最後の晩餐にはまだ早い


西亀有「五葵」

 一昨年10月に葛飾区西亀有にオープンした「五葵(いつき)」は、東京では珍しい「吉田うどん」の店だ。
 ウィキペディアの記事では、吉田うどんについて「山梨県富士吉田市及び同市を含む山梨県郡内地方で食べられている郷土料理のうどん、硬くてコシが非常に強い麺とスリダネ(赤唐辛子ベースにゴマや山椒を加え油で炒めた薬味)が特徴」と説明している。
 この「五葵」は東京ではまだマイナーな、その郷土うどんが食べられる店で、ネット上でも評判になっていたので、以前から行ってみたいと思っていた、ようやくこの日愛車(自転車だが(笑))を飛ばして伺う事になった。

        150330-6.jpg

 店の場所はJR亀有駅南口から綾瀬方面へ向かい歩きなら10分程、近くには都立農産高校があるが、他には何もない(笑)場所で、「こんな処に本当にあるの?」と疑りながら進んでいると、「吉田のうどん」と書いたのぼりが見えて安心する、住宅兼店舗だろうか一軒家で営業している。

        150330-1.jpg

 この日は日曜日、開店時間の11時30分前に着いてしまったが、店前には既に数人が開店を待っていた、車で来る人もいて人気店になっているみたいだ。

        150330-2.jpg

 入口にあった黒板には、吉田うどんの説明があり、特に冷たいうどんは「日本一番硬いと言われています」と記されている、これは面白そうだ(笑)。入店しカウンター席に座ったが、カウンターは7席で他は小上がりの座敷席、場所柄家族客も多いみたいだ。

        150330-3.jpg

 目の前には、富士吉田市内にある吉田うどんの店を紹介するマップも置いてある、60軒以上の店舗があるとの事だ。

        150330-4.jpg

 何を食べようか迷うのだが、注文がちょっと変わっていてシート方式、まずは「温かいうどん」か「冷たいうどん」を選ぶ、次に「黒:吉田のうどん」か「白:さぬきうどん」を選び、更に大盛や特盛、トッピングを選んで〇印を付ける。
 結局「冷たい吉田うどん」で普通盛(500円)、ミックストッピングの「五葵スペシャルA」(400円)に決めシート記入、これを店の人に渡して暫し待つ事に。
 うどんは蕎麦と違って茹で上がりにどうしても時間がかかる、茹で麺を使えば早いが味は期待出来ない、旨い饂飩を食べたかったら我慢する時間だ(笑)。

        150330-5.jpg


 やがてやって来たのが「冷吉田うどん・五葵スペシャルAトッピング」、9寸(27cm)位の大きな鉢に入っている。饂飩は事前情報どおり黒い、普通盛でも300gあるとの事だ。上に乗るのが、かき揚げ、わかめ、キンピラ、煮たまご、馬肉煮、茹でキャベツ、葱、大根おろしと盛り沢山、特に馬肉が珍しい。
 まずは問題のうどんだが色は黒い、一口噛むと「硬い」と脳が反応する(笑)。人間は過去に経験した記憶から、「この食べ物は、大体こんな味だろうと」見た目である程度推測をするが、その想像範囲を超えている。
 これは「啜る」うどんではない、「噛む」うどんだ、始めは頭が混乱しているが、噛んでいるとやがて粉の旨味が伝わってくる、かなり前だが埼玉県秩父で食べたうどんも黒い色だったが、あれに近いかも知れない。かかったツユは醤油ベース甘口で出汁はイリコ、昆布、鰹節を使っているとの説明があった。
 豊富なトッピングは「とにかく乗っけてしまえ」みたいな、「田舎のご馳走」的感覚(笑)、かき揚げは普通の出来だが馬肉煮が独特、富士吉田は馬肉食が盛んだったそうで、甘辛く煮た馬肉が美味しい。

 最初は「何だ、これは?」と脳内が混乱していたが、食べ進んで行くと、やがてこの超硬いうどんの食感と粉の旨味、甘いツユ、馬肉煮と野菜の味がミックスされて、他では食べた経験の無い麺世界になる、これは個性があって惹きつけられ、癖になりそうだ(笑)、そして讃岐うどんに代表される白いうどんと較べるとお腹が満杯になる。
 店内は次第に混んで来た、讃岐うどんを注文している人もいる、好みとあれば仕方ないが、この店ではやはりこの吉田うどんを食べたい気がする。WEB情報によると店主は富士吉田のうどん店で働いていたそうだ。
 食べ終わって、もう一杯シンプルなうどんだけ食べたくなったが、これはまた近く再訪問した時の楽しみに、そして本場の富士吉田へも行ってみたくなっている(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -