い


中目黒「オー・コアン・ドゥ・フー」

 「願いはいつか叶うもの」らしい、私の場合は「食」以外では殆ど外していたが(笑)、過去に「いつか行ってみたい」と思っていた店は、実際に行けた事が多かった。
 今年になってからも「予約の取れない店」で知られる、池尻大橋「OGINO」に偶然誘ってくれる人がいて、遅ればせながら初訪問を果たせた。ブログを続けるのは結構孤独で過酷な作業だが、それでも続けていると新たな仲間との交流の機会も増え、普段訪れない店にも行けたりするので、これはありがたい事だ。

 この日初めて伺う事になった、中目黒の人気ビストロ「オー・コアン・ドゥ・フー」も、食仲間からのお誘いがあって実現したもの。この店は2011年11月にビストロの激戦区とされる中目黒に開店し、以降注目され瞬く間に人気店となり、今では週末等は予約の取れない店になりつつある。
 料理長の山口氏は、私がよく通っている神楽坂「オー・トレーズ・ジュイエ」の佐藤料理長と以前一緒に働いた同僚で、佐藤氏からも噂は聞き「行ってみたい」と思っていたのだが、定休日が私と同じで且つ週末は予約が取り難い事もあり、その機会がなかった。
 今回参加したのは店の3周年の記念行事で、本来ならリピーターに呼びかけた特別メニューの催しだが、図々しくもソワニエの顔をして席の一角を占める事になった(笑)。

        141207-1.jpg
 
 店の場所は中目黒駅から徒歩3分の至近距離、表通りから少し中に入った静かな場所で、人気エリアによくこんないい物件を見つけたなと驚く、店内外の雰囲気は一軒家的な落ち着きも感じ、座っているだけで旨いものが出て来る気配がある。
 店からのお祝いのシャンパーニュで乾杯し、いただいた3周年記念のメニューは以下のとおり、

     141207-2.jpg
・グージェールとリエット

        141207-3.jpg
・ズワイ蟹と帆立のタルタル、オマール海老のジュレとウニ添え

     141207-4.jpg
・セップ茸とプーレ・ダルモワーズのバロティーヌ、砂肝のコンフィ添え

        141207-5.jpg
・北海道凾館産寒ブリの香り焼きと長野県七草農場の冬野菜の一皿

     141207-6.jpg

        141207-7.jpg
・ジビエとフォアグラのパイ包み焼き、トリュフソース、セロリラヴのムースリーヌ

     141207-8.jpg
・濃厚ショコラのテリーヌ、キャラメルのアイス添え

        141207-9.jpg
・エスプレッソ

 まず料理全体から云うと、主役がハッキリしていて判りやすく、フランス料理体験のビギナーからベテランまで万遍なく楽しめる料理だと思った、これは前述の「OGINO」と似た印象。繊細さよりも豪快さ、細部のディティールに拘るよりも質量としての旨さで攻めてくる料理だ。
 蟹と帆立のタルタルをオマールのジュレと合わせた一品はこの店のスペシャリテだそうで、たしかにその自信が伺える美味しさ。「プーレ・ダルモワーズ」は仏ロワール地方で飼育されている鶏の種類、これをバロティーヌにして身の旨味を際立たせている、ブリは話題のグリルではないと思うが(笑)、和食的な印象で上質な野菜達とよくマッチしていた。
 そして肉料理はジビエのアンクルート、当日の人数分を一度に焼いていたが、パーティーとは言いながら、よくこのレベルの料理を出せると感心した。フランス的に甘味のしっかりしたデセールも良かった。 
 ワインも各種揃えていて、好みの物を飲み放題と云う大盤振る舞い、酒弱人間の自分が恨めしくなる(笑)。

        141207-10.jpg

 山口料理長は最近ダイエットしたそうだが、それでも体格のいい偉丈夫だ、格闘家と云っても通用しそうだが(笑)、これは料理の印象にも合致する、チマチマした処がなく男っぽさのある料理だと感じた。
 そしてこの店の大きな魅力がマダムだ、客席を回りながら各テーブルで話しかけているが、明るくポジティブで暗さが感じられない、この人が料理をサービスするなら、美味しさは何割かアップする筈だ(笑)。 
 始めは私みたいな新参者が参加していいのかな?との不安はあったが、食事が終る頃にはもうこの店の仲間になった気がして来た(笑)、これも店のスタッフと集まった常連客の人柄だろう、実は私はこの手の「パーティーもの」は苦手で、過去にはあまり参加して来なかったのだが、それを反省する機会になった(笑)。
 店側に望むとすれば、こうした顧客を大事にする姿勢をこれからも失わないで欲しいと思う。

 楽しい集まりにお誘いいただきありがとうございました、そしてこの店がいつまでも人気店である事を願っています。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -