最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「ピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロ」

 南千住(浅草)のイタリア料理「パスティチェリア・バール・アルテ」がランチタイム営業を止めてからは、まともなイタリア料理店に行っていないなと、ずっと思っていた。イタリア料理で食べたいと思うのは、まず生パスタだが、調べてみると提供している店は意外に少ない、自家製だと原価はともかく手間がかかり過ぎるので、特にランチタイムには提供し難いと云う店側の事情があると思う。往復電車賃を払ってまで、茹でた乾麺を食べるのは気乗りしないので、同じ値段払うならと考えると、どうしてもフランス料理店へ行く事になってしまう。

 たまたまピッツェリアに勤めている料理人とFecebookを通じて知り合いになり、「いつか店へ行こう」と思っていたのだが、この日地下鉄に乗っている時に急に思い付いた、「そうだ、ピッツァも考えてみれば生パスタの一種(かなり強引だが)、専用釜で焼く事だし、わざわざ食べに行く価値ある筈だ」と、そのまま店へ向かう事にした、「一人だから、予約なしでも大丈夫だろう」と勝手に思い込んでしまった(笑)。

        150802-1.jpg

 店の名前は「ピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロ」、近年グルメスポットとして注目される麻布十番にある、十番商店街を六本木方面へ向かい、「豆源」がある交差点を左折してすぐの場所だ、半地下にある店舗のドアを開け、一人である事を告げると、厨房近くの席に案内された。昼前だった事もあり、予約なしでもセーフだったが、客はこの後続々と入店して来て満席になり、2回転するテーブルもあった、予想以上の繁盛店だ。
 まずは内野料理長に挨拶し、突然アポなしの訪問をお詫びする事に(笑)。その後席に戻ってメニューを眺める、ランチタイムは「Pranzo A」(税別1,000円)と「Pranzo B」(1,600円〜)の2種で、メインはパスタかピッツァのどちらかの選択になる。「どうしようか?」と悩んでいたら、それを察したのかサービスの男性が「ご希望でしたら、料理長のお任せでお出しする事も可能ですが?」と振ってきた、あとでこの人がオーナー兼サービスの渡邉氏と知ったが、そう云われたら断る理由はないと(笑)、そのお任せランチでお願いする事にした。

以下その料理を紹介したい、

        150802-2.jpg
・とうもろこしのフリット(画像ぶれています)

     150802-3.jpg
・アナゴの白焼、スモモと水ナスのサラダ、オレガノ、バルサミコ

        150802-4.jpg
・フォアグラムースのミルフィーユ、カンパリ蜂蜜

        150802-5.jpg
・ピッツァマルゲリータ

     150802-6.jpg
・ズッキーニのマリネ(ピッツァの口直し)

        150802-7.jpg
・桃のコンポートとジュレ、ソルベ、紅茶風味のグリッシーニ

     150802-8.jpg
・生チョコレートのタルトとビーツのヴァリエーション

     150802-9.jpg
・ブラッドオレンジの生キャラメルとドライいちじくのドーナッツ
・エスプレッソ

 若い料理人らしく、前菜では意欲的で斬新な料理が続く、「とうもろこしのフリット」は「フロリレージュ」や高橋料理長時代の「ル・ジュー・ドゥ・ラシェット」を連想する、次のアナゴ料理は夏向けで和食的な一品、フォアグラは現代スペインや北欧調の料理だ。
 専任のピッツァイオーロ(ピッツァ職人)が本格的な石窯で焼いたのは、ローマ風の「マルゲリータ」、この店はローマ風ピッツァを提供するが、ナポリと比べると生地が薄く平べったく硬めだ、ウェットなナポリに対してドライなローマと云う印象、特徴を一言でなら「都会的な軽さ」だろうか。定番のマルゲリータに使ったのは永田農法による緑健トマトと、イタリアから直輸入したモッツアレラ、特にトマトは鮮烈な酸味と旨味で、これは「イタリア人もビックリ」の味だと思った(笑)。
 特筆すべきはドルチェが良かった事、パティシェは置かず料理長が考えて作るそうだが、最近のフランス料理店で出る、細部に凝り過ぎた物ではなく、美味しさが直球で到達する、特にチョコレート&ビーツの一品は秀逸だった。

 サービスを担当するのがオーナーの渡邉氏で、内野料理長とは「サバティーニ青山」時代からのコンビとの事、この人「うちはピザ屋ですから」と謙遜するが、ただのピザ屋の親父ではない(笑)、肩の凝らないカジュアルな応対ながら、店内と客に気を配りツボを抑えた接客は、久し振りにプロのサービスマンらしい人物に出会ったと思った。
 経験豊富なサービス出身のオーナーと、研究心旺盛な若手料理人のコンビは、富士宮の「Bio-s」等もそうだが、店としていい結果を生む事が多いと思う。若い料理人はアイデアは溢れていても、それを実現する場所も資金も不足しがちだ。

        150802-10.jpg

 この店は「ピッツェリア」を名乗っているが、実力は充分リストランテだ、また行ってみたいし、現状で留まらずに次のステップも期待出来そう、在京グルメ達はマークすべき店だ。
 なお店名の「ジャニコロ」とは、ローマにある七つの丘の一つで、レスピーギの交響詩「ローマの松」中の第三曲「ジャニコロの松」でも知られている。
 それにしても麻布十番はいい店があり過ぎる、何とか宝くじを当て、近くへ引っ越したいものだ(笑)。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -