最後の晩餐にはまだ早い


東銀座「ル・ボーズ」(2015年5月)

 例年同様に黄金週間はノープラン(笑)、元来出不精な私だが、特に人混みは大の苦手、年末年始同様この時期は外食をパスする事が多いのだが、尊敬する友人夫妻からのお誘いを受けて、有楽町の東京国際フォーラムで開催された「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出かけた。
 このイベントは、「一流の演奏を気軽に楽しんでもらい、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」を目的に、1995年にフランス・ナントで始まったもの、2005年からは東京でも毎年継続して開催されている。
 この日は、フランス人の若手チェリストとピアニストの二重奏、約50分のミニコンサートで料金は3,000円以下だった。こうした催しはいい事だと思う、敷居が高く閉鎖的と云われるクラシック音楽界だが、少子高齢化の中で聴衆を維持するには、旧態依然なやり方では駄目で、レストランがガストロからビストロへ形態を変更するみたいな、時代に合わせた変容が必要だと思う。

 アフターコンサートの場所選びで悩んだのだが、有楽町からそう遠くなく、コンサートの余韻も楽しめる様な雰囲気ある店となると、これがなかなか難しい、過去行った店の記憶を辿り、思い付いたのが東銀座にあるビストロ「ル・ボーズ」、この店に伺う事にした。
 私は2回目だが、前回は2年前で当時まだやっていたランチタイム、その時は銀座にしては低廉で、繊細な前菜と文字どおり骨太な肉料理で好印象だった、その後訪れていなかったので、この日料理がどう変わっているか楽しみだった。

 店の場所は集合ビルの3階、極小エレベーターを降りると目の前が入口ドアだ、我々の入店時には1組食事中だったが、その後続々と来店し、カウンターも含めて満席になった。
 この日の料理はカルトメニューからで、3人だったのでシェア出来る仕様にしてもらった、注文は以下のとおり、

     150510-1.jpg
・パテ・ド・カンパーニュ(1,280円)

     150510-2.jpg
・たぶん「ブーランジェリーレカン」のパンだと思う(美味しい)。

     150510-3.jpg
・茹で上げフランス産ホワイトアスパラガス(1本650円)

        150510-4.jpg
・トリッパのカツレツ(1,280円)

        150510-5.jpg
・仔羊背肉のロースト、タイムの香り(通常2ピースで2490円、これは1.5人前)

        150510-6.jpg
・一人分

     150510-7.jpg
・シャラン産鴨胸肉のロースト(2,920円)

        150510-8.jpg
・一人分

     150510-9.jpg
・本日のデザート(ファーブルトン)

        150510-10.jpg
・綺麗なカップに入ったハーブティー

 何故か肉ばかりになってしまった(笑)、前回のランチメニューと単純比較は出来ないが、どの料理も芯があって味が明確で判り易い、予想したより量もあるし、銀座でこれ程までに直球な料理が食べられると思わなかった。
 料理人の友人から、「店の実力は、パテ・ド・カンパーニュを食べれば判る」と聞いていたので注文した同品は、粗めの練肉の旨味がジワジワと効いてくる、届いたばかりの白アスパラは別添えのオランデーズで食べるが「春」を感じさせるもの。続くトリッパのカツレツはリヨンの郷土料理「タブリエ・ド・サブール」的な、典型的なビストロ料理だが、カラっと揚がっていて日本人の私には本場物より旨いと思う(笑)。
 メインの肉料理2種はオーソドックスな食材だが火入れが実に見事、調理はオーナーシェフの青木氏が一人で全てこなしているが、他席の調理もやりながら、ここまでジャストなキュイッソンが出来るのは、経験を積んだ職人技だと云える。
 デセールも地味ながら、ムチっとした皮の食感が特徴的で、なかなか美味しかった。

 調理が一人でサービスも一人、夜でもテーブルクロスは無くナプキンは紙、カトラリーは取替えずに使い回す等、省略出来る部分は省略する方針だ。その分は料理で客に還元したい、こう考える料理人なのだと思った、高級店の料理長をやっていたそうだが、独立にあたってビストロ路線を選んだのは、時代の需要に合ったのだと思う。 
 こうした店は、我々みたいな場数を踏んだベテラン客達が利用するのかなと思ったが、意外にも他の席は若い男女カップル、今は高級レストランに誘うより、この店みたいな隠れ家的ビストロに行く方が「大人の遊び方」なのかも知れない(笑)。
 潔くて男気のある骨太料理、それでいてアセゾネ(味付)は繊細で雑ではない、値段も銀座と云う特殊な地盤を考えたら安いと思う。これなら満席日が多いのも納得できる、また訪れたい店だ。
 いい店いい料理で気分が良くなり、帰りの地下鉄では爆睡し、あやうく乗り過ごす処だった(笑)、いい休日になった。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -