最後の晩餐にはまだ早い


池袋「シュヴァル・ド・ヒョータン」

 この日ランチタイムに初訪問したのは、池袋のフランス料理「シュヴァル・ド・ヒョータン‘Cheval de Hyotan’」、変わった店名は「瓢箪から駒(馬)」から付けたそうだ、珍しいのは店名だけでなく、料理人が女性で夫がサービス担当と云うコンビも日本では少ない。
 フランス特にリヨン近辺で女性料理人が多かった、これは絹織物生産と貿易で稼いだブルジョワ家庭専属で雇われていた彼女達が、やがて蓄えた金で街場に自らの店を出したからで、店名に‘Mère ~’(母)が付く店は、殆どそれが起源と云われている。
 日本でも女性の社会進出が進んで来たが、料理業界ではまだまだ遅れているなと感じる、これからの日本は若年労働人口の減少と云う重い課題を抱えている、この分野でも能力を発揮する女性は多く居る筈なので、もっと業界に参加して来て欲しいし、その環境を整えないといけないと思う、その意味でも成功を願いたい店だ。

        150116-1.jpg

 店の場所は池袋駅西口を出て東京芸術劇場を過ぎ、要町通りを立教大学へ向かう途中で通りに面している、外観はフランス料理店より美容室か小洒落たカフェと云った印象なので、気を付けないと通り過ぎそうだ。
 店内に入り、サービス担当の男性(あとでこの方が料理長の夫君だと知る)に名前を告げる、カウンター席もあるがこの日は平日で割と空いていたので、ベンチシートに座らせてもらった。店内は予想以上に広くパーテーションで仕切れる個室もあり、カウンターも含めると20席以上ある。トイレブースも2つだし、内装には結構お金を使っている、インテリアは北欧調で、クロスもマットも使わず食器&グラスは直置き、卓上にはナイフ&フォークの他に箸も用意されていた。

        150116-2.jpg

 座って気が付いたが、店内はフラットでフルオープンキッチンだ、洗い場まで見えるためゴミの出し方も注意しないといけない(笑)、料理長の他に若い女性料理人が一人厨房に入っている。

 ランチは3種類、この中からメインとデセールを選ぶ2,800円のものをお願いした、

        150116-3.jpg
・アミューズ(鯖のマリネを炙ったもの)

     150116-4.jpg
・10種の野菜のテリーヌ、ポワローソース、黒オリーブの粉

        150116-5.jpg
・Frederic Magnienのブルゴーニュ・ピノノワール2012(グラス1,000円)

     150116-6_201501101959220ae.jpg
・オーストラリア産仔羊芯のロースト、オッソイライティチーズ風味

        150116-7.jpg
・ピスタチオとイチゴのクリームブリュレ

     150116-8_20150110195919780.jpg
・マドレーヌ

        150116-9_201501101959184d0.jpg
・エスプレッソ

 アミューズはしめ鯖?を炙ったもので、なかなかいいセンスだ。続く野菜のテリーヌは綺麗で丁寧な仕事、ポワローのソースもいいが、今はファミレスでも提供している料理なので、味の面でもう一捻り何か欲しかった気もする。
 4種類の中から選んだメインは仔羊、骨と脂を外して筒状に成形し羊の脂を巻いてローストしている、おそらく低温長時間調理だと思うがこの火入れは見事だ、パブリカソースに癖のあるオッソイライティ(バスクのチーズ)を使ったのは、ちょっと脱日本的でフランス風な組合せに感じた、ガルニの野菜も美味しい、デセールもなかなかいい出来だ。
 これで税込2,800円、結構充実した内容だと思う、他の料理も食べてみたくなった。
 
 サービス担当の川副氏に聞いたのだが、妻(料理長)は専業主婦だったが、料理を学ぼうと有名料理学校「コルドンブルー」に入学、卒業後に更に料理を極めるため、「ランス・ヤナギダテ」や「ラール・エ・ラ・マニエール」の厨房に入った、そして夫の協力もあって2012年にこの店を開業、当初は別の料理長が居たが、現在は彼女が中心になっている。この経歴は出張料理人を経て、現在料理プロデューサーになっている狐野扶実子さんとちょっと似ている。
 料理やサービスに何処となく、良い意味でのアマチュアリズムを感じたのも理解できた、儲けようとか有名になろう、星を取ろうと云ったギラついたものが感じられない(笑)。「(店作りに)お金かかったでしょう?」と、穏やかそうな夫に余計な事を聞いてしまったが、彼はニヤリと笑って「いや、フェラーリ買ったと思えば・・」とさりげなく答える、この人見かけより只者ではないかも知れない(笑)。

        150116-10_20150110195916f5f.jpg
 
 私も過去に若い店、若い料理人を相当数見てきたが、此処は他に類系のない新世代のレストランだと感じた、今後もっと面白い店に進化して行く期待は充分持てる。池袋はフランス料理店が希少だ、これから人気レストランになりそうな予感はある(笑)。
 座っていると不思議にリラックス出来る居心地もいいし、また訪れたい店だ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -