最後の晩餐にはまだ早い


綾瀬「サムンドラ」

 ウィキペディアによると、2014年5月末の統計では、日本で外国人登録中のネパール人は31,961人、このうち「技能資格」は6,775人で、その殆どがインド料理店で働く料理人やサービスマンだと云われている、これは外国人登録上の数字なので、実際にはもっと多いのではないかと思う。
 以前のブログ記事にも書いたが、都内のインド料理店で働くネパール人が急増している、ネパール国内の政情不安や低賃金労働しかない現状から、日本で働けば本国より数倍の収入が望め、料理人としての技能修得者資格なら入国しやすいと云う実情がある事に加え、日本国内の飲食店における深刻な労働力不足も影響している。 
 そのネパールで4月25日に大地震が発生、甚大な被害が生じたと伝えられる、遠い日本で働く彼等の、故郷への気持ちを思うと辛くなってしまうが、帰りたくても帰れない人は多いと思う、一日も早い復興を願うと共に、彼等が働くインド料理店を利用する事で、ほんの僅かでも何かに役立てるのではないかと思っている。

     150514-1.jpg

 今回紹介するのは、地元の千代田線綾瀬駅に近い、インド・ネパール料理店「サムンドラ」で、この店も私が通っている整体治療院の近くで偶然見つけた。WEB情報では2014年10月開店とあり、「はて、前は何の店だっけ?」と考えたのだが、たぶん居酒屋系だったと思う。日本人が経営する飲食店が潰れ、その後店舗に入るのが中国人系の中国料理店か、インドやパキスタン人が経営し、ネパールやバングラディシュ人が働くインド料理店なのは、いまや東京スタンダードになりつつある(笑)。
 初訪問は今年の2月で整体治療の帰りだったが、入店するとネパール人と思しき、長身イケメン青年に案内され着席、ちょっとダルビッシュ有投手に似ているので、彼の事を以降「ネパールのダルビッシュ君」と密かに呼んでいる(笑)。

     150514-3.jpg

 店内は思っていたより広かった、壁にはネパールとインドの国旗、もう一方の壁にはメニューをカタカナで書いてあり、これ読んでいたら、決して笑ってはいけないとは思うが、ちょっと笑いがこみ上げてしまった(笑)。

     150514-7.jpg

        150514-2.jpg

 ランチのカレーセットメニューは5種類あり、値段が上がる毎にアイテムが増えていく、初回はBセット(790円)をお願いした。

        150514-4.jpg
・まずはインド料理店ではおなじみの、サウザンドレッシングがかかったサラダ(笑)。

        150514-5.jpg
・続いては本日のカレー(しめじとチキン)と巨大なナン。

        150514-6.jpg
・これが付かないAセットとの差は70円なので、頼んでみたチキンティカ

 まずはナンが巨大(笑)、都心から周辺区へ移動する程ナンが巨大化するのかも?作りは柔らか目で万人受けする味。
 カレーは中辛でお願いしたのだが、割とマイルド系でこれも無難な美味しさ、下町なので尖った美味しさを追求するより、普段は家のカレーライスに馴染んでいる人達にも違和感ない味にしていると思う。
 チキンティカは値段考えれば、そんなにいい鶏肉は使えない筈で、まあ予想以上でも以下でもない味だった。

        150514-10.jpg
 最後のホットチャイはごく普通だった。

 これで790円なら安いと思う、職場近くにもインド料理店があり、何店か行ってみたが、もっと割高な印象だ。味もまあ悪くないし、此処ならまた来てみたいと思った。
 実際に一月後位に再訪したのだが、同じ曜日なのに「本日のカレー」を頼んでしまい、また「しめじとチキン」で注文ミス(笑)。

     150514-8.jpg

     150514-9.jpg

 そして3回目、前2回共にカレーが足りなくなったので、今回はカレーが2種類付くCセット(890円)を注文、中身は「キーマ(挽肉)&茹で玉子」と「野菜」、巨大なナンと合わせるとやはりこの位は欲しい(笑)。どちらのカレーも良かったが、特に野菜カレーが美味だった、この味ならわざわざ都心までカレー食べに行く必要ないと思った位だ。
 綾瀬のインドカレー店は、以前にブログで紹介した「パナス」に何度か行ったが、残念な事にテナントビルの建替に伴い閉店してしまった、別にもう一軒あるが、その店の味よりこの「サムンドラ」の方が好みだ。
 これからはインドカレーが食べたくなったら、安いし近くて便利なので、またこの店へ行こうと思っている(笑)。
 
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -