最後の晩餐にはまだ早い


2014年「今年印象に残った店」(デザート編)

 料理編に続いてデザート編になるが、これもフランス料理店が多く、且つ料理編と店が殆ど重なってしまった、「料理は駄目でもデザートだけは良かった」と云う店は無く、「駄目な店は何を出しても駄目」なのかも知れない(笑)。
 まず挙げておきたいのが、大阪の下町布施で輝いているフランス料理店「パパノエル」からで、

     141231-1.jpg
・キンカンのムース天津甘栗のモンブラン仕立、メローゴールドのゼリー、キャラメル風味のアイス、ココナッツミルクとバナナのフラン

 「パパノエル」の奥田料理長とは同世代の、六本木「トレフ・ミヤモト」宮本料理長の、

     141231-2.jpg
・あまおう苺のピュレとソースボール、パンナコッタ、濃縮牛乳のアイス

 宮本氏と同じ「クラブ・ミストラル」のメンバー、人形町「イレール」島田料理長のシンプルな、

        141231-3.jpg
・チョコレートのスフレ

 赤坂の店を閉めた後、北区駒込で再開した「レザントレ・コウジイガラシ・オゥ・レギューム」五十嵐料理長の野菜を使ったデセール、

     141231-4.jpg
・茄子のクレームブリュレ、茄子の赤ワイン煮、西瓜

 こうして並べてみると、「いい料理」は感性と若さでも作れるが、「いいデザート」は経験と反復が何より必要なのかなと思う。
 U-40世代料理人の店で印象に残ったデザートは、まず八丁堀「シック・プッテートル」生井料理長の、

     141231-5.jpg
・キャラメルショコラをアマレットのエスプーマで包んで

 パティシェ経験のある料理人、代官山「ル・ジュー・ドゥ・ラシェット」高橋料理長の、

     141231-6.jpg
・ショコラバナーヌ、パッションフルーツソース、バナナのグラス

 この店を外す訳にはいかない、南青山「フロリレージュ」川手料理長の、

        141231-7.jpg
・カマンベールのクリームを詰めたシュー、糖蜜のグラス

 伝統料理を現代ビストロ風に変容させる腕利き料理人、麻布十番「ビストロ・コティディアン」須藤料理長の、

        141231-8.jpg
・イチジクのタルト、バニラアイス

 フランス料理店以外で印象的だったのは、四谷荒木町「大原」の大原料理長の奥様が作られた、爽やかな夏の甘味で、

        141231-9.jpg
・自家製水ようかん

 
 最後にちょっと意表を突かれたのが、代々木八幡「アルドアック」酒井料理長(と云っても一人だが(笑))の、

     141231-10.jpg
・洋ナシコンポート、パニラとオリーブオイルのアイス、イチジクスライス

 残念ながら店売りスイーツには、あまり印象に残るものがなかった。

 一年間このブログをお読みいただきありがとうございました。「アベノミクス」なる言葉が独り歩きしていたが、実体経済の回復はまだまだ遠い先の現実、加えて食材料の高騰や人材難等、飲食店には冬の時代が続いているが、若手料理人それも1980年代生れが登場、海外でも日本人料理人が沢山活躍しているし、将来にはそれ程悲観しなくてもいいのかなとも考え直している。
 来年は少しでも食業界が明るくなる事を願っています。

 最後に、皆様にとって来たるべき新年が、希望を持てる一年である事をお祈りします。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. レストランetc
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -