最後の晩餐にはまだ早い


北千住「鶴亀飯店」

 「鶴亀飯店」、北千住にあるこの目出度い名前の中国料理店を知ったのは、いつもどおりWEB情報、担担麺の事を調べていた時に、この店の担担麺を「生涯で最高」と絶賛しているブログを発見、それ以来「同じ区内だし、一度行ってみなくては」と思っていた。
 黄金週間最終日の昼、天気も良く風も弱かったので、我家から自転車で遠路行ってみる事にした、環七を抜け日光街道(国道4号)に出たら千住新橋に上がり荒川を渡る、この日の荒川は名前に似ず実に穏やかだった。「千住警察署入口」と表示のある信号を左折、ハローワーク足立の斜め向かいに店がある。

        150522-1.jpg

 看板には「中華 麺 ダイニング 鶴亀飯店」と表示されているが、WEB情報によるとこの店は、竹ノ塚「しおの風」、川口「彩たまや」等ラーメン店数店を展開するグループ内の一店との事だ、開業は2009年7月。
 店内に入ると、北千住らしくない(笑)洒落たカフェ風の内装で、右手と奥にテーブル席、左側はカウンター席と厨房になっている、一人だったのでカウンターに着席し、メニューを拝見する。

     150522-2.jpg

      150522-3.jpg

 ランチタイムは「本日の定食(この日は『回鍋肉』)」の他にも、麺や飯物が各種豊富、最初から担担麺を食べるつもりだったので浮気せず(笑)、メニューの最初にあった「四川担々麺」(880円)に決め、プラス120円で日替り点心or日替りサラダのどちらかと、ご飯食べ放題にドリンクバー5種飲み放題と云うお得なセットになるので、それでお願いする事にした(笑)。

     150522-4.jpg

 最初に運ばれて来たのが、すり鉢に入った胡麻とすりこぎ、これは「平田牧場」等のとんかつ店ではお馴染みだが、担担麺を注文して出て来たのは初めてだ、胡麻を擂った後にドリンクバーでオレンジジュースとコシヒカリご飯を盛って待機する事に(笑)。
 目の前の厨房には料理人が二人、店内サービスは女性二人で担当していたが、皆若いスタッフだ。

        150522-5.jpg

 暫くしてやって来たのが点心二種、黄色い皮の方は焼売、もう一つは小籠包だったと思う、味はまあ想定内で(笑)普通だった。

     150522-6.jpg
 
 続いてお待ちかねの担担麺登場、まずはスープを一口啜る、初めに胡麻の香りと甘味にクリーミーな舌触り、その後に辛さが来る。意識して担担麺を食べる様になってから、店によって二つのタイプがある事を知った、唐辛子や山椒の辛さと痺れ感を強調する「刺激味系」と、胡麻や胡桃を多用しクリーミーさを強調する「マイルド味系」だ、この店のスープは後者だと思った、おそらく日本で独自に進化したスープ形態だ。東京では「汁無し担担麺」が流行っているが、個人的にはこうした汁有りでマイルド系を好むので、ストライクゾーンに入った(笑)。
 続いて麺を食べてみるが、細めながら歯応えがあってバランスがいい、たしか「浅草開化楼」の麺を使用している筈だが、ラーメン専門店では定評ある麺なので、スープに負けていない。
 具は挽肉に青菜とシンプル、途中で先に摺っていた胡麻を加えるのだが、微妙に味が変化して面白い、いいアイディアだと思った。

     150522-7.jpg

 ご飯はコシヒカリとの事だが美味しかった、品が悪いが最後は丼の中へ入れて、スープまみれにして食べたくなる、何杯でも食べ放題だが、炭水化物過剰摂取は危険なので、一杯で止めておいた(笑)。
 スープと麺のバランスに優れたなかなか美味しい担担麺だった、「生涯最高」とまでは言えないかも知れないが、「過去ベスト3」位には入れたいと思った。

 店は北千住の繁華街の外れ、そんなに便利な場所ではないが、それでも続々と客がやって来る、この日は祝日だったので家族連れが多かった。
 今、千円でこれだけ満足感のあるランチが食べられるのは、世界の主要都市の中では東京が一番ではないだろうか?黄金週間に高い出費で無理して海外出るより、こと「食べる」事に関しては、何処へも出ないのが一番費用対効果ありと、これはお金がない人間の僻みでしかないが(笑)。

        150522-8.jpg

 この店は、昼11時から夜中の3時まで中休みなく年中無休で営業している、ランチの麺処にも夕食にも、そして呑み処や夜食の場所としてもフレキシブルな利用が可能だ。北千住はこれから東京で注目されるエリアになると思うので、更に人気が出そうな店だ、また担担麺を、その他のメニューも食べに行ってみたいと思っている(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -