最後の晩餐にはまだ早い


稲荷町「キエチュード」(2015年6月-2回目)

 職場の若い人達と話して感じる事だが、今の若者は食事にお金を使わなくなっていると思う。特にフレンチやイタリアン等で1回の食事に1万円以上使う人は、一般的なサラリーマンなら、およそ千人に一人位ではないか?と睨んでいる。
 若い人に「食べ物、着る物、車、オーディオ等の趣味品にお金使わないで、何に使うの?」と訊いた事あるが、殆どの人は「将来、年金制度等どうなるか判らないし、不安だから貯金している」と答える、成程それなのかと思う。でもギリシャの財政危機に始まる混迷状態を知ると、いずれ日本も有り得る事と思い笑えない、どうやら好むと好まざるとにかかわらず、「使うより貯める」時代になっている様だ。

 料理人は「自分の料理なら、客を呼べる」と思い、その自信からか高目の価格設定をしがちだ、これが客側の需要から乖離してしまう事になり易い、その隙間に進出したのが「俺の〜」グループだし、また青山「L’AS」のコンセプトが成功したのもそこだと思う。今年東京で初訪問したのは、若い料理人の店が多く、何処も夜でも一人一万円札でお釣りが来る店だ、食材料が高騰する中で、料理を5千円台で収めるのは今本当に難しくなっている筈だが、料理人達の工夫で何処も楽しめる店になっていた、幾らリーズナブルな店でも「ギリギリでやりました」みたいな悲壮感が漂っていては駄目で、やはり「楽しさ」が何処かにないとレストランではない(笑)。 
 この日、再訪問つまり「裏を返した」のは、上野稲荷町のフランス料理「キエチュード」、初回訪問から一ヶ月経っていないが、職場の同僚を連れて行くのに、場所、値段、店の雰囲気等、最適だと思ったからで、前述のとおりマニアではない「普通の」サラリーマンの限界点は一万円だと思う、これ以内で収まるかどうかは大きい(笑)。勿論料理が悪かったら選ばないが「将来性あり」と感じる事が出来たので、短期間での再訪となった。
 あいにくの雨の中、約束時間より早目に着いてしまったが、無問題で入店させてくれた。
 荒木料理長とサービス担当の清水氏に挨拶し着席、まずはこの日のメニュー(5,000円)を紹介したい。

        150705-1.jpg
・ジャガイモ ズッキーニ しそ

        150705-2.jpg
・ブルゴーニュ北端シャブリ地区に近い‘SAINT-BRI’、ブドウ品種はシャルドネではなくソーヴィニヨンブラン(5,200円)

     150705-3.jpg
・グジェール レバーパースト

     150705-4.jpg
・アスパラガス サラダ フヌイユ

     150705-5.jpg
・カサゴ 昆布 ナス

        150705-6.jpg
・ウズラ 豆苗 キクラゲ

        150705-7.jpg
・ジャスミンライス ミルク

     150705-8.jpg
・パッションフルーツ 桃

     150705-9.jpg
・ミニャルディーズ
・コーヒー

 前回利用時の3週間前との比較で云うと、まずアミューズのチップがズッキーニと紫蘇になった。野菜の皿は種類・形態に変化あり、魚はマコガレイからカサゴへ、ガルニの茄子フライが面白く美味しい、ウズラは「また鶉?」と最初は戸惑ったが、食べてみると前回と微妙に食感が違う、あとで料理長に確認したら、パートブリックで包む前にバーナーで鶉の皮目を炙ったとの事で、香ばしくなっているし食感も良くなっていた、ガルニの空豆もいい。
 デセールは見た目前回と同じだが、中がチェリーから桃へ変更されていた、酸味と甘味のバランスは前回同様に良かった。
 想像するに料理長は前回と料理を変えるか迷ったと思う、結果細部の変更はあっても基本的な線は変えていなかった、私以外はこの店初訪問と云う事もあり、今一番自信のある料理を出す事にしたのだろう、個人的には鶉の調理の違い等感じられて面白かったし、ランチメニューにありがちな鶏や牛肉煮込みたいな料理でなくて、かえって良かった(笑)。
 私以外のメンバーに料理の感想を訊いたら、「値段の割に手をかけているし、どれも丁寧に作っている料理だ」と褒める意見が殆どだった、そして木を多用したオープンキッチンの店内はとてもいい雰囲気だとの事、道を挟んで向かいが下谷神社なので、余計に静かで落ち着くのも大きいと思う(笑)。

        150705-10.jpg

 最後に荒木料理長と話したが、やはり店を開くにあたり、青山「L’AS」の成功と価格設定は意識したみたいだ、その他には「H」時代の辛かった話など、一回行っただけでは話してくれないだろう、微妙な話題まで聞く事が出来た(笑)。
 今の時代は年一回だけ来て6万円払う客より、月一回でも毎月来て5千円払って行く客の方が、店にとっては「いい客」なのかも知れない。逆の見方をすると「また来月も来てみたい」、客にこう思わせるのが「いい店」なのだろう、この店はその資格を備えつつあると思う(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -