最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「グリグリ」(2015年3月) 

 この日の夜は「グー・ド・フランス」の特別メニュー狙いで、私が現在注目しているフランス料理店の一つ、麻布十番「グリグリ」で友人達と集まる事になった。
 「グー・ド・フランス‘Goût de France’」とは、フランスの美食とワインを世界に紹介するため、「1,000人のシェフが1,000のメニューを世界5大陸で」をスローガンに、3月19日に世界各地で「フランス式ディナー」を提供するイベント、仏政府が音頭を取りアラン・デュカス他が名を連ね、世界各地の料理人に呼びかけて今年実現した。
 背景にはスペインや北欧、更には日本やアジアの料理人達が台頭し、「レストランランキング」等でも、フランスが料理界の頂点ではなくなりつつある事に危機感を募らせたのが大きい、日本国内では60店以上が参加表明、この「グリグリ」もその一つだ。他の参加店を見ると、フランス人料理長や過去フランスで働いた料理人の店が多いみたいだ。

 店には集合時間の19時少し前に到着、今日はどんな料理が出るのかは知らされていなかったので楽しみにしていたが、これが予想以上の内容だった、まずは以下に画像を紹介したい。

     150408-1.jpg
・アミューズ:トリュフとフロムダンベールのグジェール、

     150408-2.jpg
・(同)トマトのデクリネゾン

     150408-3.jpg
・(同)プチ・ポワとキャビア 新玉ねぎのムース

        150408-4.jpg
・冷前菜:人参、オレンジのジュレ、ローリエ風味のヨーグルト、長胡椒風味

        150408-5.jpg
・温前菜:オランダ産リ・ド・ヴォーのフリカッセ、モリユとアスパラガス、焦がした粉のニョッキ、シャルトリューズ風味

     150408-6.jpg
・甲殻類料理:ブルターニュ産オマール「プロヴァンスへの旅」

     150408-7.jpg
・肉料理:ラングドック産コート・ド・ヴォーの骨付ロースト、そのジュ

     150408-8.jpg
・フロマージュ三種

        150408-9.jpg
・デセール:ホワイトチョコレート、苺、ルバーブ、シャンパーニュのムース

        150408-10.jpg
・ミニャルディーズ:ショコラのトリュフ

 あとで伊藤料理長から、「フランスらしい伝統的な料理をお出ししました」と説明があったが、特に温前菜以降はこれまで「グリグリ」に抱いていたイメージとは、少し違う料理だった。
 私が毎年の様にフランスを訪れていたのは、1997年から2009年まで、ユーロ圏統合により、通貨がフランからユーロに変わった時期だが、その前後に主に地方の名店で味わった料理を思い出した。シャニー「ラムロワーズ」のジャック・ラムロワーズ、ソーリュー「ラ・コートドール」のベルナール・ロワゾー、ラ・ロシュ=ベルナール「オーベルジュ・ブルトン」のジャック・トレル等、今でも前菜からデセールまで何を食べたか思い出せる、印象深く芯があって力強かった彼等の料理、あれだった。
 リ・ド・ヴォーはいい食材に出会えないので、日本ではまず注文しない料理だが、このオランダ産は上質でフランスで食べた物と遜色ない。「ブルターニュのオマールがプロヴァンスへ旅をした」とのイメージで作ったオマール料理も秀逸、続くコート・ド・ヴォーも、ヴリナ氏が健在な頃のPARIS「Taillevent」で味わった料理に近かった。ムニュの中にフロマージュが含まれるのも、ちょっと前のフランススタイルだ。
 
 ここまで正統派でトラデショナル且つまともな料理は、現在では和歌山か大阪上本町でないと味わえないと思っていただけに、東京の麻布十番で再会できた事が驚きだった(笑)。「やられた」と思ったし、「こんな料理が食べたかったのだ!」と思わず唸りたくなった(笑)。
 これは想像で書くのだが、伊藤料理長も私とあまり違わない時期に、フランスの伝統料理とフランスで初めて出会い、美味しさに驚嘆した経験があり、当時の印象とリスペクトを表現したかった、この料理メッセージはそれではないかと思った。
 「やっぱりフランス料理は美味しい」との認識を新たにすると共に、こうした料理を料理人が作らなくなり、客が食べなくなったのは何故なのだろう?と思いを巡らせてしまった、ライト&ヘルシー嗜好、「重厚長大」より「軽薄短小」を求める時代だからか、肉とソースとガルニを作為的に3皿に分けたみたいな、意味不明なモダン料理を見るにつれ考える事多いが、「どうだ、こっちの方が旨いだろう」と云う説得力は、やはり伝統料理側にありそうだ。

        150408-11.jpg

 実は私はレストランで開催される「フェア」の類は、値段が高くなる事や客が多い事等の理由でまず行かないのだが、この日は行って良かったと思った、原価率だけ考えても凄い内容だ(笑)、来年も開催されるなら、また「グリグリ」で集まりたいものだ。
 懐かしくて美味しく、過ぎ去った日を懐かしんで涙腺が緩む料理でした、「Vive La France!(フランス万歳)」(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -