• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

最後の晩餐にはまだ早い


亀有「アークトゥルス」※閉店しました。

 担担麺の辛味の後には、甘い物が食べたくなるので、今回はケーキの話を(笑)。
 紹介する「アークトゥルス」は、私の実家がある葛飾・亀有に2006年10月にオープンしたパティスリーだ。店の場所は常磐線亀有駅南口を出て、昔は「曳舟川」と呼ばれた水路、現在は埋め立てられ親水公園になった道路沿いで、道を挟んだ向かい側には蕎麦好きに知られている「吟八亭やざ和」がある。
 店名のアークトゥルス(Arcturus)は、ロールプレイングゲームのタイトルにもなっているが(笑)、うしかい座にある一等星の事で、オレンジ色の光を放つのが特徴、その「輝き」にあやかって店名にしたとWEB情報にある。
 店主は亀有出身で、この店に近い都立農産高校の卒業生、デパート等にも出店し、タルトで知られるパティスリー「ア・ラ・カンパーニュ」で働き、独立にあたり地元亀有のこの場所を選んだそうだ。

     150502-1.jpg

 この店には個人的な思い出がある、私の母親は2008年に他界したのだが、最後の入院が葛飾区内の病院だったので、私と同じく甘味好きだった母親に買って行ったのが、この店のケーキ、それが最後のケーキになった。今年も母の命日がやって来たので、それを思い出し、久し振りに自転車に乗って買いに行ってみた。

 店のイメージカラーは前述のとおり星に因んだオレンジ、ドアを開けるとすぐケーキが並んだショーケースで、店はそれ程広くない。以前は奥さんと思しき女性が販売を担当していたが、この日は左奥にあるラボからコックコート姿の店主が出てきた。偏見かも知れないが、ケーキの販売はやはり女性の方が向いていると思う(笑)。
 この日何を買おうか迷ったが、結局以下の三種類を買い、我家に帰って撮影と実食を(笑)。

       150502-2.jpg
 ・スリジェ(360円)
 買ったのが桜の時期だったので、たぶんそれに因んだのだろう、ほんのりと桜色に染めたクリームをジェノワーズ生地で挟み、サクランボのコンフィチュールを入れてある、トップには木村屋のアンパンみたいな桜の花びらが乗る。画像の印象どおり繊細な印象、クリーム等は上質だった。

       150502-3.jpg 
・モンブラン(360円)
 パティスリーの実力を知るには、モンブランを食べてみる事だと個人的に思っているが、この店のモンブランはちょっと変わっている、タルト生地の土台の上に生クリーム、その上に栗のペースト、上に一個丸ごと煮た栗が乗っている、オニギリ状の形はユニークだが、味はちゃんとしたモンブランだった。

       150502-4.jpg
・杏のタルト(360円)
 「ア・ラ・カンパーニュ」出身だけあって、以前からこの店のタルト類は美味しいと思っていた、特に土台になる生地がいい、これは見かけ地味だが、生地、アパレイユ、アプリコットのバランスが秀逸。

 ケーキ1ピース5~600円が珍しくなくなった昨今、全部360円と云う下町価格、1個あたりの大きさは、残念ながら以前に比べると小さくなった印象はあるが、全ての原材料が高騰を続ける中で、顧客である近隣住民の事を考え、急激な値上げを控えるとなると、これは仕方の無い事か。

       150502-5.jpg
        
 職人は常に上を目指すから職人だと、たしか辻静雄が何処かに書いていたが、店をやるからは東京、それも銀座や青山や六本木で認められたいと云う気持ちは理解できる、でも今の銀座を歩いてみれば判るが、外国人観光客が闊歩する銀座はもう昔の銀座ではない、あそこで飲食店が存続するのは、個人の力では難しい時代になった。
 有名店で働いていた人達が、地元に帰って個人店を開業する。長く職人として生きるのなら、この店みたいに地域と共存しながら店を続けて行くのが、今は最善のやり方なのかも知れない。
 これからも下町で明るく輝いて欲しいと、地元応援派の私は願わずにはいられない。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -